福井 ソロツーリング 2日目

どうもこんにちは!!

2022年10月27日、福井県の旅の二日目となります。

 

今日で福井県からまた自宅のある川崎に帰る予定ですが、せっかくなので何ヶ所か観光してから帰りたいと思います。

 

5:45  宿泊していた天然温泉ゆ〜遊をチェックアウト。せっかくの温泉施設ですが朝風呂が朝6時からだったので時間が合わず断念。

次の日が仕事の為、なるべく早く帰れるように朝早くから出発することに決めました。

福井県の朝は大変寒く、気温は8℃ぐらい!

バイクも結露でビチャビチャに濡れております。

 

f:id:watarutabi:20221119113944j:image

6:18  こちらは福井駅西口地下駐車場。

入庫から1時間が300円、その後30分毎に100円と値段が上昇していきます。

バイクも駐車することはできますが金額も駐車位置も普通車と変わりません!

 

ここにバイクを置いて福井駅周辺を散歩したいと思います。

 

f:id:watarutabi:20221119203244j:image

昨日の訪れた福井駅西口に再び訪問!!

朝が早いこともあって人は少なめ。


f:id:watarutabi:20221119203248j:image

ここ福井市福井県の県庁所在地であり人口は2022年で26万人程で他北陸である県庁所在地の金沢市富山市の中では最下位となってます。

しかし県庁所在地駅周辺はやはり栄えているのは他と変わりません。

 

f:id:watarutabi:20221119204549j:image

f:id:watarutabi:20221119204545j:image

駅の壁に恐竜のトリックアートがあります。

恐竜の化石の出土率が日本一と言われるだけあって福井県は恐竜をとても売りに出しているよう。

正確には福井県勝山市に日本最大の化石発掘現場があり、そちらに福井県で有名な恐竜博物館があります。

そちらの恐竜博物館は世界三大恐竜博物館と呼ばれているそうで勿論日本一であり、福井県の誇りであることは想像に難しくありません。

 

f:id:watarutabi:20221119211741j:image

こちらは福井駅の中にある朝6時から営業開始の立ち食いそばで、480円のニシン蕎麦を注文。

福井県には越前そばと呼ばれる蕎麦が名物ですがこちらは普通の駅そば。とはいえ甘めの味付けのニシンと蕎麦がマッチして普通に美味しいです。

 

f:id:watarutabi:20221119212215j:image

こちらは福井県の東口!

どちらかと言うと西口の方が栄えている様子。

ここからは越前鉄道の駅も見えます。


f:id:watarutabi:20221119212221j:image

こちらは岡田啓介の像

調べた所、元日本海軍の海軍大将であった人物で内閣総理大臣も務めたすごい偉人さんらしいです。

 

f:id:watarutabi:20221119213911j:image

西口に戻ってまいりました。

こちらは福井鉄道福武線、福井には富山と同じく路面電車が走ってるようです‼︎

 

f:id:watarutabi:20221120131139j:image

昨日も訪れた西口の恐竜広場に再び訪れました。 この首の長い恐竜はフクイティタンという名前らしいです。


f:id:watarutabi:20221120131142j:image

写真の手前の赤い子がフクイラプトル、奥の緑っぽい子がフクイサウルス

皆さん福井の称号を与えられています!

夜は勇ましく鳴き声をあげて動いていましたが朝は流石に動いていません。どうやらこの恐竜たちは夜行性のようです。

 

 

f:id:watarutabi:20221121064634j:image

お次に駅から歩いて5分ぐらいの福井城跡を見学します。この御本城橋を渡ってお堀の中に入っていきます。

 

 

f:id:watarutabi:20221121194213j:image

福井城とは言っても現在はお城の面影は殆ど残って無いみたいです。

現在お堀の中本丸跡には福井県庁、県会議事堂、福井県警察本部などが入ってます。


f:id:watarutabi:20221121194217j:image

福井城は1601年から1606年にかけて徳川家康の次男、結城秀康によって築城されたと書いております。しかし1669年に焼失してしまい現在まで復元されることはなかったようです!

 


f:id:watarutabi:20221121194220j:image

こちらは福井県の名前の由来になりました、その名も福の井

 

f:id:watarutabi:20221121194224j:image

ここに昔、天守閣があったらしいですが現在はただのベンチのある広場になってます。


f:id:watarutabi:20221121194227j:image

昔の石垣は残っているみたいですね!

ちなみに福井城が築城される前にここには北ノ庄城と呼ばれる城が建っていたようです。

 

 

f:id:watarutabi:20221122211412j:image
f:id:watarutabi:20221122211148j:image

御本城橋の反対側から出てきまして左側、お城のすぐ隣に福井神社があります。

 

f:id:watarutabi:20221122214509j:image

こちらお堀に架かる橋は御廊下橋!

2008年頃に復元された橋みたいです。

 

f:id:watarutabi:20221123201526j:image
f:id:watarutabi:20221122214515j:image

こちらは福井城跡の近くにある佐佳枝廼社(さかえのやしろ)と呼ばれる神社になります。

とても立派な作りです!!

こちらの神社も長い歴史があるとの事ですが、空襲や震災で倒壊してしまい1960年に再建されたそうです。この綺麗に彩られているのは実は全て大量の折り鶴。新型コロナウイルス収束を願って折られているとのことです。


f:id:watarutabi:20221122214525j:image

7:15  ひと通り福井駅周辺を散歩したつもりなのでそろそろ出発したいと思います。

お次に向かいますのは越前大野城!

行きの道中にも近くを通っていたのですが今日はしっかり立ち寄ります。

 

国道158号線で真っ直ぐ、割と簡単に走ることができました。

 

 

f:id:watarutabi:20221123211524j:image

8:12  越前大野城に到着‼︎

福井駅から1時間弱で来ることができました。

 

f:id:watarutabi:20221123211530j:image

このお城は一年半程前に訪れた四国愛媛の松山城と同じく山の上に築城されてます。

これからこの長く急な石段を登って行きましょう!

 

f:id:watarutabi:20221123212812j:image

とりあえず長い石段は登りきりました。

普段の運動不足が結構効いています・・・

f:id:watarutabi:20221124063346j:image

しかしまだ階段を上がる必要があるのでもう少し頑張りましょう!

 

f:id:watarutabi:20221124063811j:image

階段を上がっていくと綺麗な景色が広がってます。

頂上まではもう少し

 

 

f:id:watarutabi:20221124065043j:image

立派な門が構えています。中に入っていきましょう!

 

f:id:watarutabi:20221124123220j:image

駐車場から10分くらいで登ってこれました。

有料で城内に入れるみたいですが朝9時からとのことで今回はスルーします。


f:id:watarutabi:20221124123223j:image

頂上から城下町として栄えた越前大野の町が一望できます。


f:id:watarutabi:20221124123226j:image

f:id:watarutabi:20221124123230j:image

天守閣はそれ程大きくは無い感じですね。

 

f:id:watarutabi:20221124131236j:image
f:id:watarutabi:20221124131239j:image

こちらの越前大野城は1580年頃に築城されたお城。その後、1775年に焼失してしまいましたが1795年に再建されまして、廃藩後にまた取り壊されました。

そして1968年に現在の姿で再建されています。(しかし正確な復元再建ではないようです)


f:id:watarutabi:20221124131243j:image

この越前大野城は天空の城とも呼ばれており、お隣の山の展望台から気象条件が揃うことで大変美しい雲海に包まれた姿を拝める事ができるそうです。

その景色も10月から4月の間に数回観れるぐらいの非常に難しいものとの事です。

 

f:id:watarutabi:20221124213407j:image

こちらは金森長近の銅像

この人物がこのお城を築城した方になります。

 

 

f:id:watarutabi:20221125131213j:image

8:43  別の出入り口から降りてきました。

こちらの施設は学びの里「めいりん」

生涯学習センター、公民館、小学校が併設された施設らしいです。


f:id:watarutabi:20221125131217j:image

学びの里「めいりん」隣にあるこの神社は柳廼社

とても古そうな神社です。


f:id:watarutabi:20221125131220j:image

下から見上げる大野城も良いですね‼︎

これから周辺の町を少し歩いていきます。

 

 

f:id:watarutabi:20221126091738j:image

学びの里「めいりん」の向かいにあるこちらの建物は武家屋敷旧内山家

登録有形文化財に指定されており、300円で中に入れるそうです。

大野城周辺はこういった歴史がありそうな建物が沢山残っております。流石城下町として栄えた町です‼︎

 

f:id:watarutabi:20221126182010j:image

こちらはお食事やお土産を購入できる施設の結楽座

前には広い駐車場も完備されています。

 

f:id:watarutabi:20221126202000j:image

この大野市は「名水の町」とも呼ばれており、このような湧き水が幾多か見受けられます。

試しに飲んでみましたが美味しい水です!

 

f:id:watarutabi:20221126202415j:image

こちらも登録有形文化財に指定されている建物で現在もはいから屋と言う飲食店として経営されています。こちらで越前そばを食べれるみたいなので入ってみます。

 

f:id:watarutabi:20221126203100j:image

朝9時からの営業でちょうど入店ができましたが、越前そばは残念ながら11時からの提供らしく530円のモーニングとなりました。

 

f:id:watarutabi:20221126203843j:image
f:id:watarutabi:20221126203848j:image

こちらは名水百選にも選ばれた御清水(おしょうず)

確かに透き通って綺麗☆

 

 

ある程度周辺を散策したのでバイクを停めた駐車場まで戻ります。

道沿いに流れる小川の水もとても綺麗です!

f:id:watarutabi:20221126204531j:image

 

 

午前10時前、大野の町を後に川崎に向けて走って行きます。

いつも私は違う道を選択して帰っていましたが、今回はこれといった帰宅ルートが見つからず、悔しいですが同じ道で帰宅します。

 

 

 

f:id:watarutabi:20221126205651j:image

10:40  こちらは道中にあった電源開発長野発電所

福井県ですがなぜか長野?

曇っていることもあり、あまり写真栄えしない気がしますが実際見ると迫力がありますよ!

発電所の上には九頭龍湖があります。

 

そして11時頃、福井県から岐阜県に入ります。

また長い岐阜の道のりをひたすらに走っていきましょう。

余談ですが福井県には東尋坊があった坂井市に、現存12天守の一つ丸岡城があったんですが、時間の関係と私が気がつかなかったのもあって今回はスルーしてしまいました。

また福井に訪れる機会があれば丸岡城に立ち寄りたいと思うのと、今回食べられなかった越前そばも味わいたいと思います。

そういった楽しみを残し、また訪れたいと心から思うのも自分なりの旅の楽しみかただと思ってます!

 

締めっぽくなってしまいましたがもう少しだけこの記事を続けたいと思います。

 

f:id:watarutabi:20221126220530j:image

12:50  ここは岐阜県中津川市にある道の駅 

加子母(かしも)


f:id:watarutabi:20221126220525j:image

小腹が空いたのでこちらの美濃巻を購入。

中津川市の伊那屋という和菓子屋さんで販売しているらしいですが、加子母の道の駅で700円で売っていました。もちもちの生地に甘さ控えめの餡子が入っておりかなり美味しいです。これは買って正解♪


f:id:watarutabi:20221126220538j:image

道の駅沿いに白川という川が流れてます。

河川敷まで降りたかったですが草が生い茂って難そうですね。

f:id:watarutabi:20221126220543j:image

仕方ないので上から眺めます。

この辺りの川は相変わらず綺麗ですな!

 

 

それから14時頃に岐阜県から長野県に入りました。

また中山道を走って行きますが、道中にどうしても立ち寄りたい所があったので少しだけ寄り道していきます。

 

 

 

 

14:25  中山道沿の木曽川にある景勝地、寝覚の床に到着しました。

 

f:id:watarutabi:20221127115437j:image

ここが私のどうしても立ち寄りたかった場所。

こちらは駐車場から写真で撮った寝覚の床の風景!

とても綺麗な景色ではありませんか♪

 

f:id:watarutabi:20221127120524j:image

せっかくなので下まで降りてみたいと思います。

こちらが入り口です。

 

f:id:watarutabi:20221127120723j:image

入場料200円

入ってすぐの所にお寺があります。

 

f:id:watarutabi:20221127215030j:image

ここから下に降りて行きます。

 

f:id:watarutabi:20221128064834j:image

この寝覚めの床は日本五大名峽の一つ数えられており、国の名勝にも指定されています。

 

f:id:watarutabi:20221128065010j:image

このように足場が悪いですが岩場を渡って川のすぐ近くまで行けます。気をつけて進みましょう!

 

f:id:watarutabi:20221128192423j:image

ちょっとした滝っぽいのが流れており、このまま木曽川に注いでいくようです。


f:id:watarutabi:20221128192427j:image

この辺りの川の流れは非常に穏やか。その為か油っぽいのが浮いてます。(水質が悪いといった事は無いと思いますが・・・)

底が見えない事もあって水深は結構深そうです‼︎


f:id:watarutabi:20221128192430j:image

東尋坊もそうでしたがこちらの岩も非常に独特な形をしています。

調べたところ、東尋坊安山岩でこちらの寝覚めの床は花崗岩で形成されており、水流の侵食と上流の木曽ダムの建設の為に水位が下がり現在の姿になってるそうです。

 

f:id:watarutabi:20221128195330j:image

近くに広場みたいな場所もありました。

周辺にはお食事所やお店もあり、とても良い観光地と感じます!

 

f:id:watarutabi:20221128204254j:image

30分ぐらい見て回って上に戻ってきました。

それなりに登るので結構疲れます・・・

 

とりあえずここから先は川崎まで寄り道せず帰ろうと思います。

まだまだ先は長いですが頑張って走って行きましょう!!

 

 

f:id:watarutabi:20221130054319j:image

15:40 中山道を真っ直ぐ走り塩尻市に入ります。

この先、中山道を抜けて国道361号線で中央道の伊奈ICに向けて走って行きます。

 

 

f:id:watarutabi:20221130054828j:image

16:00  国道361号線木曽山脈をトンネルで突っ切ってきました。

奥には南アルプスの山々が見えます。肉眼だと中々広大な景色なんですけど写真だとやはりイマイチ。

 

高速に入る前に伊奈IC前のガソリンスタンドで給油!

ハイオクリッター177円 1745円分の給油となりました。

 

 

f:id:watarutabi:20221201104231j:image

16:15  行きの時で降りた伊奈IC、ここから中央道に乗って川崎に向かいます。

ツーリングプランで二日間は3900円で乗り放題なので乗らなきゃ勿体ないですね。

 

f:id:watarutabi:20221201105938j:image

勿論向かうのは東京名古屋方面。

気温は14℃ぐらいはありますが体感的には結構寒いですね。

 

 

f:id:watarutabi:20221201110301j:image

16:15  諏訪JCTで諏訪、東京方面に向かいます。

長野道も松本ICまではツーリングプラン適用範囲内となっております。

 

 

f:id:watarutabi:20221201111007j:image

中央道から少しだけ諏訪湖が見えました。

それなりに大きな湖ですね!

 

f:id:watarutabi:20221201111215j:image

17時頃 おそらく山梨県に入ったであろう所、奥には富士山が薄っすら見えます。

こちらも肉眼ではもう少し綺麗に見えてはいるんですけどね・・・

そしてこの辺りは標高の関係もあってやっぱり寒い

 

17:20  中央道の双葉SAで休憩。

中途半端な時間ですがこちらでお食事にしましょう‼︎

 

f:id:watarutabi:20221201112205j:image

今回頂いたのはこちらの二品

長野名物の野沢菜お焼きと談合坂SAや双葉SAで有名らしい田舎の豚まん。

お焼きは勿論美味しいですが田舎の豚まんもかなり美味しい。ふわっとよりかはサクッとクリスピーな食感の生地に肉汁がひたすら溢れ出る中の具がマッチして最高です。これは人気が出るのも良くわかります!!

 

f:id:watarutabi:20221201113506j:image

ご飯も美味しく頂きました!

こちらで30分程滞在し辺りはすっかり真っ暗に、再び出発します。

 

f:id:watarutabi:20221201132715j:image

この辺りは山梨県の県庁所在地の甲府市付近、しかし暗くて何も見えません。

 

 

f:id:watarutabi:20221201133032j:image

18:52  この先の八王子JCTで中央道をそのまま進むことにしました。

行きでは圏央道を経由して東名高速から保土ヶ谷バイパスで来ましたが、帰りは中央道で環八通りを使って帰ることにしました。

 

 

f:id:watarutabi:20221201155827j:image

19:25 中央道の高井戸ICで降りて環八通りに入りました。ツーリングプランは首都高は適用されないの注意しましょう!

 

 

 

5:45に福井の宿から496km走り、最終的に川崎の自宅には20:30頃の到着となりました‼︎

今回も無事に長距離ツーリングを終えることが出来まして、これで北陸三県をとりあえず制覇できたとしましょう。

 

 

今回のまとめ

 

全行程の走行距離 1064km

 

旅費の合計 約21000円

 

また月日が開くと思いますが、また旅に出たいと思います!!

それでは最後まで回覧いただきありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福井 ソロツーリング 1日目

 

 

どうもこんにちは!!

新潟県の旅から4ヶ月、2022年10月26日 ソロツーリングを久しぶりに実施したのでブログを更新いたします。

 

今回は前回の北陸の旅で訪れていなかった福井県に向かいたいと思います。

 

 

3:50  自宅の川崎から出発!

 

今回も保土ヶ谷バイパスから東名高速道路に乗り、圏央道を経由して中央道で長野県方面に向かいます。

 

今回はツーリングプランというバイクの高速料金が安くなるプランを使ってまして、二日間だけ3900円の料金で指定の区間までなら高速道路が乗り放題とお得なプランがあります。

 

 

f:id:watarutabi:20221031174953j:image

5:30  前回の北陸の旅でも立ち寄った談合坂サービスエリアで休憩。

中にある伝説のすた丼でガッツリ朝食!

こちらで1000円ぐらい使いました。

 

30分程で談合坂サービスエリアを後に長野方面に進みます。

今回も中央道の気温はかなり冷えてます。

気温は3℃ぐらいの場所もあり、川崎周辺に比べて10℃ぐらい差があります!

油断して防寒対策を怠ってしまった私は非常に後悔することになるのでした・・・

 

8:20  体中を冷やしきって今回は中央道の伊奈ICで高速道路を降ります。

 

ツーリングプランの区間がここまでなので後は一般道で進んで行くことにしました。

前回の北陸のルートは松本ICから富山県に向かって走りましたが、今回はここから福井県に向けて走り

ます。

 

国道361号線に入り長いトンネルを抜けて行きます。

 

f:id:watarutabi:20221102132234j:image

そこから国道19号を岐阜方面に向かいます。

この道は前回の新潟から17号で帰る時にも使用した中山道になります。

 

 

f:id:watarutabi:20221102214442j:image

中山道日本橋から京都の道のりでここ木曽を通っており、この周辺は昔の宿場の町並みを残す素敵な風景が広がってます。

 

 

f:id:watarutabi:20221103124315j:image

9:17 中山道の福島宿を通過します。

現在の中山道沿いは宿場町の風景はとくに感じられません。

おそらく旧中山道沿いにそういった風景が広がっていると思われます。

 

f:id:watarutabi:20221103125439j:image

こちらは須原宿を通過中!

このように中山道の宿場町をいくつか抜けて行きます。

 

 

f:id:watarutabi:20221104141112j:image

道中にかっこいい橋がありました。

こちらは桃介橋という橋で国の重要文化財なんだそうです。

木造の吊り橋で長さは247mあり、日本でも有数の長さとのこと!

 

 

f:id:watarutabi:20221104203956j:image

中山道はこちらの南木曽大橋で木曽川を渡ります。


f:id:watarutabi:20221104203952j:image

中山道の隣を流れる美しい木曽川の景色がよく見えます‼︎

 

ちなみにこの木曽川は愛知県と岐阜県の間を流れ、最終的に三重県ナガシマスパーランドのある伊勢湾のほうに流れていきます。

国道1号線の旅でも通りましたね!

 

 

f:id:watarutabi:20221104204613j:image

ちょうど10時頃に長野県から岐阜県に入りました。

まだまだ先は長いです

 

f:id:watarutabi:20221104204805j:image

岐阜県に入って少し進んだ所、下呂方面に右折して国道256号線を進んでいきます。


f:id:watarutabi:20221104204809j:image

この弥栄橋で木曽川を渡って行きます。

こちらで中山道木曽川とはお別れとなりました。

 

 

 

f:id:watarutabi:20221104205632j:image

10:28  ここで少し休憩

奥には可愛いわんちゃんが出迎えてくれています。

この道の駅で飼っているのか散歩中なのかはわかりません・・・
f:id:watarutabi:20221104205636j:image

この道の駅の名前は花街道付知

これまでの道中には道の駅が多くの数見受けられました。

 

 

f:id:watarutabi:20221105183714j:image

国道256号線から国道257号線に入りました。

今回は行きませんがこの先で日本三大名泉の下呂温泉の近くを通ります。

 

f:id:watarutabi:20221105184712j:image

この先で左折して国道41号線を走ります。

横に流れるのは竹原川と思われ、相変わらず綺麗な川です。

 

f:id:watarutabi:20221105210959j:image

国道41号線の隣に流れる飛騨川を橋で渡ります。

福井県にどんどん近づいていきましょう!


f:id:watarutabi:20221105211126j:image

今度はこの濃飛横断自動車道で和良町に向かいます。

こちらの区間は無料で横断できました。


f:id:watarutabi:20221105211005j:image
長いトンネルの間にある金山IC付近!

奥に見える川は馬瀬川と呼ばれる川です。

そこから先の濃飛横断自動車道の和良ICで降りて少し進んだ所の道の駅でまた休憩!

 

 

f:id:watarutabi:20221106182548j:image

   道の駅和良に到着

和良の読み方は『わら』でした。


f:id:watarutabi:20221106182553j:image

溝に流れる水も透き通ってとても綺麗です!


f:id:watarutabi:20221106182545j:image

こちらはこの道の駅で売っていた長寿だんご。

500円で購入しました。

絹豆腐と白玉粉で作った団子とのことで、普通の団子よりふんわり柔らかい気がします。

タレは甘めの醤油ダレでみたらし団子よりさっぱりした感じです。

美味しいので和良に来たときは是非オススメです♪

 

 

軽食も済んだので再び福井に向かいます。

この先に多分今回の走る道で一番のワインディングロードがありました。

地図を拡大してもらえるとわかりますが中々のぐねぐね感!

 

f:id:watarutabi:20221109183119j:image

写真だと分かりづらいですがこのワインディングロードを下ってます。

 

 

f:id:watarutabi:20221110110326j:image

ちょうど山を降りた所に立派なドーム型の建物がありました。

こちらは郡上総合スポーツセンターの施設らしいです!

 

f:id:watarutabi:20221110111604j:image

この周辺は郡上八幡と呼ばれる地域、郡上八幡城が有名で結構栄えてます。

ちなみにお隣に走る高速道路の名前は東海北陸自動車道。その名の通り愛知県周辺から真っ直ぐ北陸の方へ横断して富山県の辺りまで行くことができるようです。

 

f:id:watarutabi:20221110113739j:image

この無料の自動車道の中部縦貫自動車に乗って行きます。(ちなみにこちらの道路は国道158号線に指定されています)

この先の油坂トンネルと呼ばれる複数の長いトンネルの区間を進むとようやく福井県と入ります!

 

 

 

 

f:id:watarutabi:20221112060206j:image

13:14  こちらは九頭竜川

どうやら福井県に入ったようです!

 

 

f:id:watarutabi:20221112185540j:image

道を走っているとこんなトンネルのようなものをいくつか通ります。

こちらは道路を落石や土砂崩れ、雪崩れから守る覆道と呼ばれる物。

シェッドとも呼ばれるらしく、雪崩れから守る覆道との事でスノーシェッドと呼ばれるのだと思います。覆道にもちゃんと名前をつけているんですね‼︎

 

f:id:watarutabi:20221112190956j:image

14:00   国道158号線を走り続けてようやく山を降りてきました!

この先に日本では珍しいラウンドアバウト(環状交差点)があります。

 

 

f:id:watarutabi:20221112213358j:image

大野ICから中部縦貫自動車道にまた入りました。

こちらも嬉しい無料区間  ♪

 

f:id:watarutabi:20221112214105j:image

中部縦貫自動車道を走行中にガソリン残量が危ないので途中の永平寺ICで降りました。

この辺りはその名も永平寺町と呼ばれるエリアでその永平寺福井県の有数の観光スポットのようです。

そして無事ガソリン補給!

ガソリン代 リッター175円 2858円分入りました。

 

 

f:id:watarutabi:20221113065811j:image

15:30  現在は福井県坂井市を走行中! 

周辺は田畑の風景が広がっております。

 

f:id:watarutabi:20221113060204j:image

時間が遅くなってしまいましたがこの先向かいますのは福井県有数の観光地東尋坊です。

 

 

f:id:watarutabi:20221113124845j:image

道中でこちらを見つけました。

北陸名物の8番らーめん!!

前回も気になってはいましたが、今回もスルーさせていただきます・・・

 

 

f:id:watarutabi:20221113184917j:image

15:40 東尋坊の駐車場に到着しました。

自宅の川崎から12時間程の長旅となりましたねw

バイクの駐車料金は200円と両親的な値段、普通車の料金は500円のようです。

 

 

f:id:watarutabi:20221114124731j:image

駐車場から東尋坊の間おそらく100m程、道沿いにずらりとお土産屋や飲食店などが並んでます。

やはり東尋坊は立派な観光地のようです!

 

f:id:watarutabi:20221114125620j:image

こちらの高い塔は東尋坊タワー

上から東尋坊の景色が一望できるみたいです。 


f:id:watarutabi:20221114125616j:image

駐車場から歩いて5分〜10分ぐらい、福井県坂井市の名勝地 東尋坊にやってきました。

石碑が逆光で見ずらいですね・・・

 

f:id:watarutabi:20221114184156j:image

迫力のある景色が広がってます!!

平日ですが結構人がいます。


f:id:watarutabi:20221114184202j:image

独特の地形が広がっております。

本日は波も穏やかで海も綺麗に澄んでいます!


f:id:watarutabi:20221114184159j:image

柵などは全くないので見学には細心の注意が必要ですね。仮に柵などを立ててしまうと景観が悪くなるので無い方が観光地としては良いとは思いますが・・・

 

f:id:watarutabi:20221114204009j:image

奥に見えるのは雄島と呼ばれる島らしいです。

パワースポットらしく、あちらも福井県の素晴らしい観光スポットみたいですね!

 

f:id:watarutabi:20221114204344j:image

松の木が所々生えており、それもまた東尋坊の美しい景色を彩っております。

 

f:id:watarutabi:20221114204349j:image

こちらの東尋坊は自殺の名所とも呼ばれており、実際に自殺を思い止まってもらう為の命の電話と呼ばれる電話ボックスが設置してあったり警察の方が巡回していたりしておりました。
ただ観光客の人たちも沢山いてそんなに重苦しい雰囲気などは個人的には感じませんでした。

 

f:id:watarutabi:20221114205807j:image

この独特の岩の地形は安山岩で形成されているとのことで、遥か昔の火山活動でマグマが堆積して冷え固まってできた火山岩が、日本海の波による侵食を受けて現在の姿になっているとのことです。

 

f:id:watarutabi:20221114212818j:image

最後に東尋坊の美しい景色を堪能させていただきました。とってもエモいですねw

 

 

 

1時間程で東尋坊を後にして次に進んでいきます。

それなりに時間が遅いので福井駅周辺の夜の風景だけ見て宿に向かいます。

 

f:id:watarutabi:20221114213338j:image

こちらの川は向かう道中でも通っていた九頭竜川

夕日に照らされてこれまた美しいです‼︎

 

 


f:id:watarutabi:20221114214426j:image

17:50  辺りはすっかり暗くなりまして、ここで夕食といたします。

こちらは福井県でいくつか店舗を構えるヨーロッパ軒。こちらで福井名物のカツ丼をいただきます。

 

f:id:watarutabi:20221114214430j:image

こちらがその福井名物のカツ丼になります!

カツ丼とは言っても卵でとじたカツ丼ではなくこのソースカツ丼です。

福井県ではカツ丼とは主にこちらを指すようです。

薄くスライスされた豚肉にサクサク感がしっかり残った衣、濃いめの味付けのソースが意外にもご飯とよく合います。

大変美味しいので福井県に来たときは皆さんも是非ご賞味ください‼︎

 

 

f:id:watarutabi:20221115125721j:image

18:20 夕食を終えて目的地の福井駅周辺に走ってきました。

県庁所在地の駅周辺ともあって結構な繁華街です!

 

f:id:watarutabi:20221115211526j:image

そしてこちらが福井駅前の恐竜広場!!

ライトアップされ恐竜たちが元気に唸り動いております。( 写真なので動きはわかりませんが・・・)


f:id:watarutabi:20221115211530j:image

福井駅周辺に関しては明日の朝も訪れたいと思いますので早々に立ち去ります。

この福井駅から少し離れた本日の宿に向かいたいと思います。

 

f:id:watarutabi:20221115212237j:image

18:52  本日のお宿はこちら天然温泉ゆ〜遊。

お宿と言っても温泉施設ですが宿泊施設も併設されています。

今回の宿泊費は3600円

 

f:id:watarutabi:20221115213027j:image

今回のお部屋はエコノミーブースと呼ばれるこちら‼︎

簡易宿泊施設と呼ばれるであろう作りで、入り口はカーテン状になっており鍵の扉は無く天井の上の部分は空いております。

なので貴重品の管理などは注意が必要で、実際に隣の部屋の音やいびきがダダ漏れです!

音に関しては私は大丈夫でしたが気になる人は気になるかもしれません・・・

無料の耳栓が常備しており、マットや掛け布団もしっかり清潔で眠る分には充分快適です。(ちなみに部屋の中は飲食禁止)

 

この天然温泉ゆ〜遊には少し値段は上がりますが普通のホテルタイプの部屋もあります。

 

f:id:watarutabi:20221115214633j:image

温泉施設なので大浴場やサウナ、景色は特に見えませんが露天風呂もありとても充実しています。

施設内のレストランやゲームコーナー、漫画コーナーやTV付きのリクライニングチェアなど館内はとても快適だと感じましたね!

お風呂上がりに夕食は済んでいたので500円のビールと170円のおつまみをリクライニングチェアでいただきます。

 

 

福井ツーリングの1日目はこちらで以上となります。

この日の走行距離は570km程になりました!

 

そんな感じで、最後まで見ていただきありがとうございます♪

2日目もよろしくお願いします。

 

 

 

新潟 ソロツーリング 2日目

どうもこんにちは!! 2022年6月27日 ソロツーリングの二日目となります。

しかし残念ながら本日の新潟市の天気は大荒れ!

早々に新潟を立ち去りたいと思います。

 

朝の7時頃、ホテルをチェックアウト

バイクの駐車場に着いた途端に激しい雷雨が襲って参りました。

不幸中の幸いに駐車場に屋根のある場所があったので一時避難していきます。

 

f:id:watarutabi:20220725085950j:image

7:40  ここはJR新潟駅の南口

昨日訪れた反対側の出入り口になります。


f:id:watarutabi:20220725085954j:image

とりあえず現在雨は止んでますが今にもまた降りそうな天気です。

 

帰りは節約も兼ねて高速道路では無く国道を真っ直ぐ進んで帰ろうと思います。

前回に走ったのは国道1号線で大阪から東京に帰ってきましたが、今回は国道17号線でここ新潟から東京に帰ります。

国道17号線も国道1号線と同じように日本橋を起点とする国道であり、宿泊した古町の近くにある本町交差点を終点としているとのことなので、ここから国道17号線を真っ直ぐ進めば東京までは帰ることができるのです!

 

 

そんな感じで天気の悪い中、国道17号を東京に向けてスタートいたします‼︎

 

国道17号線は起点から終点まで340kmぐらいらしいので国道1号線の半分と100km程でしょうか!

頑張れば一日で走破できそうです。

 

 

f:id:watarutabi:20220725114324j:image

9:43   こちらは新潟県のJR長岡駅になります。

ここ長岡市新潟市に次ぐ2番目の都市、人口は26万人ほどになります。

長岡市は長岡まつり大花火大会と呼ばれる花火大会が有名で、日本三大花火大会の一つに選ばれています。

 

新潟駅からいきなり2時間後になり、長岡まで到着しております。

激しい雷雨の為、とても映像が撮れるような状況ではなく、ここまでノーストップで訪れました。

例によって今回もカッパは持ってきてないので全身びしょ濡れです!!!(多分カッパを着てもびしょ濡れです。)

 

 

f:id:watarutabi:20220725121608j:image

10:10   長岡市で遅めの朝食をすまして再び出発!

ここからは雨も落ち着くらしいので映像をしっかり撮っていこうと思います。

 

f:id:watarutabi:20220725192308j:image

群馬県高崎市まで181km

新潟からはすでに65kmぐらいは走ってます。

 

f:id:watarutabi:20220726074733j:image

やはり新潟らしい田園景色が広がります。

 

 

f:id:watarutabi:20220726080502j:image

10:55 長岡市から小千谷市に入りました!

読み方は「おぢやし」

 

f:id:watarutabi:20220726172402j:image

また雨が降ってきてしまいました

ちょっと服が乾いてきてたのに非常に残念です

ここから国道17号信濃川沿いから魚野川沿いに進んでいきます。

 

 

f:id:watarutabi:20220726173303j:image

11:18  小千谷市から魚沼市に入りました。

魚沼市は魚沼産コシヒカリで有名ですね

それに因んでか看板の形がお米になってます‼︎

 

f:id:watarutabi:20220726174440j:image

雨もすっかり止みました。

雨はもう勘弁していただきたい・・・

 

 

f:id:watarutabi:20220726174822j:image

11:49  魚野川を渡り、 魚沼市から南魚沼市に入ります。

 

f:id:watarutabi:20220726181652j:image

こちらが魚野川

綺麗な景色が広がります。

 

f:id:watarutabi:20220726181946j:image

こちらは南魚沼市の六日町と呼ばれるエリア

この辺の17号線沿いの中では結構栄えている気がします。

 

 

f:id:watarutabi:20220726182751j:image

12:27  こちらは道の駅南魚沼

こちらで休憩も兼ねて昼食にします。


f:id:watarutabi:20220726182742j:image

昼食は新潟の魚沼地方の名物、へぎそばです。

へぎとはそばを乗せている容器の名称で、蕎麦は布海苔と呼ばれる海藻を繋ぎに使用しております。

普通の蕎麦に比べてコシがある気がして大変美味しい!  


f:id:watarutabi:20220726182746j:image

こちらもいただきました

同じく新潟名物の笹団子になります。

中身はよもぎ団子

 

こちらでお会計 へぎそば1000円、コシヒカリ塩むすび160円、笹団子170円 合計1330円になりました。

 

30分程で昼食と休憩を済ませて道の駅を後にしました!!

 

 

f:id:watarutabi:20220726214522j:image

13:14  道の駅を出発してすぐ、湯沢町に入りました。

 

f:id:watarutabi:20220727104623j:image

映ってはいませんがこの写真の右手側に上越新幹線越後湯沢駅があります。

 

f:id:watarutabi:20220727130941j:image

高崎市まで103kmとなりました。


f:id:watarutabi:20220727130946j:image

ここから国道17号線は峠道に登っていきます。

 

f:id:watarutabi:20220727172331j:image

また少し栄えているこちらは湯沢町の苗場と呼ばれる所。

ここで新潟の町は終了となります!

 

 

f:id:watarutabi:20220727201957j:image

13:55  群馬県みなかみ町に入りました。

この辺りは三国峠と呼ばれるとんでもない山間の区間。(勿論現在はトンネルなど道は十分に舗装されています)

国道17号線は新潟の長岡市から群馬県高崎市までは三国街道と呼ばれる歴史ある街道となってます。

 

f:id:watarutabi:20220728102752j:image

こちらは三坂大橋と呼ばれる橋

国道17号は峠の道を段々と下っています。

 

f:id:watarutabi:20220728122733j:image

こちらはみなかみ市の猿ヶ京温泉付近

ちょっと見えませんが道路沿いに赤谷湖と呼ばれる湖もあります。

 

f:id:watarutabi:20220728161932j:image

この赤い橋は「さんさんばし」

実際に見ると結構迫力がありました。

 

f:id:watarutabi:20220728171744j:image

群馬県の県庁所在地の前橋まで42km

まだまだ群馬県は続きます。

 

f:id:watarutabi:20220728174821j:image

広大な景色が広がってます。

この周辺は月夜野という所で、昔は月夜野町という地名があったらしいですがみなかみ町と吸収合併して現在は消滅しています。

 

 

f:id:watarutabi:20220728182738j:image

14:57 みなかみ町から沼田市に入りました。

 

沼田市は地図で見ると異様な形になってます。

合併の兼ね合いでこんな形になったのではないかと個人的な見解です!

国道17号線からは遠いですが、この沼田市には吹割の滝という魅力的な滝があります。

 

f:id:watarutabi:20220728194834j:image

少し進むと国道17号線は川沿いを走ります。

この川はあの有名な利根川です!

利根川信濃川に次ぐ2番目に長い川で日本一広い川と知られています。

この先利根川群馬県と埼玉県、茨城県と千葉県の県境として太平洋側まで流れていきます。

 

 

f:id:watarutabi:20220728200207j:image

また広大な景色が広がります‼︎

奥に見えるのはおそらく日本百名山赤城山


f:id:watarutabi:20220728200202j:image

15:19  沼田市から渋川市に入ったところ辺り

ついに標識に東京の文字が出てきました。

おそらく新潟市からは半分ぐらいは走ってきたと思われます。

 

f:id:watarutabi:20220728220147j:image

右側に見えるのはおそらく榛名山(はるなさん)

赤城山榛名山妙義山とあわせて上毛三山と総称されています。

今回は行きませんが、ここから榛名山の方に進むと伊香保温泉という有名な温泉地があります。

 

f:id:watarutabi:20220728221720j:image

国道17号線はバイパスの道路を走って行き、東京に近づいて行きます。

 

f:id:watarutabi:20220729080606j:image

この先国道17号線は二手に分かれます。

右に曲がると前橋市街地や高崎市街地といった群馬県の中心部に行くことができます。

 

f:id:watarutabi:20220729081307j:image

私は今回真っ直ぐ進むことにしました。

こちらは上武道路というバイパスになってます。

先程枝分かれした17号線とは埼玉県の深谷、熊谷、鴻巣でまた合流します。(先程枝分かれした17号線は

この先も何回か枝分かれします)

 

 

f:id:watarutabi:20220729091232j:image

15:56  群馬県の県庁所在地の前橋市に入ってきました。ただ中心街からはだいぶ離れてます。

写真では勿論伝わらないですがこの時の気温が37度程でかなり暑いです‼︎

この辺りは関東の中でも気温が高いことで有名。

 

f:id:watarutabi:20220729105552j:image

16:17  伊勢崎市付近を走行中、この先国道17号群馬県太田市に入りそこで群馬県は終了となります。山からはどんどん離れていき、これから関東平野をずっと走って行きます。

 

 

f:id:watarutabi:20220729111155j:image

16:30  利根川を渡り、群馬県太田市から埼玉県の深谷市に入りました。

新潟から埼玉までは渋滞もあまり無く順調にここまでこれた気がします。

そんな感じでちょっとだけ深谷市の市街地に寄り道したいと思います。

 

 

f:id:watarutabi:20220729113148j:image

16:54 深谷城址公園に到着しました。

深谷城は1456年に深谷上杉家の上杉房顕により築城されました。

 

f:id:watarutabi:20220729113154j:image

1634年に廃城となり、現在はその遺構は殆ど残っていません。

現在は模擬復元された石垣、塀、堀があり、当時の遺構は公園の東側にある富士浅間神社脇にある堀跡だけのようです。

 

f:id:watarutabi:20220729123831j:image

こちらは公園の向かいにあった深谷市立図書館、この辺りは深谷市の公民館や文化会館、小学校や幼稚園などの公共施設が隣接してます。

 

f:id:watarutabi:20220729124355j:image

少し移動して立派な建物を発見

こちらはJR深谷駅の駅舎!!

 

f:id:watarutabi:20220729124626j:image

「ミニ東京駅」とも呼ばれるこの深谷駅は東京駅の赤煉瓦駅舎をモチーフにデザインされています。

東京駅の赤煉瓦駅舎が渋沢栄一深谷に設立した日本煉瓦製造会社で生産された赤煉瓦を使用していたことに因んでこういったデザインになってます。

しかし、実際にこの駅舎は煉瓦構造ではなくコンクリートの壁面に煉瓦風のタイルを貼って東京駅に似せているとのことです。

とはいえ実際に美しい駅舎であることは変わりなく、関東の駅百選にも選定されています。

 

f:id:watarutabi:20220729150419j:image

こちらは深谷市ゆるキャラふっかちゃん

名産の深谷ネギに因んだゆるキャラです!

 

f:id:watarutabi:20220729154435j:image

駅前には深谷市出身の偉人である渋沢栄一銅像があります。

渋沢栄一は明治時代の様々な企業や経営に携わり、その数は500社ともいわれ「日本資本主義の父」と呼ばれています。

新しい1万円札の肖像になる人物でもありますね!

 

 

 

f:id:watarutabi:20220729195838j:image

17:35  1時間ぐらい深谷市を寄り道して再び出発しました。ここは埼玉県熊谷市付近。

熊谷市は埼玉県北部では最大規模の町で夏の気温の高さが有名な暑い町です。

 

f:id:watarutabi:20220729214757j:image

17:48  ここは埼玉県の行田市(ぎょうだし)付近

こちらの近くにはさきたま古墳公園と呼ばれる9基の大型古墳からなる古墳群があります。

こちらの古墳群は国の特別史跡に指定されており、国宝が展示されている史跡博物館も併設され、歴史的に大変価値のある場所!

世界遺産の登録も推進しているとのことです。

 

 

f:id:watarutabi:20220730135126j:image

17:55  鴻巣市(こうのすし)に入りました。

鴻巣市は埼玉県の唯一の運転免許センターがある場所です。

残念なことに神奈川県と埼玉県は運転免許センターが一箇所しかありません。

 


f:id:watarutabi:20220730135130j:image

そしてこの鴻巣市で最終的に枝分かれした国道17号線は合流します。

右に曲がるとまた戻ってしまうので左に曲がりましょう!

 

f:id:watarutabi:20220730141258j:image

18:09 北本市に入りました

この先国道17号線は北本市から桶川市上尾市と埼玉県の町を進んで行きます。

 

 

f:id:watarutabi:20220730142757j:image

18:30 こちらは上尾市を走行中

時間も相まってか交通量が増えてきて渋滞気味になってます。

この辺りはロードサイド型の店舗が充実してますね‼︎

 

f:id:watarutabi:20220730143216j:image

18:57  こちらはさいたま市北区付近を走行中

埼玉県の県庁所在地に入ってまいりました。

こちらでまた新大宮バイパス中山道で分岐しますが、新大宮バイパスに進むと最終的に国道17号線から外れて繋がらないので中山道に進みます。

ちなみに国道17号線は日本橋から高崎の君が代橋東交差点まで中山道として伸びているようです。

中山道東海道と同じく江戸の五街道の一つで、最終的には京都の方まで伸びています。(現在の中山道と道は少し異なっています)

 

 

f:id:watarutabi:20220730151110j:image

19:13  あたりは暗くなってきました!

ここはさいたま市大宮区付近です。

 

f:id:watarutabi:20220730151106j:image

高い建物が多く増えてきました。

この辺りが埼玉県の一番の都市部だと思われます。

 

 

f:id:watarutabi:20220730191359j:image

19:30  さいたま市浦和区付近を走行中

左側には埼玉県庁や浦和駅があります。

昔は浦和市が埼玉県の県庁所在地でしたが、2001年に大宮市、与野市浦和市と合併した為さいたま市となったので現在はさいたま市が県庁所在地となってます。2003年に政令指定都市に移行し、大宮区浦和区与野市だけは与野区ではなくなり中央区となりました。( 市から区に変わった際には区域などの変更はやはりあるようです)ちなみに与野も駅名などはしっかり残ってます!

それからさいたま市は2005年に岩槻市編入して現在の市域となってます。

 

 

f:id:watarutabi:20220730200218j:image

19:45  こちらは蕨市(わらびし)を走行中

蕨市は全国の市の中で最も面積が小さく、全国の市町村の中で最も人口密度が高い市になります。

そんな感じでこの先国道17号線は戸田市に入り、埼玉県が終了となります‼︎

 

 

f:id:watarutabi:20220730202337j:image
f:id:watarutabi:20220730200214j:image

19:50  こちら戸田橋で荒川を渡りついに東京都に入ってまいります。

東京都板橋区に入りゴールはもう目前!!

 

 

 

f:id:watarutabi:20220730202753j:image

20:03  こちらは環状7号線と交差する大和町交差点。

ここ周辺は板橋本町と呼ばれ、地下鉄都営三田線の板橋本町駅や上を通っている首都高の板橋本町の出入り口があります。

 

 

f:id:watarutabi:20220730205431j:image

20:15  こちらは豊島区の巣鴨付近を走行中

左側にはJR巣鴨駅、山手線の駅の一つですね。

巣鴨はとげ抜き地蔵が有名で「お婆ちゃんの原宿」なんて呼ばれてます。

 

f:id:watarutabi:20220731055355j:image

20:22  豊島区を抜けて文京区を走行中

国道17号線は右折して本郷通りに入ります。

この先左側にはあの有名な東大があります!

 

f:id:watarutabi:20220801213437j:image

かなり画質が悪いですがこちらが有名な東大の赤門になります。

 

f:id:watarutabi:20220801213602j:image

この辺から国道17号線はちょっとだけ道が複雑になります。

標識をしっかり確認して進みましょう‼︎

 

 

f:id:watarutabi:20220801215447j:image

20:30 ここは千代田区のJR秋葉原駅の近くを走行中

国道17号のは右折して万世橋神田川を渡ります。

 

f:id:watarutabi:20220803195808j:image

国道17号線はJR山手線の高架下をくぐります。

右手にありますのはJR神田駅です。

 

f:id:watarutabi:20220803200045j:image

東京の夜はやはり明るいですね!

この先国道17号線は国道4号線など複数の国道と重複いたします。

 

f:id:watarutabi:20220803200716j:image

日本橋に近づくと美しい建物が並んでますね!!

この辺りに三越の本店や日本銀行の本店があります

ゴールまでは後100mぐらい

 

 

f:id:watarutabi:20220803201624j:image

20:40 新潟から日本橋まで国道17号線を13時間ぐらい走り、ついに目的地に到着‼︎

 


f:id:watarutabi:20220803201619j:image

340km程の距離を13時間で走破できたので、前回の国道1号線が540kmの距離に対して二日間(24時間ぐらい)を要した事を考えるといかに国道1号線の渋滞の酷さが伺えます。

とりあえずゴールとはいえ、ここから私の自宅の川崎までまだ少し距離があるので最後まで気を抜かず安全運転で帰宅したいと思います‼︎

 

 

旅のまとめ

 

今回の旅の全走行距離 約900km

 

今回の全旅費 約19600円

 

それでは、今回も最後まで回覧いただきありがとうございます♪

 

 

新潟 ソロツーリング 1日目

 

 

どうもこんにちは!! 2022年6月26日 ソロツーリングをまた実施したのでブログを更新いたします。

 

今回は新潟県笹川流れまで走りますす‼︎

前回、新潟の南西の方にある糸魚川市上越市だけ入りましたが今回はしっかり新潟の北東の方まで入ります。

 

午前4時、自宅の川崎を出発!

今回は関越道の練馬ICからスタートします。

 

f:id:watarutabi:20220629120927j:image

新潟まで300km

正確には新潟市まで300kmなんだと思います。


f:id:watarutabi:20220629120930j:image

5:15 新座料金所に入ります。

ここは既に埼玉県となっております。

 

(ちなみに今回はゴープロで動画を撮ってまして、その映像の一部を切り取って貼ってます。)

 

 

f:id:watarutabi:20220629122335j:image

5:30  川越出口を通過します。

川越は小江戸と呼ばれる風情ある昔の町並みが人気の観光地となってます。

 

 

f:id:watarutabi:20220629182907j:image

6:00  藤岡JCTを通過します。

前回は長野から上信越自動車道でこのJCTを経由して帰宅しました。

更にこの先の高崎JCT北関東自動車道で栃木県や茨城県の方面に行けます。

今回は関越自動車道をまっすぐ進むだけです。

 

 

f:id:watarutabi:20220629184348j:image

6:15   ここは群馬県の県庁所在地の前橋市付近、先程の藤岡JCT辺りで群馬県には入っています。

新潟県までは後208km、三分の一は走ったようです。

 

 

f:id:watarutabi:20220629185337j:image

6:30  群馬県みなかみ町に入りました、ここは新潟県の県境の町でこの先はついに新潟県に入ります。

みなかみ町はみなかみ十八湯と呼ばれる温泉群があるらしいです。

 

 

f:id:watarutabi:20220630192616j:image

6:43 ここは群馬県谷川岳PA

新潟県の県境のすぐそこにありますが少しここで休憩します。

ちなみに谷川岳の標高は1977m!

 

 

 

f:id:watarutabi:20220701121127j:image

7:15  関越自動車道の練馬入口から2時間ぐらいで新潟県の越後湯沢に入ることができました。

時間も相まって道はかなり空いてます!

 

 

f:id:watarutabi:20220701182257j:image

高速からも越後湯沢の景色が少し見れます。

ここは都心部からも近く、温泉やスキーリゾートなど人気の観光地ですが今回は素通りします。

 

 

f:id:watarutabi:20220702062629j:image

7:40  ここは新潟県魚沼市の付近。

新潟まで100kmを切りました!!

 

 

f:id:watarutabi:20220702062901j:image

8:00  ここは越後川口SA

ここでまた休憩!

 

f:id:watarutabi:20220702191050j:image

朝食としてこの越後の豚まんをいただきます。

お値段400円ぐらい

越後もち豚を使ってるらしく、ボリューミーで大変美味しいです。

 

f:id:watarutabi:20220702200637j:image

このサービスエリアからは信濃川も眺められます。

晴れていればもっと綺麗だったでしょう!

 

f:id:watarutabi:20220702201007j:image

30分ぐらい休憩して再び新潟に向けて走ります。

新潟市まではもう少し

 

 

f:id:watarutabi:20220706113232j:image

8:50  ここは長岡市付近、新潟市まで後50km程。

新潟県は4つの区分に分かれているらしく、この前訪れた上越市糸魚川市辺りが上越地方

越後湯沢や長岡辺りが中越地方

新潟市村上市辺りが下越地方

新潟県の近くにある佐渡島佐渡市佐渡地方

こんな感じで分かれてます。

ちなみに中越市や下越市といった地名は新潟県にはありません。

 

 

f:id:watarutabi:20220706120115j:image

新潟らしい田んぼの風景が広がります。

おそらく畑ではなく田んぼです・・・

もちろん新潟県は米の生産料は日本一です!!

 

 

f:id:watarutabi:20220707182208j:image

9:15  練馬ICから4時間程で新潟市に到着しました。

ここからは一般道で笹川流れに向かいます。

 

 

f:id:watarutabi:20220707182759j:image

前回も使用した国道8号です。

国道8号京都市から新潟市の中心街まで日本海に伸びている非常に長い国道です!

 

 

f:id:watarutabi:20220707201200j:image

この道は新潟バイパスと呼ばれる道路らしく信号もなく快適に走れます。

この先の柴竹山ICで国道8号から国道7号に変わります。

国道7号も東北の山形県秋田県を経由して青森市まで伸びる長い国道になります。

 

 

f:id:watarutabi:20220707203142j:image

個人的に面白いと思う地名を見つけました。

三重県四日市は市町村名でこの一日市は新潟市東区の一つの町名なので規模が違いますが!

こんな感じの○日市といった地名は全国いろんな所にあるらしいです。

 

写真でも写ってますが新潟にも空港があります。

新潟の中心街からも割と近いようです‼︎

 

f:id:watarutabi:20220708153435j:image

10:20 ガソリン残量が危なかったのでバイパスを降りて近くのコスモで給油。

ハイオク リッター179円 2189円分入りました。

再びバイパスに乗って笹岡流れを目指します!

 

 

f:id:watarutabi:20220709182228j:image

バイパスの区間新発田ICで終了

笹川流れまでは後50キロぐらいだと思います。

新発田には新発田城跡がありますが、今回は行きませんでした。(行っておけばと後悔してます・・・)

途中、セブンイレブンで少し休憩しました

 

f:id:watarutabi:20220710060255j:image

11:30 新発田市から胎内市に入りました。

 

f:id:watarutabi:20220710060851j:image

胎内市の中心部付近は郊外型の店舗がポツポツと並んでます。

 

 

f:id:watarutabi:20220710060803j:image

11:40  村上市に入りました。

村上市は新潟の最北の市町村になります。

ただ気温は全然暑いです‼︎

笹川流れ村上市にあります。

 

f:id:watarutabi:20220710122947j:image

少し進んだ所に新潟らしい田んぼの景色が広がってます。

 

f:id:watarutabi:20220710123035j:image

更に進んだ所、村上市の中心部辺りに来ました。

郊外型の店舗がずらっと並んでます!

この辺りで国道7号を逸れて日本海の方面に進みます。

 

f:id:watarutabi:20220711055310j:image

村上市は鮭が名物。

走ってる最中も天井から吊るされた鮭の姿が確認できました。

調べた所、塩に漬け込んだ鮭を熟成させる為に吊るしているのだそうです。

 

 

f:id:watarutabi:20220711060450j:image

この綺麗な三面川と呼ばれる川を渡り少し進めば日本海が見えてきます。

 

f:id:watarutabi:20220711190434j:image

12:27  やっと日本海を拝むことが出来ました。

綺麗な砂浜に綺麗な海が広がってます!

笹川流れはもう少し先に進むとあります。

 

f:id:watarutabi:20220712212008j:image

巨大な岩の間を通ります。


f:id:watarutabi:20220712212014j:image

だんだん岩礁の景色が増えてきました。


f:id:watarutabi:20220712212019j:image

この辺りはもう笹川流れに入っているとみて良さそうです!

 

 

f:id:watarutabi:20220712212751j:image

13:00  こちらは道の駅笹川流れ!!

JR桑川駅が併設された道の駅となり、建物の中には売店や飲食店が入ってます。

この周りにもいくつか飲食店が並んでおり、休日ともなって結構人がいるんですね!

笹川流れ国道345号線沿いに存在する景勝地であり、JR羽越本線と併走してます。この羽越本線は観光列車も走る人気の鉄道路線なんだそうです‼︎

 

f:id:watarutabi:20220713053802j:image

笹川流れの全体図

このように数々の岩礁が連なってます。

遊覧船も運航しているようです。

 

f:id:watarutabi:20220713060238j:image

青く澄んだ綺麗な海!!

日本屈指の透明度を誇るみたいです。


f:id:watarutabi:20220713060241j:image

笹川流れは国の名勝及び天然記念物に指定されている地域で日本百景にも選定されています。


f:id:watarutabi:20220713060235j:image

奥に見える島は粟島(あわしま)と呼ばれる島!

人口340人程の小さな島です。

 

f:id:watarutabi:20220713123416j:image

トレッキングコースもあります。

入り口に熊出没注意の看板が有り、登るのも大変そうなので進むのはやめておきました。

 

f:id:watarutabi:20220713193353j:image

砂浜も結構綺麗です。

この辺りは海水浴もできるとのこと


f:id:watarutabi:20220713193357j:image

13:45  笹川流れの美しい景色で心が浄化されたので新潟市に戻ります。

この国道345号線を更に進むと国道7号線にまた合流するのでそこから帰ります。

 

 

f:id:watarutabi:20220713194408j:image

国道345号線国道7号線にぶつかるまで海沿いをずっと走ります。

しばらく綺麗な景色を堪能できるのです。

 

f:id:watarutabi:20220713194936j:image

最後の方まで岩礁がちらほら見られます。

 

f:id:watarutabi:20220713195414j:image

こちらは寝屋漁港と左の大きな岩は鉾立岩(ほこたていわ)

写真じゃ微妙だけど実際に見るとかなり迫力がありました!!

 

f:id:watarutabi:20220713215543j:image

14:05  この先で国道345号線は終了

ここを左折すればもうすぐそこは山形県に入ります。しかし今回は山形県には入らずに右折して新潟市に向かうことにします。( 東北はまた今度だ!)

 

 

 

 

f:id:watarutabi:20220714115636j:image

15:00 新潟市に戻る国道7号線沿いにあった『荒川ラーメン魂あしら』こちらのお店で遅めの昼食

実際にこの近くに荒川と言われる川がながれてます。荒川と聞くとどうしても東京都に流れる荒川をイメージしてしまいます。


f:id:watarutabi:20220714115633j:image

新潟はラーメンも有名で新潟五大ラーメンと呼ばれ系統が分かれているようです。

こちらのラーメンが新潟ラーメンに部類されるかは不明ですがとりあえず新潟県で頂くラーメンなのでよしとしましょう。

 

頂くのはさっぱりの醤油ラーメン!

このお店は味噌ラーメンが人気らしいですが私は味噌ラーメンは北海道でしか食べないと決めているので醤油にしました。

 

金額は630円 最近のラーメンの相場的には安いと思います。

 

 

 

 

f:id:watarutabi:20220714173751j:image

16:20 ここは国道7号線新潟市の北区付近

時間の問題か新潟バイパスがかなり混みだしたのでこの濁川ICの出口で降りて日本海沿いで新潟市の中心部を目指します。

 

 

f:id:watarutabi:20220714175533j:image

こちらは阿賀野川の河口に架かる松浜橋

右の奥には新潟空港があります。

 

f:id:watarutabi:20220714193221j:image

こちらは新潟南トンネル

信濃川の河口にある新潟港をトンネルで潜ります。

 

 

f:id:watarutabi:20220714201704j:image

新潟市中央区辺りまで走ってきた模様

右に日本海、左に西海岸公園が伸びています。

海岸線上にはいくつか砂浜の海水浴場があり、突堤なんかもあって釣り人の姿も多く見受けられます。

 

 

 

f:id:watarutabi:20220714204146j:image

17:00 駐車スペースがあったのでバイクを止めて新潟市日本海を少し見学!

 

f:id:watarutabi:20220714205649j:image

こちらが新潟市日本海

駐車場の近くに新潟市水族館マリンピア日本海という日本海側では最大級の水族館があります。

 

f:id:watarutabi:20220714210857j:image

透明度も笹川流れ程では無いものの十分だと感じます。

 

f:id:watarutabi:20220714211236j:image

海の奥に目視では佐渡島が見えます。( 写真では確認は厳しい )

都市部のすぐ近くにこんなに綺麗な海があるのは羨ましい限りです。東京湾はお世辞にも綺麗とは言えませんからね!

 

f:id:watarutabi:20220714211719j:image

日本海の見学を終え、住宅街を越えて新潟市の中心街に走っていきます。

 

 

f:id:watarutabi:20220714212800j:image

17:20  新潟市中央区

おそらく新潟市の中心部であろう場所まで走ってきました。

 

近くの古町といわれる所に宿を予約しているのでそちらに向かいます。

バイクの駐車場もネットで事前に宿の近くに予約しているので安心!

 

原付以上のバイクの駐車スペースは結構少ない傾向にあるので事前に予約するのをオススメします。

 

 

f:id:watarutabi:20220715133459j:image

17:38 ホテルにチェックイン

今回のお宿は新潟市中央区の古町にあるアパホテル

素泊まりの大浴場付きで金額はネット予約で3330円

新潟の都心部は宿代が比較的安く感じます。

 

 

 

f:id:watarutabi:20220715134558j:image

18:45  新潟市の町を散策してまいります。

奥に見えるカッコイイ建物はNEXT21といわれる

19階建、128mの高層ビル!

展望台やオフィス、商業施設などがあり、新潟市中央区役所も複合しています。

 

この交差点の一つ隣に本町交差点があり、そちらが国道8号線国道7号線など複数の国道の起点になってます。

また日本橋から伸びる国道17号線の終点でもあります。

 

f:id:watarutabi:20220716084258j:image

こちら萬代橋と呼ばれる新潟県新潟市中央区信濃川に架かる国道7号(重複で 国道8号国道17号、国道113号、国道350号)の道路橋梁になります。

2004年7月に国の重要文化財に指定され、国道にかかる橋梁で重要文化財に指定されたのは、東京の日本橋に次いで2番目となります。

この橋の歴史は古く、1886年に初代の橋がここに架けられ、今の橋は1929年に架けられた三代目の橋になります。


f:id:watarutabi:20220716084253j:image

橋には歩道も整備されてますので勿論歩くこともでき、新潟の街並みと信濃川を見渡せます!

信濃川は言わずと知れた日本一長い川になり、ここ新潟市日本海に流れ込みます。

ここは信濃川の河口付近とあってか水は濁っておりあまり綺麗には見えません。

 

 

f:id:watarutabi:20220717064957j:image

19:15 古町のアパホテルから大通りを真っ直ぐ歩いて30分ぐらいで新潟駅に到着。

大きな駅ではありますが金沢駅みたいな派手さはあまり無い感じですね‼︎

新潟市の町が全体的に観光地的な町ではない気がします。( 個人的な感想です、新潟県全体で見れば観光地は沢山あると思います!!)

ただ、新潟市は本州の日本海側では最大の街になり、人口は78万人程になります。

金沢の人口が46万人程なので約1.5倍、本州の日本海側で唯一の政令指定都市です。

 

 

f:id:watarutabi:20220717182016j:image

こちらの高い建物は朱鷺メッセ(トキメッセ)にある

万代島ビルになります。

その高さは143mで本州の日本海側で1番の高さ!!

このビルの31階にBefcoばかうけ展望室があり、新潟の景色を一望できるそうです。

また、万代島ビルは新潟コンベンションセンターと呼ばれる、国際会議室や国際展示室などが入った施設と一体型になってます。

そして私はこんなに素敵な所を離れたところから見るだけで行くことはなく新潟を後にする事になります。今度また来た時は必ず入りたいと思っています・・・


f:id:watarutabi:20220717182009j:image

f:id:watarutabi:20220717182012j:image

とても綺麗な夜景!

萬代橋のお隣に架かる柳都大橋からの新潟市の景色になります。

 

こうしてみると日本海側随一の街である事を認識できる気がします。

 

 

f:id:watarutabi:20220717213510j:image

こちらは古町通りという商店街通り

この古町通りは1番町から13番町まであり、1番町奥の白山神社までずっと伸びています。

ただ、繁華街になっているエリアは5番町から9番町の隣接地域のようです。

 

f:id:watarutabi:20220718132112j:image

20:10 この古町通りにあった新潟の郷土料理的な物が頂けそうなお店で晩飯に!

こちらが新潟や福島県会津の郷土料理、わっぱ飯

わっぱとは杉の板を丸めて容器状にしたもの、その容器に薄い塩味の出汁で炊いた米と魚介などの具材と一緒に蒸した物がわっぱ飯になるそうです。

 

上に乗っているのは日本海の名産、ノドグロです。

ほんのり出汁の効いた米に油の乗ったノドグロが最高です‼︎

ノドグロのわっぱ飯とビールで3100円

ちょっと贅沢してしまいました。

 

 

f:id:watarutabi:20220724134818j:image

食事も済んだので宿に帰ります。

古町通りにはこのようにアーケードになっている所もあります。

 

 

f:id:watarutabi:20220724195748j:image

21:43 風呂上がりに新潟限定の札幌ビール!!

先程のお店でも飲んだやつです。

近くのコンビニで購入しました。味の違いは正直よくわかりません。

 

後、余談ですが新潟市周辺を走って感じたんですけど新潟のコンビニはデイリーヤマザキが多い気がします。

 

 

 

以上、こちらで新潟ソロツーリングの一日目は終了とさせて頂きます。

掛かった費用や走った距離は二日目とまとめて出そうと思います。

最後まで回覧いただきありがとうございました♪ 

 

 

 

北陸 ソロツーリング 2日目

 

どうもこんにちは!!

 

2022年4月10日 今回は自宅の川崎から北陸の一泊二日の旅の二日間になります。

お先にお伝えしますと、北陸と言いながら福井県は今回行ってません。

過去に福井県敦賀市に行ったことがあったので今回はスルーしてしまいました。

福井県はまた別の機会に行ってみたいと思ってます‼︎

 

f:id:watarutabi:20220504190419j:image

6:40  ホテルをチェックアウト。

朝の金沢駅を拝んで行きます!


 
 f:id:watarutabi:20220504204945j:image

朝の金沢城公園と兼六園の周辺を少しだけ走ってから金沢を去ります。

 

f:id:watarutabi:20220504205244j:image

オシャレな建物が立ち並んでます!

こちらは兼六園の隣にある石川県立美術館と石川県立歴史博物館・加賀本多博物館になります。

 

金沢を後に、昨日走ったのと里山海道にもう一度乗って能登半島の先まで進みます!

 

 

 

f:id:watarutabi:20220506080513j:image

7:35  道の駅 高松 里海館

こちらでコーヒータイム


f:id:watarutabi:20220506080516j:image

日本海も一望できます!

 

f:id:watarutabi:20220506081754j:image

この赤い線がのと里山海道になります。

これから地図先端にある禄剛崎 (すみませんが写真が切れてしまってます)に向かいます。

 

この先のと里山自動車道は渋滞も無く、大変快適に走れます!

 

 

 

 

f:id:watarutabi:20220506152805j:image

8:38  1時間ぐらいでのと里山海道を走り終え、降りて直ぐのファミリーマートで休憩!

ここの近くにのと里山空港があります。こんな所に空港があるなんて驚きです‼︎

 

この先は一般道を使って禄剛崎に向けて走っていきます。

一般道とはいえ信号は殆ど無いのでスピーディーに進みます。

 

 

 

 

f:id:watarutabi:20220506204921j:image

10:00  能登半島の狼煙町、道の駅狼煙に到着しました。

 

ここは禄剛崎の玄関口。山越え、海沿いを超えてやっと辿り着きました。

能登半島は思ったよりデカいですね!

 

f:id:watarutabi:20220506212853j:image

かなり広い駐輪場で、トイレもとっても綺麗でした。道の駅は売店があり、飲食店も近くに何店舗かあるみたいです!

 

f:id:watarutabi:20220506213933j:image

ここから先は歩いて禄剛崎に向かいます。

階段なので車両では行くことはできません。

 

f:id:watarutabi:20220506214251j:image

いくつか登りルートがあるみたいですが、私はここから登ります。

 

f:id:watarutabi:20220506214738j:image

登り途中の狼煙町の景色も最高です‼︎

この屋根の綺麗な黒瓦は能登瓦と呼ばれ、耐寒性に優れているそうです。

 

f:id:watarutabi:20220507061847j:image

おそらくスイセンの花畑と桜の木!

桜はもう満腹です

 

f:id:watarutabi:20220507062341j:image

10:25  金沢から2時間半ぐらい、やっと禄剛崎に到着しました!!

駐輪場からは歩いて10分程でした。

 

f:id:watarutabi:20220507064350j:image

こちらは禄剛崎灯台

白くて綺麗な灯台です!

日本の灯台50選に選ばれており、近代化産業遺産に指定されているとのこと。

灯台の中には基本的には入れないみたいです。

 

f:id:watarutabi:20220507131918j:image

禄剛崎灯台点灯百周年記念碑

初点灯が明治16年(1883年)らしいので実際には130年ぐらいは経ってると思います。

そう考えると凄いですね!

 

f:id:watarutabi:20220507131758j:image

こんな標識もあります。


f:id:watarutabi:20220507131915j:image

この灯台はイギリス人による設計により建設され

当時は灯油で発光していましたが昭和15年に電化され、その光は34kmまで達しますと書かれています。昭和38年まで灯台守が常駐してましたが現在は無人灯台になってます。

 

 

f:id:watarutabi:20220507132618j:image

能登半島の最先端の標記もありました!

これを見るとここまで来た甲斐があった気がします。


f:id:watarutabi:20220507132615j:image

日本列島中心の石碑もあります。

実際に日本の中心は諸説あるようです・・・

 

f:id:watarutabi:20220507131802j:image

海岸線は独特な地形になってます。

大変綺麗な景色です‼︎

 

f:id:watarutabi:20220507202023j:image

大きな広場もあります

自然が広がってまして素敵なところです。

 

 

禄剛崎をたっぷり堪能しましたので道の駅狼煙に戻ります。

11時頃、狼煙町を後に自宅の川崎に向けて走っていきます。

またのと里山海道に戻り、徳田大津JCTで七尾田鶴浜バイパスを使って今度は富山方面に走って行く感じです。

 

 

 

f:id:watarutabi:20220507204356j:image

12:35  ここは七尾市の道の駅 能登食祭市場

昼食を取る為にこちらに立ち寄りました。

 

f:id:watarutabi:20220507204700j:image

この道の駅は海沿いに面しており、ここから七尾湾を眺めることができます。

食祭市場と言うだけあって沢山のお店が施設内に入っており、日曜日と言うこともあって大変賑わってます。

 

f:id:watarutabi:20220507205559j:image

私が頂いたのはこちらの能登ふぐ天丼お値段1000円

ふぐの天丼とはなんと贅沢な!!

能登半島は天然フグの産地で水揚げ量が日本一を記録しているそうです。

フグの弾力のある肉質は魚の天ぷらよりも鳥の天ぷらに近い感じがします。

勿論、とっても美味しいですね♪

 

能登半島は海鮮以外にも能登牛と言われる幻の和牛があります。

能登牛も是非食べてみたかったですね!

 

 

能登フグも堪能したので富山県に方面にまた走り出します。今度は七尾城山ICから能登自動車道に乗って高岡北ICまで走ります。

高岡北ICで降りれば昨日も通った富山県高岡市に入ります。

高岡市でまた国道8号線富山市方面に向かうんですが、帰りはそのまま国道8号選を走り続け、新潟県上越市の方から高速道路に乗って帰るルートにしました。

昨日の松本市から来たルートの方が早いのは間違いないんですが、私のプライドとして『同じ道では帰らない』に従って新潟経由のルートで帰ります!!

 

そんな感じで国道8号をひたすら進みます。

 

 

f:id:watarutabi:20220508211822j:image

14:00  ここは道の駅カモンパーク新湊

ここでまた休憩します。

 

f:id:watarutabi:20220508212541j:image

現在は富山のこの辺り!

これから国道8号線富山湾を沿うように進みます。

 

f:id:watarutabi:20220509115147j:image

どうしても気になってしまったので買ってしまいました。

こちらは多数のテレビ番組でも取り上げられた元祖白エビバーガー!!

お値段420円、白エビのかき揚げとキャベツがバンズに挟まってます。

サクサクで香ばしい白エビに自家製のタルタルソースがマッチして大変美味しいです。

白エビは桜エビよりも二回りぐらい大きい富山湾が名産のエビです。

 

 

30分程の休憩の後、再び出発!

国道8号線を走り進みます。基本的に渋滞はしていません。

 

f:id:watarutabi:20220509220151j:image

国道8号線富山市の風景。

見えるのは北陸新幹線北アルプスの山々、美しい景色が広がってます。

 

その後、国道8号線富山県滑川市魚津市黒部市と進み、新潟県糸魚川市に入ります。

 

f:id:watarutabi:20220509221618j:image

16:40  ここは新潟県糸魚川市の親不知記念広場

国道8号線沿いにあり、この辺りは海の崖沿いを走っています。


f:id:watarutabi:20220509221614j:image

この親不知(おやしらず)は北アルプスの始まりと書いてあり、昔は北陸最大の難所だったらしいですね!

危険な波打ち際を渡るとき、親は子を、子は親をかえりみる余裕がなかったことから親不知、子不知と呼ばれるようになったと伝えられています。

写真には写って無いですが日本海が一望できます。


f:id:watarutabi:20220509221622j:image

勿論現在はしっかりと整備された道路です。

ここに道路を舗装するのはかなり大変だったのだろうとは想像に難しく有りません‼︎

 

 

ここから先の国道8号線は海沿いをずっと走ります。

日本海を眺めながらツーリングが楽しめます♪

 

 

親不知から40分程走った所の国道8号線沿いにまた綺麗な景勝地があったので少し立ち寄りたいと思います。

 

f:id:watarutabi:20220511065132j:image

糸魚川市、能生(のう)にある弁天岩!

フォッサマグナの海底火山によってできた岩礁で、先程の親不知と同じく糸魚川ジオパークの一つです。

 

ジオパークとは「地学的に価値を持つ遺産を保全し、教育やツーリズムに活用しながら、持続可能な開発を進める地域認定プログラムである」そんな感らしいです。

ここ糸魚川ジオパークは2009年に世界ジオパークに認定されました。

2020年に私が行った北海道の様似のアポイ岳ジオパークも2015年に世界ジオパークに認定されています。

 

 

その先、しばらく走ると国道8号線糸魚川市から上越市に入ります。

この辺りでガソリン残量が非常にまずいので給油します! ハイオク178円 15.78L  2809円になりました。

 

f:id:watarutabi:20220512082026j:image

18:05  能登半島禄剛崎から7時間程でようやく新潟県上越市に到着しました。

上越市は人口の規模が18万程の都市で、新潟県の中で新潟市長岡市に次いで3番目の都市になります。

とはいえ新潟市の人口が上越市の約4倍ぐらいあるのでその差は歴然です!

 

一般道で頑張って上越市までは着いたので次は高速道路で自宅の川崎に向けて走るわけですが、この辺もほんの少しだけ観光していきます。

 

 

f:id:watarutabi:20220512190513j:image

18:40  ここは高田城址公園

上越市の見所を探してここにしました!

 

f:id:watarutabi:20220512191154j:image

ただ、非常に混んでます‼︎

この高田城址公園は日本三大夜桜と呼ばれ、かなり人気の桜の名所みたいです。

更に日曜日の夜ということもあって大混雑です!

 

f:id:watarutabi:20220512202003j:image

バイクを止める場所も見つからず、時間も遅いので外からの写真だけで高田城は撤退いたします。

今回の北陸の旅は最後まで桜を楽しませてくれました!

 

最後にせっかくなので上越妙高駅に立ち寄ります。

 

 

 

f:id:watarutabi:20220512202727j:image

18:50  なんとなく来てみました、ここが上越妙高駅

毎度恒例のナゾの駅巡りです!!

北陸新幹線の停車駅だけあって大きくて立派な駅ですね。

 

f:id:watarutabi:20220512203226j:image

こんな幟も立ってます。

是非とも見てみたかったですね・・・

 

f:id:watarutabi:20220512203512j:image

中も結構イカしてますね!

大々的に高田城の夜桜を推してます。

 

f:id:watarutabi:20220512211602j:image

駅前には上杉謙信公の銅像もあります。

ここ上越市上杉謙信のゆかりの地であり、春日山城「現在の上越市にある春日山城跡」で生誕いたしました。

高田城の混雑を事前に知っていれば春日山城跡に行くのもありでしたね。

 

 

時間はもう19時!

高田城に行けなかったことを惜しみつつも流石にもう帰らないといけませんので高速道路に乗って帰ります。この時間から自宅まで帰るのは憂鬱過ぎます。

 

 

f:id:watarutabi:20220512214755j:image

上越高田ICから上信越自動車道に乗って長野の方面に向かいます。

ちなみにここは新井パーキングエリア、ハイウェイオアシス道の駅新井と隣接しておりここからでも入れます。

 

気温はそれほど寒くは無いですがやはり道が暗いですので気をつけて走ります。

 

 

f:id:watarutabi:20220513113358j:image

20:23  ここは長野県長野市の松代パーキングエリア

とりあえず長野に入りました。

ここで夕食にしようかと思ったんですが、営業時間外なのでまた別の所で!

 

この先、上信越自動車道は更埴JCTで長野自動車道と分岐しますがそのまま上信越自動車道を走り続けます。

ちなみに長野自動車道に進むと出発ルートの松本市の方に向かいます。

 

f:id:watarutabi:20220513192119j:image

21:30 ここは群馬県安中市の横川サービスエリア

長野県と群馬県までなんとか入ってこれました。

 

f:id:watarutabi:20220513211830j:image

サービスエリマ内にまた桜の木が!

桜もこの旅で見納めだと思われます。


f:id:watarutabi:20220513211839j:image

このサービスエリマの近くに横川駅という駅があるんですが、その近くに峠の釜飯おぎのや本館があります。この峠の釜飯は横川の名物で大変人気な駅弁となっているそうです!

大変嬉しいことに、ここ横川サービスエリアでも峠の釜飯を頂けるみたいなので是非食べてみます。


f:id:watarutabi:20220513211823j:image

施設の中にはこんな物がありました。

模型かと思ったら実際に国鉄時代に九州で使われていた車両らしいです!


f:id:watarutabi:20220513211843j:image

そしてこちらが峠の釜飯

大変残念なことに完売しておりました。

なにせ時間が遅すぎましたね・・・


f:id:watarutabi:20220513211834j:image

この旅最後の食事はこちらの山菜そばと豚丼になりました、お値段950円

 

遅すぎる夕食も済んだのでまた上信越自動車道を走り出します。

この先の藤岡JCTにて関越自動車道で東京方面に進みます!

 

 

 

f:id:watarutabi:20220514085249j:image

23:47  疲労困憊の為またしても休憩、ここが最後の休憩だと思います。

ここは埼玉県入間郡三芳町三芳パーキングエリマ

 

f:id:watarutabi:20220514091753j:image

パーキングエリマの割には結構規模が大きいようです。

 

疲労困憊ではありますが東京まではもう少し、休憩を終えてあと少し関越自動車道を進みます。

 

 

 

f:id:watarutabi:20220514155825j:image

0:20   ついに日にちをまたいでしまいました!

ここは東京都練馬区関越自動車道の練馬ICを降りた付近。

ここからは一般道を使って川崎まで向かいます。

 

ちなみに関越自動車道は首都高とは直接つながってはなく、東京外環自動車道を経由して首都高に入る感じです。

繋げる計画はあったみたいですが渋滞の関係や近隣の住民の反対、そもそも必要性が無いかもしれない兼ね合いで工事は行われていません。

 

私は練馬ICの先にある笹目通りを南下して環八通りを経由して川崎に向かいます!

 

 

f:id:watarutabi:20220514163233j:image

1:03  ここは東京都大田区環八通りの矢口陸橋の手前

この先を左折すればお馴染みの国道1号線‼︎

ここまで来たら私の自宅はもうすぐそこになりまして、結果的に自宅には1時半ぐらいに着きました。

この日は朝から13時間弱走り、結局一泊三日になってしまいましたが楽しめたのでよしとします!!

 

 

 

まとめ

 

本日の全行程の走行距離は740km

2日間の合計で1207km  

 

掛かった旅費は14500円程

2日間の合計でおおよそ24800円

 

 

それでは、今回も最後まで回覧いただきありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北陸 ソロツーリング 1日目

 

どうもこんにちは!!

 

2022年4月9日 ソロツーリングをまた実施したのでブログを更新いたします。

 

今回は1泊2日で前回のマイバイク、BMWのF700GSで北陸を堪能する試みを致しました。

 

 

時間は深夜1:00、かなり早くに自宅の川崎区からスタート!!

 

f:id:watarutabi:20220421212051j:image

1:33  前回の近畿ツーリングでも使用したこの狩場インターから保土ヶ谷バイパスに乗り、横浜町田インターまで走ります。( こちらは無料区間 )

 

横浜町田インターからは東名阪高速道路で海老名JCTまで走り、ここから今回は圏央道を走って行きます。この辺りからは街灯が無いのでバイクの光量の少ないライトだと結構怖いですね!

 

それから八王子JCTで中央道に乗り換えし、山梨県甲府市の方面に走って行きます。

この中央道も街灯が無く、圏央道と同じく結構怖いです!

 

 

f:id:watarutabi:20220421213347j:image

2:34  こちらは中央道の山梨県上野原市に有る談合坂サービスエリアに到着!

ここで1回目の休憩とします。

 

f:id:watarutabi:20220421213711j:image

微妙な時間ですが一応朝食として・・・

談合坂サービスエリアすき家の談合坂牛丼。

お値段590円、味は至って普通のすき家の牛丼ですが少しだけ端っこに野菜が盛られています。

安定の美味しさ!

 

 

f:id:watarutabi:20220421214309j:image

結構広くてオシャレなサービスエリアだと感じます。


f:id:watarutabi:20220421214304j:image

バイク置き場の所に綺麗に桜が満開しております♪

 

私の住んでる近辺は桜が既に散り始めていたのですが、この辺りの地域は現在が見どころの様。

これなら北陸も桜に期待が大いに出来そうです。

 

この談合坂サービスエリアで40分弱の休憩をしてまた出発‼︎

 

 

山梨県の県庁所在地で最大の都市の甲府市を超えて長野県に入って行きます。

奥に進むにつれて、どんどん寒くなっていきます。

 

 

f:id:watarutabi:20220422024210j:image

4:33  ここは長野県原村の原パーキングエリア。

寒さに耐え切れずここでしばらく休憩!

もう4月というのにこの時の気温は1℃ぐらいしかありませんでした。

この前の東名高速を走っていた時よりもずっと寒い‼︎

この時間と山間なので当然と言えば当然か・・・

体の芯まで冷え切ってしまったので、ある程度回復するまで待機!

持ってきた着替えを重ね着して今できる最大限の防寒をして挑みます。

 

ある程度回復して出発する時には既に辺りは薄っすらと明るくなってきました。

 

この先中央道は諏訪湖の横を走り岡谷JCTで長野自動車道を走ります。

その先の松本インターで降り、残りは一般道で富山まで向かって行きます。(横浜町田から松本までの料金は3160円でした)

 

ただ、せっかく松本まで来たので逆方向ではありますが松本城ぐらいは少し見ていこうと思います!

 

 

 

ご覧の通り松本インターと松本城は若干離れてますが向かう道中も松本の風情ある町並みは見応えがあります。

 

 

 

f:id:watarutabi:20220423062958j:image

6:00 長野県松本市松本城に到着。

まさかここまで高速道路を使ったにも関わらず5時間も掛かってしまった!!

寒さと眠気と暗さにやられましたね・・・

それはさて置き、松本城を少し見学。

 

f:id:watarutabi:20220423114425j:image

黒屋根の美しい天守

松本城天守は、この前訪れた四国の高知城松山城と同じ、現存12天守の一つで、その中でもこの松本城は国宝に指定されており高知城松山城より更に価値の有る城といった感じでしょうか!!

現在、現存12天守の中で国宝に指定されている城は5つあります。

 

f:id:watarutabi:20220423202939j:image

松本城は1504年頃に信濃守護家の小笠原氏が建てた深志城から始まりとされ、その後1583年頃に松本城と改名されます。

1593年〜1594年、石川数正松本城の城主と任命され、数正とその息子の康長によって天守や城郭・城下町などの整備や建築がなされました。

現在存在する天守はその時に建てられた物だと考えられているそうです。

 

f:id:watarutabi:20220424132402j:image

外堀には桜が咲き誇っています!

結構綺麗です。


f:id:watarutabi:20220424132400j:image

この松本城の中は見学ができるそうです。

開放時間は8:30から16:30で料金は大人600円 子供300円とじゃらんネットでは記載されてます。

 

 

30分ぐらい素晴らしい寄り道が出来たので先に進もうと思ったんですが、高速道路で眠気と疲れに大分やられてしまいましたので松本インター近くにあった自遊空館で仮眠をする事に!!

早く家を出たのに勿体ないですが事故を起こす危険もあるので致し方なし・・・

 

 

それから1時間程の仮眠を済ませ、元気を取り戻したので再び出発!

ここからは国道158号線をひたすら走って行き、北アルプス(飛騨山脈)を超えて富山県に向かいます。

 

f:id:watarutabi:20220424204448j:image

9:00  ここは158号線沿いにあった松本市の稲核郵便局。

ゆうちょのATMで現金を下ろします。

 

ここから先は本格的な山間区間になってきます!

ただ、峠道といった険しい感じでは無く、思ったより走りやすい感じでした。

気温も日差しが出ているので10℃を切るようなことはなく、早朝の辛さをまた味わう事なく走れそうです。

 

 

 

f:id:watarutabi:20220425130209j:image
f:id:watarutabi:20220425130206j:image

9:30 ここは松本市の安曇(あずみ)で上高地の手前辺りです!

ここに流れる川は硫黄の成分が溶け込んでいると思われ黄色く濁っており、硫黄の温泉の香りが漂っております。

こんな光景は北海道の登別温泉でも見ましたね‼︎

 

 

そこから先、国道158号線安房トンネルと言う5kmぐらいの長いトンネルに入ります。

この安房トンネルは有料区間になりまして、バイクと軽自動車は620円、普通車は790円となるそうです。

 

また、安房峠と言われる一般道を通ればこの有料区間は回避できるのですが、この時期は通行止めになっておりまして現状通る事ができません!

ただ、この峠は道幅の狭い過酷な道らしく、トンネルが開通する前はバスなどもこの峠道を走る為にとてつもなく渋滞をしていたらしいです。

 

私は選択の余地なく安房トンネルをくぐり、先に進むことに!

その先は長野県松本市から岐阜県高山市に入ります。

 

f:id:watarutabi:20220425205901j:image

9:42  安房トンネルを超えて岐阜県高山市の平湯料金所トイレになります。

ここは標高1300mぐらいの区間で雪がまだ残っていました。(この時は道路の積雪や凍結は無く走行に問題はありませんでした)

また、ここらへんの地域は奥飛騨温泉郷と言われ、この平湯温泉を含め様々な温泉地があるのです。

 

ここから先は国道471号線を走しり富山県に向かいます。

 

 

その道中に良さげな道の駅を発見したのでちょっとだけ休憩。時刻は10時ぐらい

 

f:id:watarutabi:20220425213704j:image

道の駅 奥飛騨温泉郷上宝

オートキャンプ場が併設されています。

 

f:id:watarutabi:20220426052905j:image

この道の駅でこちらの奥飛騨ワッフルを購入、お値段330円

凍っているので溶かす必要があります。

溶かしている時間も無いので私は半解凍の状態で食しました。

 

朝食も済んだので出発!

ここから先の471号線は綺麗な高原川に沿って走って行きます。

 

その後、T字路を右折して今度は国道41号線富山市街地までひたすら走ります。

 

f:id:watarutabi:20220426184534j:image

11:15  長野県松本市から2時間半ぐらい走り、富山県に入りました。

一応ここも富山市ですが富山の市街地まではまだ先になります。

写真の右手に流れる川は一級河川神通川で、この辺りで高原川と宮川で合流して神通川となり富山湾まで流れます。

この神通川流域では昔、日本の高度経済成長期に四大公害病イタイイタイ病が発生した痛ましい歴史があります。

 

 

そして、この地点から走る事40分ぐらいで殆ど山間の区間は終わり、段々と町らしくなっていきます‼︎

 

f:id:watarutabi:20220426192440j:image

12:30  富山県富山市のJR富山駅前に到着!!

北陸新幹線も止まる綺麗で立派な駅ですね。

 

結局自宅からここまで12時間弱掛かってしまった・・・

 

そんな事はさて置き、せっかく富山まで来たのでバイクを駐車場に入れて町を散策します。

 

f:id:watarutabi:20220426204708j:image

f:id:watarutabi:20220426204807j:image

富山市の人口は41万人程。

駅周辺は結構栄えており、ホテルや飲食店など多く都電なんかも走っています。

この富山市は2005年の7市町村による新設合併により、かなり面積が広くなったそうで、富山県の29%ぐらいを占めているんだとか!

実際に全国の県庁所在地の中では2番目に広い(1番は静岡市)面積になります。

ちなみに日本一広い市区町村は先程通った岐阜県高山市で、東京都とほぼ同じ大きさらしいです!

 

 

f:id:watarutabi:20220427060249j:image

とりあえず駅近くにあったこのラーメン屋で昼食を頂きたいと思います。

 

f:id:watarutabi:20220427062705j:image

富山駅を一望できるカウンター席!

そしてこれが富山のご当地ラーメンの富山ブラックです。お値段はライス込みで900円

この真っ黒なスープはかなり塩気の濃い味付けですが、博多ラーメンや家系ラーメンのようにこってりと言うよりあっさり系です。

『言うなればメッチャ味の濃い醤油ラーメンです』

かなり塩辛いのでライスは必須!

富山ブラックをおかずにご飯を食べるスタンスなんだそうです。

麺は太めの麺、揚げ玉はこのお店のオリジナルだと思います。

 

正直に言うと好みはかなり分かれると思います!!

ちなみに私の好みではありませんでした。(あくまでも不味いとは言いません)お店の特性の焼豚は美味しかったです。

 

f:id:watarutabi:20220427120406j:image

食事も済ませたので散策を再開‼︎

この時の気温は25℃、早朝と打って変わって結構暑いです。

この変わった建物は富山市役所になります。

 

f:id:watarutabi:20220427120746j:image

この富山市役所と富山城址公園ので間に流れる川は松川と言います。

川沿いに桜が綺麗に咲いてます!


f:id:watarutabi:20220427120743j:image

ここは松川公園として日本の桜名所100選に選ばれてます。

遊覧船もあるみたいですね!

 

 

f:id:watarutabi:20220427184445j:image

駅前から歩いて10分くらい、ここは富山城址公園になります。

奥に見える天守閣は大阪城天守閣と同じく博物館となってまして、1954年に模擬天守として建てられ、2004年に国の有形文化財となってます。

 

f:id:watarutabi:20220427203827j:image

富山城は1543年に越中神保長職(じんぼうながもと)により築かれたと伝えられています。

その後、1560年に上杉謙信神保長職が敗れ、富山城は上杉家の支配下に置かれます。

それから上杉氏、神保氏、一向一揆佐々成政、前田氏、と城主が入れ替わり立ち替わり、明治6年1873年に廃城となりました。

その怒涛の歴史の中で改修、破却、再建と何回かあったようで、歴史的に(1849年)残っているのは富山城址公園の東側にある千歳御門ぐらいだそう!

 

そんな感じでおそらく創建当時の面影は全く無いと思われる富山城ですが、博物館、美術館などが有る綺麗な公園に整備されており、現在に至っても富山のシンボルと言っていいでしょう。

 

 

1時間半くらい富山駅周辺を観光したので次の目的地の石川県に向かいます。

 

ここから石川県はそんなに遠くは無いので一般道を走ることに。

大きな主要道路の国道8号線を使って西の方に行きます。

 

北陸に入ってよく見にするラーメン屋がありまして、その名は8番ラーメン!

北陸では超メジャーなラーメン屋とのこと。

創業時の本店が国道8号線に面していたので8番ラーメンらしいです。

関東にはまだ出店もしていないので大変気になりはしたんですが、今回は食べずにパスしました。

また北陸に行く事があればその時に是非!

 

その後、富山市から高岡市に、国道8号線から国道160号線に入り北上、途中のローソン高岡長慶寺でトイレ休憩。

高岡市から氷見市に入り、国道415号線でまた西に進み、石川県の羽咋市に入りました。

 

次なる場所は千里浜なぎさドライブウェイ!

 

北陸に来たら必ず訪れたいポイントだと個人的には考えてました。

砂浜を自動車やバイクで走れる名所です。

 

f:id:watarutabi:20220429210920j:image

15:50  自分のバイクでこの砂浜を走る夢が叶いました!

確かに硬くてしっかりした砂なので安定して走れます。

 

f:id:watarutabi:20220430052648j:image

このように海岸線の砂浜の波打ち際を一般の車両で走れるのは日本では唯一ここだけになります。

大型の観光バスもこの砂浜を走行する事が可能!

 

この千里浜の砂は一般の砂よりも砂粒が半分程度できめ細かく、その砂が海水を吸って舗装道路のように固くなっているそうです。

 

f:id:watarutabi:20220430063332j:image

千里浜なぎさドライブウェイは、のと里山海道の千里浜ICと今浜ICとの間に全長8km程伸びていて、写真の所は今浜IC側の出口。

有名スポットなだけあってバイクや車は結構走ってました。

 

そのまま出口を出て、ガソリンの残量がヤバイので一旦給油します。

かほく市高松のシェルで給油 L174円 16.2Lで2819円になりました。

 

給油完了後、高松ICからのと里山街道に入り、金沢市に向かって行きます。

のと里山街道は無料の自動車バイパス区間になり、この時は道も混んでは無いのでかなり快適に走る事ができ、1時間程で金沢市街地に到着できました。

 

 

f:id:watarutabi:20220501081633j:image

17:10  ここは金沢駅の近くに有る金沢セントラルホテル。

本日はここで一泊!

料金はネット予約の素泊まりで4100円

バイクもホテルの前に停めさせてもらえました。

 

f:id:watarutabi:20220501083250j:image

お部屋は一人ですがダブルルームになりました。

中は一般的なビジネスホテルですね!

このホテルにはそこそこ広い大浴場も付いておりコスパは良いかなと思います。

 

それでは日が沈む前に金沢観光!

まず金沢駅前通りを歩いて行きます。

 

f:id:watarutabi:20220501085715j:image

ここは金沢表参道

時間も遅いので閑散としてます。

 

f:id:watarutabi:20220501133222j:image

ここは近江町広場

開場300年の歴史ある市場。

170店程のお店が立ち並び『金沢市民の台所』と言われています。

 

f:id:watarutabi:20220501134705j:image

時間も遅いせいかここも閑散としてます。

朝からお昼ぐらいまでは大変賑わっている筈です⁉︎

 

f:id:watarutabi:20220501135308j:image

ここは尾崎神社

金沢城公園の北西の角っこにある神社!

 

f:id:watarutabi:20220501194000j:image

こちらは鼠多門と鼠多門橋

ここから金沢城公園の中に入れます。

この門と橋は2020年の7月と最近復元工事が完了したそうです。

 

f:id:watarutabi:20220501194343j:image

ここは尾山神社の入口、尾山神社の東神門

こちらから先程の鼠多橋を渡って金沢城公園につながる感じです。

 

f:id:watarutabi:20220501195248j:image

案内板がありました。

見ての通り金沢城公園と兼六園を合わせるとかなり広いです‼︎

今回はこの先の玉泉院丸口から金沢城公園に入ります。

 

f:id:watarutabi:20220501213701j:image

ここは玉泉院丸庭園

復元された庭園で2015年に完成したそうです。

 

f:id:watarutabi:20220502061957j:image

金沢城は1546年に金沢御堂として創建されたのが始まり、1580年に金沢御堂が攻め落とされ、跡地に金沢城を建城し佐久間盛政が城主になりました。

その後、1583年賤ヶ岳合戦の後、前田利家金沢城に入城し、それから明治時代まで加賀藩主前田氏の居城となります。

 

f:id:watarutabi:20220502182456j:image

こちらは橋爪門

こちらも平成になって復元されたらしいです!

 

f:id:watarutabi:20220502194020j:image

こちらは菱櫓・橋爪門続櫓・五十間長屋

2001年に復元された物になります。

金沢城には現状、天守閣が存在しません!

1602年に落雷で全焼してしまい、それから再建されることはありませんでした。

その後、天守のあった本丸から二の丸に中心を移し、大規模な御殿を創建しました。

そんな二の丸御殿も江戸時代に二度の火災で焼失、再建をしていきましたが明治14年(1881年)に焼失を最後にその姿を消しました。

しかし、現在その二の丸御殿も復元整備事業に着手しているとのことです。

 

f:id:watarutabi:20220502201650j:image

これは石川門で国の重要文化財です。( 門の写真を撮りたかったんですが人がかなりいたので断念しました・・・)

金沢城公園には他に三十間町屋、鶴丸倉庫が国の重要文化財に指定されており、石川門含め3つ存在します。どれも江戸時代に建てられ現存している建物とのこと!

 

f:id:watarutabi:20220502205318j:image

ここは石川門を出た所に掛かる石川橋

下にはお堀通りと呼ばれる道路が通ってます。

名前からしても昔はこの下はお堀として水を張っていたと思われます!

 

f:id:watarutabi:20220502205758j:image

石川門から石川橋を渡って直ぐの所、こちらは日本三大庭園の一つ兼六園!!

江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。

中に入るのは有料で、大人320円 子供100円とホームページに書いてます。

私も是非、中に入って見学したかったんですが桜の満開と土曜日と重なり超激込み‼︎

せっかくここまで来たのに入るのを断念してしまいました・・・

 

f:id:watarutabi:20220502212427j:image

兼六園は日本の桜の名所100選に含まれるようで、この辺には桜がかなり咲き誇ってます!

兼六園の中はもうちょっと人混みが落ち着いている時に入りたいと思います。

 

f:id:watarutabi:20220502212843j:image

18:20  金沢城も散策したのでホテルに戻りたいと思います。

ここからホテルまでは地味に遠いです!

 

f:id:watarutabi:20220503062823j:image

金沢は人気の観光地だけあって歩いているだけで楽しいです。

今度は金沢も1日かけて散策してみたいですね!

 

 

f:id:watarutabi:20220503065219j:image

ここで夕食。

金沢のB級グルメ金沢カレーのお店、ターバンカレーです。

金沢カレーはあのゴリラの看板が目立つゴーゴーカレーで結構メジャーな存在だと思いますが、そのゴーゴーカレーの創業者の宮森宏和社長は、このターバンカレーで修行したのちに独立したそうです。

そして2019年にターバンカレーは長期的な事業継続が難しくなり、お店の名前と味はそのままにゴーゴーカレーグループと統合しました。


f:id:watarutabi:20220503065144j:image

こちらがターバンカレーのロースカツカレー 750円

ターバンカレー限らず金沢カレー自体が好みが分かれる味とは思いますが、私は美味しいと思います。

 

 

f:id:watarutabi:20220503174128j:image

夕食も済んだので金沢の街の雰囲気を楽しみながらホテルに歩いて帰ります。

 

f:id:watarutabi:20220503174353j:image

ご存じの通り、金沢は北陸の中で最大の町!

人口46万人程の都市になりますので駅周辺は大きく栄えてますね。

 

f:id:watarutabi:20220503183807j:image

19:15 ホテルに戻る前に最後に金沢駅に立ち寄り!

こちら金沢駅のシンボル、鼓門ともてなしドーム

金沢に来たら絶対に見ておきたいと思っていた所です。

 

f:id:watarutabi:20220503184545j:image

どこまでも派手でカッコイイ駅ですね!

金沢来てよかったです。

 

f:id:watarutabi:20220503185050j:image

19:40  金沢の街を歩いて堪能してホテルに戻ってきました。

ホテルからの景色も中々良いものです!

 

長距離移動と睡眠不足で疲労困憊なので大浴場に入ってビール一杯飲んで今日は直ぐ寝ます。

 

今回は一泊二日なので明日には自宅の川崎に帰ります。

 

 

まとめ

 

本日の全行程の走行距離は462km

 

掛かった旅費は14500円程

 

それでは、今回も最後まで回覧いただきありがとうございます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近畿ソロツーリング おまけ

どうもこんにちは!

 

私は2022年3月25日から4日間かけて近畿ソロツーリングを実施しておりまして、その大阪の帰り道を国道1号線だけで川崎まで帰る旅をしていました。

 

ただ、国道1号線は大阪の梅田新道から東京の日本橋まで繋がってますが、私はその時は川崎市で終わらせてしまいました。

 

その事がどうしても心残りであった私は2022年4月18日、一ヶ月ぐらい経ってしまいましたが国道1号線の残りの区間を走行したので、近畿ソロツーリングのおまけとして記事を書き足しました。

近畿ソロツーリングと言うよりは、国道1号線ツーリングの延長戦みたいなもんです!

 

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3f/Japan_National_Route_1_Map.png

 

おさらいしますと、私は国道1号線を大阪から京都⇒滋賀⇒三重⇒愛知⇒静岡⇒神奈川と渡って来ました。

そして、最後の東京の区間をまた川崎市からスタートします。

 

f:id:watarutabi:20220418160316j:image

5:55  ここは川崎市幸区の尻手交差点

前回はここを曲がって川崎駅で終了しました。

ここから残りの国道1号線は20キロちょとぐらい

消化試合みたいなもんです!

 

 

そこから10分弱走った所、多摩川多摩川大橋を渡ります。

 

f:id:watarutabi:20220418180059j:image

この橋を渡ればそこは東京都の大田区です。

やはり川崎市は即終了しました!

 

f:id:watarutabi:20220418180526j:image

バイクを降りて少しだけ橋の見学をする事に( 写真もその時に撮った物です。)

橋の手すりに県境の案内板を発見。

 

f:id:watarutabi:20220418181048j:image

立派な橋で景色も中々良いです!

多摩川は川自体もそれなりに大きいですが、河川敷がやっぱり広いですね。

 

そんな感じで、これから国道1号線は東京都を進んで行きます。

 

 

f:id:watarutabi:20220418183021j:image

ここは大田区の矢口、もう既に20kmを切りました。

 

そこから更に進みますと品川区に入ります!

 

 

f:id:watarutabi:20220418183613j:image

6:49  ここは品川区戸越にある戸越銀座。

1.3kmの都内で一番の長さを誇る商店街みたいです。

 

 

f:id:watarutabi:20220418205738j:image

ここは国道1号線で通過するJR山手線の五反田駅から少し進んだ所。

品川区の西五反田になります!

この辺りから都会感が増していきます。

 

余談ですが結構有名な話で、JR山手線の品川駅は品川区ではなく港区になります。

またJR山手線の目黒駅は目黒区ではなく品川区になります。

 

f:id:watarutabi:20220418211645j:image

7:00  東京都港区に入って来ました。

ここは高級住宅地のシロガネーゼと呼ばれる港区の白金付近です。

ここ1号線の下には地下鉄の白金高輪駅があります。

 

この辺りから国道1号線は全然真っ直ぐでは無くなり、かなり分かりづらいので青い標識をしっかり確認して進みましょう。

 

 

f:id:watarutabi:20220418213056j:image

ここは港区の三田になります。

少し過ぎてしまいましたが国道1号線の進行方向左手

に、あのラーメン二郎三田本店がありました。

朝8:30からの開店らしいですが、開店前にかかわらず数名の方が並んでました‼︎

流石、相変わらず人気の二郎ラーメン、私も好物です。

 

それはさておき国道1号線はこの先左に曲がります。

 

f:id:watarutabi:20220418214823j:image

左に曲がると東京タワーがお出迎え!

日本橋も後わずか6km。

この先国道1号線は東京タワー左側に進んで行きます。

 

 

f:id:watarutabi:20220418213023j:image

7:17  東京都千代田区霞ヶ関まで来ました。

この辺りは日本の行政機関の庁舎が建ち並んでおり、写真に写って無いですが右手に法務省、左手に警視庁があります。

 

f:id:watarutabi:20220418230753j:image

これがその左側にある建物で法務省旧本館の赤れんが棟になります。

この建物の隣には東京地方裁判所があります。

 

国道1号線はこの先の桜田門を右に曲がり皇居をなぞる様に進みます。

 

f:id:watarutabi:20220419073807j:image

ちょっとだけ見学。これが皇居の桜田門

国の重要文化財で、『桜田門外の変井伊直弼の暗殺事件が起こった場所です。

 

f:id:watarutabi:20220419084132j:image

案内板もありました!

正式には外桜田門といわれるそうです。


f:id:watarutabi:20220419084135j:image

昔は江戸幕府の本拠地として、現在は天皇家のお住まいとして、皇居はここ千代田区に存在します。

昔は勿論、ここに江戸城天守が建っていたわけですが、1657年の明暦の大火により天守とその他城内の建物が焼失し、天守はその後も再建される事なく現在に至るそうです。

 

f:id:watarutabi:20220419132246j:image

ここからあの国会議事堂も見えます!

ここから先の国道1号線国道20号線と重複します。

 

 

f:id:watarutabi:20220419132823j:image

ここは千代田区丸の内の馬場先門交差点。

左側には地下鉄の日比谷線駅と皇居外苑が広がります。


f:id:watarutabi:20220419204842j:image

右側の特徴的な建物は明治生命館

 

日本橋まで後わずかですが、この辺りで国道1号線をそれて寄り道します。

 

 

f:id:watarutabi:20220420120730j:image

こちらは東京駅の丸の内口になります。

東京都の中心の駅と言って間違いないでしょう‼︎

なんとこの東京駅からは乗り換え無しで33都道府県に行けるらしいです!

この美しいレンガ作りの駅舎である東京駅は1908年に建設が始まり、1914年に東京駅として開業。

その後、東京大空襲によりこの丸の内駅舎の屋根や内装が焼失してしまいましたがその後、復興工事により当時の姿と少し変わる形となりますが修復。

2003年には国の重要文化財に指定され、2007年には1914年当時の姿に戻す為の復元工事が行われ、2012年に完成し現在に至ります。

 

f:id:watarutabi:20220420201748j:image

この辺りはまさに大都会!

日本一の都市の規模は伊達じゃ無いですね、どこを見ても高層ビルが建ってます。

 

f:id:watarutabi:20220420202136j:image

丸の内口にはこんな銅像がありました。

この方は井上勝と言う名前で、日本の鉄道の父と呼ばれた偉人だそうです。

 

 


f:id:watarutabi:20220420205442j:image

東京駅を拝んだので残りわずかな国道1号線をまた走行!

この大手町交差点を右折します。

 

f:id:watarutabi:20220420205958j:image

ここが最後の日本橋交差点!!

ここを左折したらもう日本橋です。

 

 

 

 

f:id:watarutabi:20220420210441j:image

8:00  大阪の梅田新道の交差点から570kmぐらい走り遂に日本橋に到着!!

 

川崎からの再開なので完走と言うとなんとも微妙な感じが否めませんが私的には満足です。

 

f:id:watarutabi:20220420211358j:image

この周辺は日本銀行本店本館や三井本館、日本橋三越本店本館といった国の重要文化財に指定されている建築物が多く存在します。

江戸時代初期から歴史ある町で、江戸時代の五街道の起点であり、江戸の交通や物流の重要な場所だったらしいです‼︎

現在この日本橋からは国道1号線を含め7本の国道の起点となっています。

その中には青森まで続く、日本一長い国道の4号線も入ってます。

 

 

f:id:watarutabi:20220421062840j:image

f:id:watarutabi:20220421063308j:image
f:id:watarutabi:20220421063305j:image

 

青銅製の麒麟や獅子を装飾した石造りの立派な橋!

この橋の上にはご覧の通り首都高都心環状線か通ってしまっていますが、現在この高速道路を地下に移す為の工事が進められている様です。

 

f:id:watarutabi:20220421064828j:image

f:id:watarutabi:20220421064916j:image
f:id:watarutabi:20220421064913j:image
f:id:watarutabi:20220421064919j:image

こちらは東京市道路元標!

日本橋と共に国の重要文化財に指定されています。

当時は日本橋の真ん中に建っていたとの事ですが、現在はここ元標の広場に移設されています。

 

f:id:watarutabi:20220421114525j:image

そして、こちらが現在使われている日本国道路元標になります。

こちらは元標の広場にあるレプリカですが、目の前にある日本橋のセンターラインに本物が埋め込まれています。

青い標識などで東京○○kmと目にする事があると思いますが、それはまさにこの場所を指している事になります。

 

 

以上でこの国道1号線のツーリングは終了になります。

 

道路状況にもよるとは思いますが梅田新道交差点からこの日本橋まで殆ど休憩しなければ1日以内には完走できると思います。勿論オススメはしません!!

ちなみに私は宿泊の時間を含まないで約26時間ぐらいで完走しました。

その点を踏まえて感想としては、東海道新幹線や高速道路は偉大だなと感じましたね‼︎

 

そんな感じで、最後まで回覧いただきありがとうございました!