東北 一人旅 7日目

どうもこんにちは!!

 

9月23日 東北の旅七日目となります。

 

 

 

本日は白河小峰城跡に寄った後、国道4号線を使って自宅の川崎まで帰ります!!

 

f:id:watarutabi:20231219205810j:image

7:35 スマイルホテル白河をチェックアウト。

本日も残念なことに小雨が降っています・・・

 

f:id:watarutabi:20231222131131j:image

7:50  ホテルから走る事10分程で白河小峰城に到着!

少し戻る感じにはなりますが、ホテルから近かったので寄ってみました。

 

f:id:watarutabi:20231222205928j:image

f:id:watarutabi:20231222205939j:image

城内は広場になってまして駐車場は無料でした。

本丸らしき所に入るのは有料で、この時間は入れませんでした。

 

f:id:watarutabi:20231222132024j:image

こちらの白河小峰城も国の史跡に指定されており、日本百名城に選定されています。

 

f:id:watarutabi:20231222205858j:image

現存する建物は殆んどないそうで、こちらの天守閣に相当する三重櫓は1991年に木造復元されたそうです。(木造で復元されたお城としてはこちらが初めてとのこと)

 

 

f:id:watarutabi:20231222211908j:image

8:05  白河小峰城を少しだけ散策したので自宅の川崎に向けて走ります。

 

f:id:watarutabi:20231222212441j:image

せっかくなので節約も兼ねて、こちらの国道4号線を使って東京方面に向かいたいと思います‼︎

 

f:id:watarutabi:20231222212634j:image

宿泊したスマイルホテルを通り過ぎます。このホテルは国道4号線の下り沿いにありました。

 

f:id:watarutabi:20231222212932j:image

f:id:watarutabi:20231222213019j:image

8:22  こちらの黒川の栃福橋を渡り福島県白河市から栃木県那須町に入りました。

これで東北地方とはお別れ。是非またいつか走りに来たいと思います!!

 

f:id:watarutabi:20231222213415j:image

この道周辺は中々自然あふれてますね。那須町那須高原や茶臼岳なんかが有名で、温泉もあるようです!

 

f:id:watarutabi:20231222214807j:image

雨が止んだので雨具を脱ぎました。

東京まで163km、まだまだ先は長いですね〜

 

 

f:id:watarutabi:20231224110947j:image

9:00  那須町から那須塩原市に入ってます。

この周辺はロードサイド店舗が栄えてます‼︎

 

f:id:watarutabi:20231224112046j:image

国道4号線は一瞬だけ大田原市に入ったあと、矢板市へと入って行きます。

この辺りからいわゆる関東平野に入っていくとのだと思われます。(実際には那須町を超えた辺りから山っぽい区間はありませんでしたね)

 

f:id:watarutabi:20231224112521j:image

9:48  矢板市からさくら市に入りました。

この周辺もロードサイド店舗が充実してますね〜

 

 

f:id:watarutabi:20231224211048j:image

国道4号線さくら市から高根沢町に少しだけ入ります。ちなみにこちらの川は鬼怒川という川です。

 

f:id:watarutabi:20231225210348j:image

鬼怒川を渡るとようやく栃木県の県庁所在地の宇都宮市に入ります。

せっかくなので宇都宮の中心地に寄ってみることにしました。

 

f:id:watarutabi:20231225210657j:image

10:30  JR宇都宮駅に到着!

もはや東北とは関係ありませんが、少しだけ周辺を散策してみたいと思います。

奥に見えますのは2022年8月に開業いたしました複合施設『ウツノミヤテラス』

 

f:id:watarutabi:20231226074631j:image
f:id:watarutabi:20231226074625j:image

こちらは駅の東口になりまして、ライトレール開業に伴い新開発されてます。

祝日ともあって沢山の人で賑わってますね!

 

f:id:watarutabi:20231226204057j:image

こちらが2023年8月に開業いたしました『宇都宮ライトレール』

75年ぶりの新たな路面電車とのことで近未来的なデザインでカッコイイです‼︎

 

f:id:watarutabi:20231226204848j:image

駅の西口側にも来てみました。

ちなみにこちらの像は『宇都宮餃子像』 餃子の街・宇都宮のシンボルだそうです!

 

f:id:watarutabi:20231226205223j:image

宇都宮市の人口は2022年の推計で51万人程で、栃木県のみならず北関東で最大の都市となってます。

 

f:id:watarutabi:20231226205626j:image

実際にみてもかなり栄えているのがわかります‼︎

ちなみにあの特徴的なモニュメントは『ひびき』と呼ばれる彫刻となってます。

 

f:id:watarutabi:20231226213515j:image

11:00 せっかく宇都宮に来たので餃子を食べました。

駅舎内にある宇都宮餃子館パセオ店で餃子12個とライスを注文。940円

やっぱり餃子は美味しいですね♪

メニューも豊富で、いろんな味の餃子がありました。

 

 

f:id:watarutabi:20231228123934j:image

11:25  昼食も済ませたので川崎に向けてまた進みましょう!

こちらは東口にある市営の駐輪場なのですが、素晴らしいことに大型バイクも4時間は無料で止めることができました。

 

f:id:watarutabi:20231228125329j:image

こちらのライトレールが走る柳田街道(県道64号線)を

通って国道4号線に再び戻ることにしました。

 

f:id:watarutabi:20231228125659j:image

11:47 国道4号線に復帰いたしました。

この先はバイパスのような区間がしばらく続きます。

 

f:id:watarutabi:20231230214305j:image

12:15  栃木県の小山市を走行中。

小山市は人口16万人程の栃木県で第2の都市となるそうです!

 

f:id:watarutabi:20231230215222j:image

12:20  小山市から茨城県結城市に入りました。

ただこの先で国道4号線は再び栃木県の小山市に入りまして、その後茨城県古河市(こがし)に入ります。

 

 

f:id:watarutabi:20231231120555j:image

こちらの大きな川はお馴染みの利根川!!

こちらを渡り古河市から五霞町(ごかまち)に入ります。

ちなみにこのあたり周辺は栃木県、茨城県、千葉県、埼玉県と4つの県境が入り組んでいます。

 

f:id:watarutabi:20231231121548j:image

12:50  国道4号線沿いにあった『道の駅 ごか』でまた少し休憩。

祝日ともあり、多くの人で賑わっていました‼︎

 

f:id:watarutabi:20231231122029j:image

13:05  茨城県五霞町から埼玉県の幸手市(さってし)に入りました。

国道4号線はこの後、杉戸町から春日部市へと埼玉県を進んで行きます。

 

f:id:watarutabi:20231231195823j:image

14:25  春日部市から越谷市に入りました。

越谷市は日本一の規模を誇るショッピングモール「越谷レイクタウン」がありますね!

 

f:id:watarutabi:20231231200622j:image

14:00 越谷市から草加市に入りました。

途中の草加市内にあった国道4号線沿いの「油」という看板が特徴的なガソリンスタンドで給油。リッター181円 2340円分の給油

 

f:id:watarutabi:20231231202144j:image

14:25 国道4号線はこちらの毛長掘橋を渡り、埼玉県の草加市から東京都の足立区に入りました。

ちなみに足立区は私の出身地です!!

 

f:id:watarutabi:20231231201156j:image

ただいま国道4号線の千住新橋で荒川を渡ってます。奥にはスカイツリーも見えてます!

旅の終わりがもう近いですね・・・

 

 

f:id:watarutabi:20231231203702j:image

14:57  こちらは国道4号線秋葉原の近く、この先で国道4号線は右手に曲がり日本橋に入って行きます。ただ今回は国道4号線の制覇という感じでも無いので、私は日本橋には行かずにそのまま先に進みました。

 

f:id:watarutabi:20231231204300j:image

丁度15時頃に国道4号線は終了となりまして、都道316号線に入ってます。

休憩などを抜いたら大体6時間くらいで白河からここまで来れた感じですね!!

 

f:id:watarutabi:20231231205245j:image

後はこの第一京浜(国道15号線)を使って川崎まで帰りましょう。

それにしても東京はやっぱり大都会ですね〜

 

f:id:watarutabi:20231231204956j:image

こちらはJR品川駅。

有名な話ですが、品川駅は品川区ではなく港区にあります‼︎

 

f:id:watarutabi:20231231213026j:image

15:50 国道15号線六郷橋多摩川を渡り東京都大田区から神奈川県川崎市に入りまして、最終的に自宅には16時頃の到着となりました。

今回も無事に自宅に帰宅することができましたね!

 

 

これで東北の旅全肯定は終了となります!!

天気に見舞われない場面もただありましたが、とても楽しめましたね。

東北にはまだ行きたかった場所が沢山残ってましたので、エコーラインのお釜のリベンジも含め必ずまた訪れたいと思います。

 

 

まとめ

7日目の走行距離 215km
7日目の旅費   約3400円

 

 

f:id:watarutabi:20231231215916j:image

一応簡単に今回の東北の旅の道筋をなぞってみました。(日にち毎に色を分けてます)
 

今回の旅の全肯定の走行距離は2513km

使った旅費は約81500円

九州一周間の旅に比べてフェリーを使ってないので結構旅費が安上がりになりましたね!

距離はその分だいぶ伸びました。

 

そんな感じで東北の旅は以上となります、最後まで見ていただきありがとうございました♪

 

 

※以下の料金や営業時間などは2023年9月のものです

 

 

 

 

 

東北 一人旅 6日目

どうもこんにちは!!

 

9月22日 東北の旅六日目となります。

 

 

 

本日は蔵王エコーラインを走り、会津若松によった後に福島県白河市に向かいます!!

 

6:15  宿泊していたホテルをチェックアウト。

再び国道13号線を南下して山形市方面に向かいます。

 

 

f:id:watarutabi:20231205132928j:imagef:id:watarutabi:20231205132932j:image

約30分程で山形市の市街地に入りました‼︎

これから山形駅の近くにある山形城跡にいきます。雨は降らない予報ですが、あいにくの曇り空です・・・

 

f:id:watarutabi:20231204183518j:image

6:50  霞城公園(山形城跡)に到着!

こちらに無料の駐車場がありましたので、お城とその周辺を散策してみたいと思います。


f:id:watarutabi:20231204183523j:image

霞城公園山形市の中心に位置し、かなり広い敷地の中に体育館や博物館などの施設が併設されています。

 

f:id:watarutabi:20231204204413j:image

山形城は1356年頃に初代最上氏の斯波 兼頼(しば かねより)によって築城されたのが始まりとされ、霞城(かじょう)、霞ヶ城(かすみがじょう)とも呼ばれているとのこと。

調べた感じだと現存する遺構はあまり無いようですが国の史跡に指定され、日本100名城に選定されています。

 

f:id:watarutabi:20231205202441j:image

こちらの南大手門が山形駅から一番近い出入り口となります。少しだけ山形駅周辺も見てみましょう!

 

f:id:watarutabi:20231205202841j:image

こちらが山形駅!!

新幹線も止まる立派な駅舎ですね。

山形市の人口は2022年の推計で24万人程、山形県の中では一番人口の多い町ですが、東北地方の県庁所在地では一番低い人口規模です。

県全体的には東北地方の中では上から5番目となり、

秋田県より少し多く104万人程です。

 

f:id:watarutabi:20231206113806j:image

駅前にあるこの立派な建物はやまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)

コンサートなどのイベントをやる大きなホールです。

 

f:id:watarutabi:20231206114922j:image

駅前にさらに特徴的な建物がありまして、こちらは霞城セントラルという総合複合施設。

商業施設ほか、ホテルや映画館、オフィス、公共施設、などが併設された巨大な施設となってます。(無料の展望台なんかもあるとのこと)

 

 

f:id:watarutabi:20231206194232j:image

7:35  とりあえず山形城と山形駅を見れたので先に進みましょう‼︎

東北で一番人が少ない県庁所在地とはいえ、それなりに栄えてますね。

 

f:id:watarutabi:20231206194931j:image

道中に立派な建物を発見!

こちらは山形郷土館(文翔館)という建物。大正5年に建てられ、昭和59年まで県庁舎・県会議事堂として使用されていました。

現在は国の重要文化財に指定されており、素晴らしいことに無料で入館することができます。(私は今回中には入りませんでした)

 

 

f:id:watarutabi:20231206232204j:image

山形市の市街地を抜けてきましたね。

これから蔵王エコーラインに行く前に気になる所があったので寄ってみることにしました!

 

f:id:watarutabi:20231207085918j:image

8:05 西蔵王展望広場に到着!

来たはいいものの、なんとも最悪なことに雨が降ってきました・・・

景色も曇ってしまって何も見えませんので、しばらく待ってみることにしましょう。

 

 

f:id:watarutabi:20231207125613j:image

待つこと30分ぐらい、雨も止んで美しい景色がはっきりと見えました!!(晴れていれば尚良かったのでしょう)

この感じだと夜景も楽しめそうですね。


f:id:watarutabi:20231207125610j:image

試しに寄って見ましたが、山形市を一望できる素晴らしい所でした。個人的にはとてもオススメなスポットです。

 

f:id:watarutabi:20231207194824j:image

さらにもう一ヶ所、蔵王エコーラインに入る前に蔵王温泉に寄ってみたいと思います。

 

 

f:id:watarutabi:20231207195209j:image

8:55  蔵王温泉に到着!

ちなみにこちらの施設はバスターミナルとなってます。

 

f:id:watarutabi:20231208061633j:image

こちらの霊温碑がある無料駐車場を利用させていただきました。1時間以内で共同浴場や朝市専用と書いてありました。

 

f:id:watarutabi:20231208062110j:image

こちらが高湯通りの蔵王温泉の街並み!

正に温泉街って感じですね〜


f:id:watarutabi:20231208062105j:image

駐車場から坂を降りた所、こちらが蔵王温泉の下湯共同浴場となります。

無人なので箱にお金を入れるタイプで、料金は200円でした。勿論シャワーなどは有りませんが、綺麗なトイレがあります。

私はこちらを利用しましたが、硫黄の香りが強いアツアツのいいお湯でしたね‼︎

蔵王温泉にはこちら以外にも、上湯、川原湯と3つの共同浴場があります。

 

f:id:watarutabi:20231208205458j:image

こちらの小さい滝はどんどんびき(見返り滝)

湯気が立ってるのが温泉地っぽいですね〜

 

f:id:watarutabi:20231208210022j:image

高湯通りの坂を再び登り戻ってまいりました。

奥に見えますのが共同浴場の上湯、更に奥には酢川温泉神社という神社があります。

 

f:id:watarutabi:20231208210509j:image

最後に駐車場からバイクに乗って次に向かおうとした時、野生動物を発見!! こちらにはおそらく気づいているようで、15m程離れた所から観察。

f:id:watarutabi:20231208210644j:image

こちらは特別天然記念物ニホンカモシカ

名前にシカと付いていますが鹿では無く牛の仲間(ウシ科)となってます。

初めてのカモシカとの出会いに私はとても感動いたしました!(遠くから見ると結構かわいいですね)

 

 

f:id:watarutabi:20231209061858j:image

9:35  温泉も入ったことなので、そろそろエコーラインに入りましょう。

 

f:id:watarutabi:20231209062122j:image

途中にロープウェイ乗り場を発見。

ここはスキー場になっているみたいですね!

 

f:id:watarutabi:20231210065148j:image

エコーラインに入ってまいりました。

有名なだけに、やはり中々のワインディングです。


f:id:watarutabi:20231210065155j:image

道は結構綺麗な気がします。

景色は白くてよくわかりませんでした・・・


f:id:watarutabi:20231210065152j:image

山を上がって行くに連れて霧が濃くなってきまして気温も15度前後とかなり寒くなってきましたね。

この辺りで山形県から宮城県に入ってます。


f:id:watarutabi:20231210065145j:image

こちら蔵王ハイラインの入り口。

通行料が掛かりまして、二輪車は390円。

ここから先に進むと蔵王の人気スポット「御釜」に行くことができます。

 

f:id:watarutabi:20231210070954j:image

10:25  蔵王山レストハウスに到着!

お釜のすぐ近くある施設で中には食堂や売店などがありまして、とても広い駐車場も完備されてます。

 

f:id:watarutabi:20231210085704j:image

天気が良ければここから美しい御釜が見えるはずですが、このとおり今日は真っ白で何も見えません・・・

 

f:id:watarutabi:20231210085930j:image

蔵王山は正確には蔵王連峰と呼ばれる山々の集まる総称で、蔵王山という単体の山はありません。そしてこの看板に書いてある熊野岳が1841mと蔵王連峰の最高峰となってます。(ちなみに蔵王の山々は火山郡となってます)

今回私は天気も悪いので、ここから近い刈田岳のみ行くことにしました。


f:id:watarutabi:20231210085925j:image

こちらは蔵王刈田嶺神社

御守りなども販売していました。

f:id:watarutabi:20231210195639j:image

この辺りが刈田岳(かっただけ)の山頂で標高が1758mとのことです。

f:id:watarutabi:20231210204731j:image

周りの白さと相まって神秘的な雰囲気!

f:id:watarutabi:20231210195824j:image

奥に見えますのは伊達宗高公命願の碑

伊達宗高は初代仙台藩主である伊達政宗公の七男とのことです。

f:id:watarutabi:20231210205739j:image

この蔵王山周辺は蔵王山国定公園に指定されていまして、日本百名山にも選定されています。

 

f:id:watarutabi:20231211060735j:image

10:40  希望は薄いですが、レストハウスで霧が晴れるのをしばらく待ってみることにしました。

こちら売店で購入したずんだ団子 250円

やっぱりずんだは美味しいです♪

 

 

 

待つこと1時間弱

 

f:id:watarutabi:20231211123345j:image
f:id:watarutabi:20231211123351j:image

やっぱりダメでしたね・・・

残念ですが今回は諦めて先に進みます。

 

f:id:watarutabi:20231211123430j:image

天気が良ければこんなに美しい景色みたいです!

また東北に行く際には蔵王エコーラインも含めてリベンジいたします。

 

 

f:id:watarutabi:20231211182322j:image

11:45 今度は仙台市方面に進み、残りの蔵王エコーラインを制覇したいと思います!

 

f:id:watarutabi:20231211182507j:image

途中に景色の良い所があったので寄って見ました。

ここは大黒天と呼ばれる景勝地

駐車場も完備されています。


f:id:watarutabi:20231211182530j:image

独特な山肌をしていますね〜

この周辺は標高が山頂より低い為、視界も良好で綺麗に景色を楽しめます。

 

f:id:watarutabi:20231211182718j:image

写真で見るより実際に見たほうが絶対的に迫力があるので蔵王エコーラインを走る際にはこちらも立ち寄ることをオススメいたします‼︎

 

f:id:watarutabi:20231211205005j:image

ちなみにここから登山道で先ほどのレストハウス周辺に行けるみたいです。(熊出没の看板が少し気になりますけどね・・・)

 

f:id:watarutabi:20231211205504j:image

12:00  大黒天から蔵王エコーラインを再び出発。

私の個人的な感想ですが、宮城県側の方がコーナリングが凄い気がします。

 

f:id:watarutabi:20231212181322j:image

エコーラインは蔵王山をどんどん下って行きます。

 

f:id:watarutabi:20231212194022j:image

12:17  この蔵王大権現大鳥居をくぐり、蔵王エコーラインは終了。今度は晴れた日に絶対来ます!!

この先で国道475号を白石方面に進んで行きます。

 

f:id:watarutabi:20231212194439j:image

宮城県側にも蔵王エコーラインの手前に遠刈田温泉(とおがったおんせん)と呼ばれる温泉地があります。

 

f:id:watarutabi:20231212201442j:image

こちらの特徴的な橋は遠刈田大橋(こけし橋)

遠刈田は三大こけし発祥の地と呼ばれているそうです。

 

f:id:watarutabi:20231212203637j:image

f:id:watarutabi:20231212204215j:image

国道475号線から南蔵王七ヶ宿線(県道51号線)に入り蔵王町から白石市白石市から七ヶ宿町(しちかしゅくまち)に入りました。

 

f:id:watarutabi:20231212210552j:image

現在みちのくおとぎ街道(国道113号線)を走行中、左側にありますのは「旬の市 七ヶ宿農林産物直売所」の施設。施設の裏側には滑津大滝と呼ばれる滝があるみたいですが、私は先を急ぐ為に今回はスルーさせていただきました。(途中の七ヶ宿にあったコスモスで2512円分の給油)

 

f:id:watarutabi:20231213210731j:image

13:15  宮城県から再び山形県に戻ってきました‼︎

ただいま私は米沢市方面に向かっております。

 

f:id:watarutabi:20231213211422j:image

だいぶ青空が見えてきましたね!

周辺の景色ものどかで良い感じですね〜

 

f:id:watarutabi:20231213211702j:image

13:40  米沢高畠線(県道1号線)を走行中、山形県米沢市に入りました。

この先に寄ってみたかった道の駅がありますので、そこで休憩いたしましょう。

 

 

f:id:watarutabi:20231213211847j:image

13:50  道の駅 米沢に到着!

かなり広くて賑やかな道の駅となってます。


f:id:watarutabi:20231213211843j:image

米沢に来たので施設内にあったフードコート的な場所で奮発して米沢牛をいただきまた!! 

米沢牛すき焼き重 2150円 米沢牛としてはリーズナブルな値段な気がします。

私の正直な感想として、味は普通に美味しいんですけど普通の牛肉との違いがそんなに感じられなかったでしたね・・・(すき焼きじゃないメニューを選んだらまた違ったのかもしれません)

 

f:id:watarutabi:20231213213329j:image

14:35 道の駅から再び出発。

私が向かう先の雲行きがかなり怪しいですけど大丈夫でしょうか・・・

 

f:id:watarutabi:20231214064908j:image

奥に見えるのが米沢駅

米沢は山形県の中では人口4位の町、7万人程の人口規模で上杉氏の城下町としても知られています。

上杉神社などの人気スポットもあるようですが今回はスルーいたします。(目の前は通りましたが中々良さそうでした)

 

f:id:watarutabi:20231214070441j:image

これから私は西吾妻スカイバレーというツーリングルートに向かいます。

 

f:id:watarutabi:20231214191154j:image

この県道2号線が西吾妻スカイバレーの道になりまして、ここ山形県米沢市から福島県北塩原村を繋いでいます。

 


f:id:watarutabi:20231214191719j:image
15:05  西吾妻スカイバレーに入ったようですが残念な事に雨が降ってきました。そんなに強い雨でもないのでそのまま先に進みます‼︎

 

f:id:watarutabi:20231214192524j:image
f:id:watarutabi:20231214191724j:image

道の途中で野生の猿を発見!

何匹か群れでいましたね。

 

f:id:watarutabi:20231214191727j:image

標高1000m以上の場所を走っている為、せっかくのツーリングルートですが視界はこのように真っ白!!(レンズに水滴が付いているので尚更見えずらい)

本日は天候にあまり恵まれませんね・・・

 

f:id:watarutabi:20231214210043j:image

15:25  この辺りで山形県から福島県に入りました。

七曲りと名前の付くように、この道はかなり激しい峠道になってました。

 

 

f:id:watarutabi:20231214211115j:image

今回の東北の旅初日にも訪れた桧原湖に戻ってきました。空もまた晴れて素晴らしい景色となってます。

 

f:id:watarutabi:20231214211707j:image

磐梯山猪苗代湖の方に下っております。

今日は磐梯ゴールドラインは使わず、普通の道で下りて行きました。

 

f:id:watarutabi:20231215192426j:image

これから初日にも通ったこの猪苗代湖白川線(県道7号線)で会津若松に向かいます。写真はありませんが右手には美しい磐梯山の景色が広がってます。

 

f:id:watarutabi:20231215201818j:image

16:20  県道7号線から会津若松裏磐梯線(県道64号線)に進み、こちら会津若松市に入りました。

 

f:id:watarutabi:20231215214355j:image

そのまま県道64号線を進み、会津若松の中心地まで走りましょう!

奥には会津若松の街並みが見えております。

 

f:id:watarutabi:20231215214614j:image

16:35 ロードサイドの店舗が増えてきました。どうやら会津若松の市街地に入ったようですがもう時間も遅い為、一箇所だけ会津若松の観光地に立ち寄りたいと思います。

 

 

f:id:watarutabi:20231216061423j:image

16:45  鶴ヶ城公園に到着!

とてもありがたいことにバイクの無料駐車スペースが用意されています。

 

f:id:watarutabi:20231216214837j:image

公園はお堀に囲まれていて、かなり広いスペースとなってますね!

ちなみに鶴ヶ城会津若松城とも呼ばれています。

 

f:id:watarutabi:20231216212354j:image

そしてこちらが会津若松のシンボル鶴ヶ城天守閣、とても綺麗で立派ですね!!

若松城跡として国の史跡に指定されており、日本百名城にも選定されています。

f:id:watarutabi:20231216214752j:image

鶴ヶ城天守閣含む全ての建物が明治7年に取り壊されましたが、本丸にあった櫓の一つが移築され現存しているとのこと。現在の天守閣は昭和に入ってから復元された物になりまして、城内は会津の歴史を展示する博物館になってます。(2011年には屋根瓦を幕末当時の赤瓦に復元されました)

 

f:id:watarutabi:20231217203541j:image

公園内には鶴ヶ城稲荷神社もあります。


f:id:watarutabi:20231217203527j:image

味のある屋台らしき物が並んでますね。


f:id:watarutabi:20231217203550j:image

こちらは公園内にある「茶室 麟閣」

千利休の子の小庵を会津に匿う際に建てられた茶室だそうです。実際に中に入ってお茶を楽しめるとのこと。


f:id:watarutabi:20231217203531j:image

2023年4月にリニューアルオープンしたようです!

どうりでかなり綺麗なわけですね。

 

f:id:watarutabi:20231218075427j:image

夕日に染まる天守閣が美しいですね〜

夜は季節によって色が変わるライトアップがされるようです。

 

 

f:id:watarutabi:20231218090706j:image

17:14  鶴ヶ城を再び出発。

あともう一箇所だけ福島県の名所に立ち寄ってから本日の宿に向かいます。

 

f:id:watarutabi:20231218091225j:image

ちなみに会津若松市福島県福島市に次ぐ4番目の人口の多い町で、2022年の推計で11万人程の人口規模となってます。実際に市街地を走っていても結構栄えている感じがしましたね‼︎

 

f:id:watarutabi:20231218095704j:image

会津若松の市街地を抜けてきました。

これから私が向かいますのは会津地方の有名な観光地の大内宿です。

 

f:id:watarutabi:20231218100545j:image

この下郷会津本郷線(県道131号線)で山の中に入って行きます。

 

f:id:watarutabi:20231218103832j:image

こちら右手に見えますのは大内ダム湖

これが見えると大内宿はもう少しです。

 

 

f:id:watarutabi:20231218140203j:image

17:50  大内宿に到着!

少し離れた所に無料のバイク専用駐車場がありましたのでそこに止めました。

 

f:id:watarutabi:20231218140740j:image

辺りはだいぶ薄暗くなってしまいまして、お店なども全て閉まってますので観光の人は誰もいない様子です。(スマホの補正で写真は結構明るく見えてます)

 

f:id:watarutabi:20231218141112j:image

大内宿は江戸時代の宿場町の雰囲気を残した観光地となってまして、現在は国指定重要伝的建造物群保存地区に指定されています。(関東で有名な物だと川越なんかが指定されています)

f:id:watarutabi:20231218141108j:image

この茅葺(かやぶき)屋根が今でも使用されている民家が建ち並んでます。大内宿の名物として高遠そばと呼ばれる箸の代わりに長ネギを使ってそばを食べるものがあるようです。

f:id:watarutabi:20231218141117j:image

辺りも暗いので今回は少しだけ見て先に進みました・・・

また明るい時にゆっくり観光しにきたいと思います。

 

 

f:id:watarutabi:20231218184459j:image

18:05 大内宿を出た頃には周辺はもう真っ暗・・・

本日は福島県白河市に宿をとってまして、ここから山道を越えて行きます。険しい峠道とかではありませんが暗いので細心の注意を払って向かいましょう‼︎

 

 

f:id:watarutabi:20231218185924j:image

19:15  本日の宿『スマイルホテル白河』に到着!

今回の東北の旅で一番広い部屋ですが、料金はネット予約で4400円と素晴らしいコスパでした。

 

f:id:watarutabi:20231218191723j:image
f:id:watarutabi:20231218191717j:image

凄いことにユニットバスでは無く、お風呂とトイレも別れてます。

 

f:id:watarutabi:20231218192009j:image

19:34 ホテルから歩いて新白河駅にやってきました。

新幹線も停車する結構大きくて綺麗な駅舎ですね!

ここで食事とお土産の購入を済ましていきます。

 

f:id:watarutabi:20231218192638j:image

駅構内の麺処新白河で白河ラーメンを注文 750円

ちぢれ麺のシンプルな醤油ラーメン、正直駅内の麺処と侮ってましたが大変美味しかったです♪

 

 

f:id:watarutabi:20231218194118j:image

こちらが駅構内のお土産屋で購入した福島県郡山市の「三万石のままどおる

一つ1500円で二つ購入していきました。

 

f:id:watarutabi:20231218202143j:image

あと帰り道のコンビニでご当地のパンが売ってましたので明日の朝食に購入してきました。

地元で愛される山田パンということで、一番人気のあんバター200円とモーモーフランス170円を選びました。

 

 

 

これで東北の旅の6日目は以上になります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました♪

 

 

 

まとめ

6日目の走行距離 310km
6日目の旅費   約14500円
 

 

※以下の料金や営業時間などは2023年9月のものです

 

 

東北 一人旅 5日目 

どうもこんにちは!!

 

9月21日 東北の旅五日目となります。

 

 

 

本日は雨の中、田沢湖を経由して最終的に山形県天童市に向かいます!!

 

 

f:id:watarutabi:20231125204823j:image

8:10  宿泊していた天然温泉ホテルこまちをチェックアウト。中々良い温泉だったので朝風呂もしっかり入ってきました!

本日はあいにくの雨ですが、どうしても田沢湖だけは行ってみたかったので頑張って向かいたいと思います。

 

f:id:watarutabi:20231126124420j:image

国道13号で大仙方面に向かって行きましょう。

 

f:id:watarutabi:20231126124718j:image

この先で秋田市から大仙市に入っていきます。

雨は降ってはいますが寒くは無いですね・・

 

f:id:watarutabi:20231126125009j:image

国道13号から県道28号(秋田岩見船岡線)に入りました。この道路に入るちょうど曲がり角にガソリンスタンドがあったので給油をしていきました。(大仙市船岡のJASS  ハイオクリッター187円 2578円分の給油)

 

f:id:watarutabi:20231126125353j:image

すぐに県道28号とはお別れ、この広域農道に入ります。

 

f:id:watarutabi:20231127055421j:image

9:15 国道46号線(秋田街道)を走行中、大仙市から仙北市に入りました!

ちなみに田沢湖仙北市内にあります。

 

f:id:watarutabi:20231127061013j:image

国道46号線の角館バイパスというバイパス道路に入りました。このバイパスは6m程の短い区間のようです。

 

f:id:watarutabi:20231127062142j:image

国道105号線(阿仁街道)に入りました。

田沢湖まではもう少しです!

 

f:id:watarutabi:20231127182317j:image

9:40  田沢湖に行く前に、朝から何も食べてなかったので途中にあったコンビニでこちらを購入。

アベックトーストという秋田のご当地パンで、ジャムとマーガリンが分けて挟んである食パンが2つ入ってます。シンプルですが結構美味し買ったですね♪

 

f:id:watarutabi:20231127194341j:image

朝食も終えたので先に進みましょう。

この先の県道60号線(田沢湖畔線)を曲がれば田沢湖はすぐそこです‼︎

 

f:id:watarutabi:20231127194626j:image

かなり森深い場所を走っていきますね!

自然を感じられます。

 

 

f:id:watarutabi:20231127201824j:image

10:15  田沢湖に到着!

この駐車場は結構最近できたらしく、とても綺麗なトイレも完備されてます。

 

f:id:watarutabi:20231127202439j:image

雨はしっかり降ってますが、歩いて田沢湖のたつこ像周辺を散策いたしましょう。

 

f:id:watarutabi:20231127203043j:image

ここには田沢湖パークホテルの他、ローズショップというインテリア用品店や食堂、売店があります。

 

f:id:watarutabi:20231127204832j:image

こちらの黄金に輝く像が『たつこ像』

ブロンズ製で、美貌の乙女・辰子姫をモデルにしているとのことです。

 

f:id:watarutabi:20231127210956j:image

周辺の景色とマッチして中々神秘的ですね〜

田沢湖日本百景にも選定されています。

 

f:id:watarutabi:20231127211100j:image

さらに田沢湖は日本一深い湖になり、その水深は423.4mもあります。

1940年に発電所の建設と農業振興の為に強酸性の玉川の水を導入された結果、水質が急激に悪化されほとんどの魚類が姿を消したとのこと。その後の水質改善の取り組みが施されていますが、湖全体の水質回復には至っていないようです。

 

f:id:watarutabi:20231127211912j:image

雨が降っているにもかかわらず見た感じはとても綺麗に見えますが、昔は日本一透明度が高い摩周湖にも迫る透明度を誇っていたそうですね!

 

f:id:watarutabi:20231129061128j:image

たつこ像の隣には『漢槎宮』と呼ばれる小さな神社が建ってます。

f:id:watarutabi:20231129061043j:image

魚の餌が売ってまして、水面を見ると確かに魚が群れて泳いでました。(いるのはウグイという魚みたいです)

 

 

雨も降っているので30分程の滞在時間で田沢湖を後にしました。今度は晴れた日に田沢湖を一周してみたいと思います。

 

 

来るときに通った105号線を南下して山形方面へと進んでいきます。

 

 

 

f:id:watarutabi:20231129061616j:image

11:40 途中にあった「道の駅 美郷」で休憩。

場所は国道105号線から国道13号線に入って少し進んだ所にありました。


f:id:watarutabi:20231129061610j:image

この道の駅で昼食を取りました(全部炭水化物・・・)

  • だしおむすび 100円 甘めの和風な味付け、秋田でお米を食べてなかったので購入。
  • おからドーナッツ3っ 240円 甘さ控えめで生地がもちもち、個人的にはとてもオススメです。
  • 芋揚げ 120円 アメリカドッグみたいな生地に輪切りのさつまいもが入ってます。こちらも個人的にオススメ。

どちらも大変美味しく頂けました。

 

 

f:id:watarutabi:20231129192235j:image

1時間ぐらい道の駅で休憩してました。

まだまだ先は長いですが頑張って進みましょう‼︎

そんな感じで雨の中、後はひたすら国道13号線を南下していきます。

 

f:id:watarutabi:20231129192243j:image

周辺にロードサイド店舗が結構増えてきました。

どうやら横手焼きそばで有名な横手市に入ったようです。なんとなく横手駅に行ってみることにしました。


f:id:watarutabi:20231129192239j:image

12:57  横手駅に到着!

横手市の人口は2022年の推計で約8万人程で秋田市では二番目の人口規模。秋田県はやはり秋田市に人口が集中しているのがこれを見てもわかりますね!(宮城県仙台市の集中具合の方が凄いですけどね・・・)

やはり駅前は少し寂しい感じはします。

 

f:id:watarutabi:20231130201450j:image

13:22 横手市から湯沢市に入りました。

関東圏では馴染みのある新潟の越後湯沢は湯沢町となりまして、こちら秋田県湯沢市となっております。

越後湯沢には温泉がありますが、こちらの湯沢市にも温泉がやはりあるみたいです‼︎

 

f:id:watarutabi:20231130202240j:image

f:id:watarutabi:20231130202901j:image

湯沢市を超えると山形県内に入っていきます。

 

 

f:id:watarutabi:20231130202615j:image

13:56  山形県に入りました。

真室川町の先にある金山町が、昔の街並みを残した所らしいので立ち寄ってみることにしました。

 

f:id:watarutabi:20231201055104j:image

14:15  金山町(かねやままち)に到着!

 

f:id:watarutabi:20231201055735j:image

確かにとても良い雰囲気。

地域でこのような美しい景観維持に取り組んでいるようです‼︎

 

f:id:watarutabi:20231201061202j:image

町域の75%を占める森林からの金山杉と、白壁を用いた作りが特徴的。隣にありますのは『マルコの蔵』というコミュニティーセンター

 

f:id:watarutabi:20231201062055j:image

町の景観は素晴らしいですが、そこまで観光地化されている感じではありません。(私個人の見た感想です)

 

f:id:watarutabi:20231201112954j:image

こちらは『きごころ橋』

中々オシャレな橋ではありませんか!

 

 

f:id:watarutabi:20231201113426j:image

20分と短い時間でしたが金山町を見てきました‼︎

凄く味のある街並みなので、近くを通った際には少し立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

f:id:watarutabi:20231201202901j:image

15:25  こちら新庄市付近を走行中。

なんと嬉しいことに雨が止んでまいりました!!

 

f:id:watarutabi:20231201203606j:image

16:00  こちら東根市付近を走行中。

天気もすっかり良くなり、せっかくなので宿に行く前に一ヶ所だけ観光スポットに行ってみましょう。

 

f:id:watarutabi:20231201203933j:image

16:07 ずっと走っていた国道13号線を一旦離脱して目的地に向かいます。景色も中々いい感じですね!

 

f:id:watarutabi:20231201204410j:image

国道48号線を走行中、東根市の山の中に入ってきました。これから私は滝を見にいきます‼︎

 

 

f:id:watarutabi:20231201205533j:image

16:23  関山大滝に到着!

周辺にはちょっとした売店や飲食店があります。

 

f:id:watarutabi:20231201210048j:image

自然あふれる道を歩いていきます。

そんなに距離はありませんでしたね!


f:id:watarutabi:20231201210058j:image

この赤い鉄製の橋で川の対岸に渡ります。

 

f:id:watarutabi:20231203114342j:image

こちらが関山大滝!!

この流れる川は乱川、大変綺麗な川ですね。


f:id:watarutabi:20231203114359j:image

中々迫力がありますが、静止画だとイマイチ伝わらないのが残念です・・・


f:id:watarutabi:20231203114353j:image

上からも滝を眺めることができます。

全体的に独特な形をしてますね!


f:id:watarutabi:20231203114347j:image

そんなに山奥にあるというわけでもないので、山形県に来た際についでに訪れるのはありだと思います。

 

 

f:id:watarutabi:20231203125557j:image

関山大滝も見れたのでそろそろ宿に向かいたいと思います‼︎

今回の宿泊地は山形市隣の北側にある天童市にいたしました。

 

 

f:id:watarutabi:20231203125948j:image

17:05  国道13号沿いにある、天童リッチホテルに到着!

雨は止んでますが屋根の下にバイクを停めさせてもらえました。

 

f:id:watarutabi:20231203193551j:image

部屋の中はこんな感じ。年期は入ってますが部屋もユニットバスも清潔でしたね!

宿泊料金はじゃらんネット予約で5800円

 

 

f:id:watarutabi:20231203194024j:image

20:00  ホテルから歩いて10分ぐらいの所にあるお蕎麦屋さん「手打 水車生そば」で夕食を取ります。

ここは江戸時代から続く老舗だそうですね!

ちなみに天童市は将棋の駒と温泉が有名で、それにちなんで店名の形が将棋の駒の形になっていると思われます。

 

f:id:watarutabi:20231203202401j:image

こちらがこのお店の名物の元祖鳥中華 870円

蕎麦の和風出汁とラーメンの中華麺を合わせたメニュー。鰹系のやさしい味わいの出汁とちぢれ麺がマッチして美味しいですね♪

この鳥中華という料理は山形県発祥で、ここがその元祖とのこと。現在は蕎麦屋から生まれたラーメンとして山形を中心に親しまれています。

 

f:id:watarutabi:20231203212312j:image

帰りに近くにあったマックスバリュで、明日の朝食を購入していきました。

どこのマックスバリュでも売ってる店内焼きたてパンだと思いますが、にぎわい東北のシールが東北感があっていいですね〜

 

 

 

これで東北の旅の5日目は以上になります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました♪

 

 

 

まとめ

5日目の走行距離 263km
5日目の旅費   約11000円
 

 

※以下の料金や営業時間などは2023年9月のものです

 

 

 

 

東北 一人旅 4日目

どうもこんにちは!!

 

9月20日 東北の旅四日目となります。

 

 

 

本日は八甲田十和田ゴールドラインを経由して男鹿半島に立ち寄った後、最終的に秋田市まで向かいます!!

 

5:45  ホテルの朝食まで青森の市街地を散歩しました。

 

f:id:watarutabi:20231105201506j:image

宿泊しているホテルの近くにあるこちらは「青森魚菜センター」という市場。

朝の7:00から営業しており、好みの海鮮を選んぶのっけ丼を楽しめます。

 

f:id:watarutabi:20231106114222j:image

こちらは青森駅東口の風景。

奥に見える赤い建物は「アウガ」という青森市役所駅前庁舎と市場や飲食店が併設された施設です。(青森市役所の本庁舎は少し離れた所にあります)

 

f:id:watarutabi:20231106181141j:image

奥に見えます大きな橋は「青森ベイブリッジ

歩いて渡ることもできるみたいです。

 

f:id:watarutabi:20231106181831j:image

こちらは「青森駅前ビーチ」

2021年と最近できた人工海浜のようです。

 

f:id:watarutabi:20231106182713j:image

こちらは「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」と青函連絡船の可動橋跡になります。

青函連絡船は1908年から約80年間青森から函館を結んでいた重要な航路で、船で鉄道車両を直接運ぶ鉄道連絡船。1988年の青函トンネル開通に伴い、その役目を終えました。

現在ここにある八甲田丸は船上博物館として展示保存されております。

 

f:id:watarutabi:20231106204447j:image

こちらは「津軽海峡冬景色の歌謡碑」

現在は故障していますが、人が近づくとセンサーで津軽海峡冬景色の曲が中々の大音量で流れるそうです。ちなみに津軽半島の先端の龍飛崎にも同じ物がありまして、そちらはボタン式とのこと。

 

f:id:watarutabi:20231106205510j:image

こちらは「青森ラブリッジ」という海の上に架かる遊歩道です。景色も良く中々良い雰囲気!

 

f:id:watarutabi:20231107054836j:image

青森ラブリッジを渡った先には「青の海公園」があります。ここには時期になると青森ねぶた祭に出陣する大型ねぶたの制作小屋が立ち並ぶねぶたラッセランドが開設されるそうです。

 

f:id:watarutabi:20231107061503j:image

青の海公園前にあるこちらの三角形の変わった形をした建物は「青森観光物産館アスパム

青森のお土産や食事を楽しめる他、ねぶたの360°3Dシアターなどの青森の伝統文化も拝見できるみたいです。

ちなみに三角の上の丸い部分は展望台になっているんだそう‼︎

 

 

 

f:id:watarutabi:20231107115722j:image

6:45  ホテルの朝食バイキングをいただきました。

種類も結構あって中々良かったですね!

 

 

 

f:id:watarutabi:20231109220139j:image

7:30  青森センターホテルを出発!

これから八甲田・十和田ゴールドラインに入って行きます。

 

f:id:watarutabi:20231109220120j:image

この青森から十和田湖までの国道103号線(一部国道102号線と重複)が八甲田・十和田ゴールドラインの愛称で親しまれてます。

そういうことで、その八甲田・十和田ゴールドラインを十和田湖まで走破いたしましょう!!

その前に、前日にガソリンを入れてなかったので道沿いにあった青森市妙見のエネオスで給油、リッター189円で2773円分の給油となりました。

 

f:id:watarutabi:20231110065926j:image

8:08  青森の市街地から離れてきました。

これから八甲田山をどんどん登っていきます‼︎

 

f:id:watarutabi:20231110200342j:image

こちら道沿いにあった岩木山展望所に寄ってみました。曇っていることもあってか景色は微妙です・・・

 

f:id:watarutabi:20231110200949j:image

昨日の雨の影響で、落ち葉が道に散乱してる場所が結構あります。スリップに気をつけて走りましょう!

 

f:id:watarutabi:20231110201432j:image

こんな感じで高原的な場所もあります。

流石人気のツーリングルートだけあって景色はとっても良いですね♪

 

f:id:watarutabi:20231110212750j:image

この先に八甲田山ロープウェイ乗り場がありまして、冬から春にかけては雄大な山岳スキーが楽しめるとのこと。

 

f:id:watarutabi:20231110213720j:image

こちらは八甲田・十和田ゴールドラインの途中にあります酸ヶ湯温泉(すかゆおんせん)   

外観はとても趣のある作りで、ヒバ千年風呂という混浴の大浴場が名物なんだとか。

300年程の歴史ある温泉で、名前の通り強い酸性の硫黄系の泉質とのことです。

 

f:id:watarutabi:20231112125657j:image

酸ヶ湯温泉には無料の公共駐車場がありまして、その近くには八甲田山の登山口もありました。


f:id:watarutabi:20231112125701j:image

こちら駐車場から少し進んだ所にある「地獄沼」という約800年前に八甲田山の噴火によって形成された火山湖。魚が生息できない程の強酸性みたいです。

 

f:id:watarutabi:20231112200212j:image

この辺りは時期によって雪の回廊ができるそうです。実際に9月中旬の今でも結構寒いですよ‼︎


f:id:watarutabi:20231112200208j:image

「八甲田ブナ二次林」と呼ばれるブナの木が生い茂るエリアに入りました。

八甲田・十和田ゴールドラインは色々な風景を楽しめますね!

 

f:id:watarutabi:20231112201620j:image

9:15 次に立ち寄りましたのは「出会い橋」という木造の吊り橋。

吊り橋とはいってもそんなに揺れたりはしませんでしたね。

 

f:id:watarutabi:20231112205319j:image

橋から眺めるこの綺麗な川は蔦川(つたがわ)

この先で奥入瀬川(おいらせがわ)と合流します。

 

f:id:watarutabi:20231112205848j:image

そしてこちらがその奥入瀬川!!

この先で八甲田・十和田ゴールドラインは奥入瀬川沿い(奥入瀬渓流)を走ります。

 

f:id:watarutabi:20231112210317j:image

木々の奥に見えるのは「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」だと思われます。ここには他にも「奥入瀬渓流館(奥入瀬フィールドミュージアム」「渓流の駅おいらせ」といった施設があります。

 

f:id:watarutabi:20231113190841j:image
f:id:watarutabi:20231113190845j:image

こんな感じの遊歩道もありまして、平日ですが結構人が歩いてます!

 

f:id:watarutabi:20231113192530j:image

美しい景色に心が癒されますね〜

 

f:id:watarutabi:20231113192624j:image

9:40 この先にちょっとした駐車場がありましたのでバイクを停めて少し歩いてみました。

 

f:id:watarutabi:20231113193404j:image

こちらの滝は奥入瀬渓流銚子大滝

昨日の雨で水量が増えているのか中々の迫力があります!!


f:id:watarutabi:20231113193410j:image

奥入瀬渓流は国の特別名勝及び天然記念物に指定されています。

今度時間がある時にはこの遊歩道を全部歩いてみたいですね。

 

f:id:watarutabi:20231113194132j:image

9:47  八甲田・十和田ゴールドラインはこれで終了となりまして、見えませんがこの先には十和田湖があります。

 

 

f:id:watarutabi:20231113201804j:image

9:56  駐車場にバイクを停めて十和田湖を間近で見てみました!

f:id:watarutabi:20231113202339j:image

水質もとても良さそうに見えます。

f:id:watarutabi:20231113202422j:image

この船は見た感じ廃船っぽいですね・・・

良い景色ですが、晴れていれば尚のこと良い景色だったのでしょう!

 

f:id:watarutabi:20231113204544j:image

十和田湖で有名な乙女の像が右手に進むとあるようですが、今回私は見送りました。


f:id:watarutabi:20231113204547j:image

これから私はこの先にある十和田湖を上から見渡せる展望台に向かうことにしました。

 

 

f:id:watarutabi:20231113204922j:image

10:52  御鼻部山展望台に到着!

途中でバイクのトラブルがありまして到着が少し遅れました・・・

 

f:id:watarutabi:20231113205246j:image

十和田湖を一望できる良い景色ですが、う〜ん〜 曇っているせいかな⁉︎ やはり少しガスってまね・・・

f:id:watarutabi:20231113205509j:image

場所的にはこの辺りで、ここまでの道のりは中々のワインディングかありまして道も少し荒れていました。

f:id:watarutabi:20231113205925j:image

毎度お馴染みの写真加工。

ちょっとは良い感じになったかな・・・

 

十和田湖の観光はこのぐらいで先に進みましょう!

一旦先ほどの国道103号の道に戻り、男鹿半島を目指します。

 

f:id:watarutabi:20231114130704j:image

展望台に行く時も通りましたが、昨日の雨の影響で土砂が道路に少し流れてます。通行止めとかではなかったので最新の注意を払って通りました。

 

f:id:watarutabi:20231114181740j:image

国道103号線に戻ってきました。

十和田湖青森県秋田県の県境にまたがってまして、実はもう秋田県に入ってます。

 

f:id:watarutabi:20231114182525j:image

国道103号線の道中、牛が放牧されてました‼︎

この少し先の平塚果樹園という所で少し休憩していきます。

 

f:id:watarutabi:20231114182951j:image

11:55  りんごの里 平塚果樹園に到着!

ここで15分くらい休憩、青森と言えばやっぱりリンゴですね。(ここは正確には秋田県ですが・・・)

f:id:watarutabi:20231114183006j:image

リンゴは実っているみたいですが、まだ色が青っぽいですね。

f:id:watarutabi:20231114182959j:image

こちらにはヤギも飼育されているみたいです。

f:id:watarutabi:20231114182955j:image

こちらの施設にはリンゴやリンゴを使った商品なんかも販売してまして、私はこちらを購入してみました。

青森りんごっくる350円 正にりんごの味がしっかりするスナック菓子といった感じです。

 

 

f:id:watarutabi:20231114195528j:image

稲穂が黄金色に輝いております、正にお米で有名な秋田らしい風景!

 

f:id:watarutabi:20231114204248j:image

12:54  秋田県大館市に入ってきました。

まだまだ先は長いです・・・

 

 

f:id:watarutabi:20231115213039j:image

13:16  今度は北秋田市にある「道の駅 たかのす」に寄ってみました。

ここには写真の大太鼓の里物産館の他、JA秋田の直売所や大太鼓の館という太鼓の博物館なんかもあってかなり豪華!

ここで何か食べてこうと思ったんだですけど、時間の割にお腹が空いてなかったのでトイレだけ済まして先に進みました。

 

 

f:id:watarutabi:20231117135341j:image

国道103号線から国道7号線に入ってます。

この道は新潟の旅でも通ってましたね。

 

f:id:watarutabi:20231117135731j:image

14:19  お次は国道7号線から国道101号線に入り男鹿方面に向けて走ります。

 

f:id:watarutabi:20231117215624j:image

この辺は広大な田園風景が広がってますね〜f:id:watarutabi:20231117215619j:image

今からこの先に見える、あの寒風山(かんぷうざん)という山に登ります。

 

f:id:watarutabi:20231117221615j:image

こちらは入道崎寒風山線を走ってます。

もうすでに男鹿市男鹿半島には入っている模様。

 

f:id:watarutabi:20231118121205j:image

そしてこちらが寒風山パノラマライン!!

木が全くと言っていいほど生えていないので景色が開けていますね。

ここもツーリングなどでは人気スポットになってます。

 

f:id:watarutabi:20231118121906j:image

14:55 寒風山に到着!

富士山などと同じく成層火山で標高は355メートルと低めですが、周りに視界を遮るものが無いので景色はとても良い場所となってまして、大正時代の地理学者、志賀重昂という人物が世界三景と賞されるほど風光明媚な山だと紹介されています。

また周りに障害物が無いとこから、ここはパラグライダーのメッカでもあるとのこと!

 

f:id:watarutabi:20231118202124j:image

寒風山の頂上にはこのような施設がありまして、上の丸い部分は回転式の360度のパノラマ展望台となってます。一階には売店やレストランなんかもありました。

 

f:id:watarutabi:20231119062046j:image

この時間だと展望台は閉まってましたが、外からでも十分な絶景。流石は世界三景と賞されるだけのことはありますね〜


f:id:watarutabi:20231119062051j:image

曇ってますがとても素晴らしい景色!!

平日のこの時間ともあって人は少なめ。


f:id:watarutabi:20231119062105j:image

頂上にも少しだけ車両を停めるスペースがありますが、少し下には広い駐車場も完備されてます。


f:id:watarutabi:20231119062055j:image

日本海もよく見渡せますね。


f:id:watarutabi:20231119062042j:image

ここから八郎潟も見ることができます。


f:id:watarutabi:20231119062100j:image

個人的には寒風山はかなりオススメのスポットです。

是非、晴れた日にもう一度訪れたいと思います‼︎

 

 

f:id:watarutabi:20231119203341j:image

15:20  寒風山を出発、次は男鹿半島の先端にある入道崎に向かいましょう。

 

f:id:watarutabi:20231119203623j:image

これからこのなまはげラインと呼ばれる道を走って行きます。

 

f:id:watarutabi:20231119211223j:image

なまはげラインは特別景色が良いという訳ではありませんが、男鹿半島の真ん中を突っ切って行けるので結構便利な感じ。最終的に入道崎寒風山線に合流いたします。

 

f:id:watarutabi:20231119211226j:image

男鹿半島なまはげが有名で、このようになまはげの像もいくつか立っていましたね。

ちなみにここが標識の案内にあった男鹿温泉周辺となっているみたいです!

 

 

f:id:watarutabi:20231120182836j:image

15:50 入道崎に到着!

無料の駐車場も完備されてまして、周辺にはいくつかお店が建ち並んでます。ただこの時間の為か、殆どシャッターが閉まってますね・・・

 

f:id:watarutabi:20231120194039j:image

こちらのは入道崎のシンボル的存在な「入道崎灯台

1898年(明治31年)に鉄造で設置、初点灯されまして

1951年(昭和26年)に改築されたコンクリート造の灯台が現在の物らしいです。

300円で灯台の中を登ることができます。

 

f:id:watarutabi:20231120204521j:image

こちらは入道崎の「北緯40度のモニュメント」

北緯40度は中国の北京やアメリカのニューヨークと同じとのこと‼︎

 

f:id:watarutabi:20231120204834j:image

入道崎周辺は広い原っぱになってまして、海沿いはこのようなゴツゴツした岩礁帯になってます。

 

入道崎の感想としては、男鹿半島に来た際には風景も中々良いので、ついでに立ち寄るのもオススメと言った感じですかね!

 

 

f:id:watarutabi:20231120212531j:image

16:05  入道崎を後に、おが潮風街道と呼ばれる海沿いの道を進んで次の男鹿半島のスポットに向かいます。

 

f:id:watarutabi:20231120212304j:image

こちらは戸賀湾という入江の中にある戸賀海水浴場。かなり広くて水質も良さそう‼︎

 

f:id:watarutabi:20231120213316j:image

戸賀海水浴場の近くのこの施設は「男鹿水族GAO」

秋田県で唯一の水族館とのことです。


f:id:watarutabi:20231120213310j:image

ここの水族館の駐車場が中々特徴的、岩礁帯に上手く作ってありますね!

 

f:id:watarutabi:20231121175039j:image

調べた所男鹿半島は昔、沖合にあった男鹿島という島に砂州が成長して本州と繋がった陸繋島(りくけいとう)となっているそうです。

この周辺は男鹿国定公園に指定されるとともに、日本百景の一つに指定されています。

 

f:id:watarutabi:20231121192002j:image

また巨大なまはげ像を発見!

なまはげは国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、「来訪神:仮面・仮装の神々」の一つとしてユネスコ無形文化遺産に登録されています。

お賽銭箱がありましたのでほんの僅かながら入れていきました。

 

 

f:id:watarutabi:20231121201430j:image

16:50 男鹿半島の潮瀬崎に到着!

国定公園日本百景にも指定されている男鹿半島ですが、男鹿半島・大潟ジオパークとして日本ジオパークにも認定されています。ここはそのうちの一つ潮瀬崎ジオサイトとなってます。(ちなみに寒風山や入道崎もジオサイトとしてこのジオパークに含まれています)

 

位置的には入道崎のちょうど反対側辺り、そんなに移動に時間はかかりませんでした。

 

f:id:watarutabi:20231122182709j:image

潮瀬崎は波に侵食された平らな地形(波食台)が少し隆起したもので、約3,000万年前の火山噴出物である火山礫凝灰岩が風化によって独特の形に削り出されているとのことです・・・

難しくて私にはよくわかりませんが、確かに特徴的な岩肌です!!

 

f:id:watarutabi:20231122183146j:image

奥に見えるのは「塩瀬埼灯台

このように岩礁帯の上は歩けますが足場が悪いのと、海水が所々入り込んでいるので注意が必要!

 

f:id:watarutabi:20231122201118j:image

そしてあちらに見えますのはあの有名な「ゴジラ岩」

f:id:watarutabi:20231123072507j:image

確かに上手い具合に岩が爬虫類っぽい形に形成されてますね〜

サイズ感は実際見ると結構大きい気がします!

 

 

f:id:watarutabi:20231123073335j:image

17:10 潮瀬崎を後に、次は本日の宿泊地の秋田市に向かいます。

 

f:id:watarutabi:20231123200553j:image

国道101号線を走行中、ここはまだ男鹿市内です。

 

f:id:watarutabi:20231123201005j:image

17:50   男鹿市から潟上市に入りまして、秋田天王線という道路を走ってます。

左手には風力発電所の風車が建ち並んでます。

 

f:id:watarutabi:20231123201642j:image

18:00  どうやら潟上市から秋田市内に入った模様。

奥に見えるタワーは「ポートタワーセリオン」

高さは143mで、道の駅あきた港の中にあります。

 

f:id:watarutabi:20231123204145j:image

18:20 秋田市の中心街に入ってきました。

駅前の駐輪場にバイクを停め、歩いて秋田の町を少し散策してみましょう‼︎

 

 

f:id:watarutabi:20231123204852j:image

こちらの駐輪場にバイクを停めました。料金は1日200円と中々お手頃でしたね。

 

f:id:watarutabi:20231124060721j:image

こちらは「秋田駅前大屋根通り」

秋田駅まで雨に濡れずに歩いて行くことができます。

 

f:id:watarutabi:20231124061056j:image

秋田市の人口は2022年の推計で30万人程、こちらは東北の県庁所在地の中では仙台市に次ぐ上から2番目の人口規模。(郡山市いわき市よりは少ないですが・・)

ですがそれに対して秋田県全体の人口は91万人程で、東北地方の県の中では一番人口が少ないです。

こうやって見ると秋田県の大体1/3の人が秋田市に住んでるんですね!(宮城県の人口が220万人程なので秋田県の人口はその半分にも満たず、東北地方の県の中で100万人を下回るのは秋田県だけでした)

 

 

f:id:watarutabi:20231124195501j:image

駅近くにあったファンテAKITAというショッピングモールの中にある佐藤養助で晩御飯をいただきました。

 

f:id:watarutabi:20231124203539j:image

注文したのがこちらの稲庭うどん比内地鶏ご飯セット 1350円   

日本三大うどんの一つとされる秋田県湯沢市稲庭町発祥の、手延べ製法の干しうどんです。

うどんとそうめんを合わせたような食感。出汁も醤油ベースで、そうめんの汁に近い感じでした。(美味しいですが個人的には讃岐うどんの方が好きです)

醤油系の出汁以外にも胡麻系の出汁もありましたね!

 

f:id:watarutabi:20231124205203j:image

晩御飯も終えてもう少し秋田の市街地を散策。

東北地方で一番人口の少ない秋田県ですが、秋田駅周辺はとっても栄えてます!!

 

f:id:watarutabi:20231124212934j:image

こちらがJR秋田駅

県庁所在地の駅だけに立派な駅舎です。

反対側の東口も見に行ったんですが、やはりこっちの西口の方が賑わってる印象です。

 

f:id:watarutabi:20231124213815j:image

こちらは広小路と呼ばれる日本の道100選に選定もされている道。

右手には久保田城跡のお堀がありまして、ハスの葉で覆われています。この時も少しだけ花は咲いてましたが、8月頃が一番の見どころのようです。

 

秋田の駅周辺を1時間半程散策したので、そろそろ本日の宿泊場所に移動します。

秋田駅から離れた所にありますので、またバイクで移動となります。

 

 

f:id:watarutabi:20231125112755j:image

20:00  本日の宿、天然温泉ホテルこまちに到着!

ここは秋田市内にある温泉施設とホテルが一緒になった所で、スポーツジムなんかも入ってます。

色々なタイプの部屋がありまして、今回私が選んだのが漫画喫茶のフルフラットシートのような簡易個室タイプの部屋にしました。(宿泊料はじゃらんネット予約で4700円)

天井は吹き抜けですがカギ付きなので防犯面ではある程度安心ですね。

 

f:id:watarutabi:20231125142256j:image

温泉は先日の青森まちなか温泉に比べてクオリティーは高いと感じましたね。

こちらに宿泊するとドーミーインみたいに夜鳴きそばのサービスがありました。(味は普通の醤油ラーメンです)

 

 

これで東北の旅の4日目は以上になります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました♪

 

 

 

まとめ

4日目の走行距離 356km
4日目の旅費   約10500円
 

 

※以下の料金や営業時間などは2023年9月のものです

 

 

 

 

 

 

 

東北 一人旅 3日目

どうもこんにちは!!

 

9月19日 東北の旅三日目となります。

 

 

 

本日は本州最北端の大間崎に向かい、最終的に青森市まで向かいます!!

 

6:40  宿泊していたホテルをチェックアウト。

とりあえず昨日は殆ど盛岡市を見てなかったので、軽く盛岡の市街地を観光していきます。

 

 

f:id:watarutabi:20231026191735j:image

7:15  盛岡駅西口のバイク駐車場から盛岡城跡公園地下駐車場に移動してきました。

こちらの駐車場はバイクも停める事ができますが、料金は車と同じで時間帯によっても金額が変動するそうです。(私は今回80円で済みました)

 

盛岡駅からは離れていますが、この周辺も盛岡の中では栄えています。

公園とその周辺を散策いたしましょう!

 

f:id:watarutabi:20231026205134j:image

公園の横を流れるこの川は中津川

こちらも中々綺麗な川ですね!

 

f:id:watarutabi:20231026205445j:image

中の橋を渡って直ぐにあるこちらの美しいレンガの建物は、国の重要文化財岩手銀行赤レンガ館!!

東京駅などを手がけた辰野金吾と盛岡出身の葛西萬司により設計を担当され、1911年(明治44年)に盛岡銀行本店として建築されました。1936年に岩手銀行が建物を買い受け2012年まで使用されたのち、約3年の内部の修復工事を得て公開施設「岩手銀行赤レンガ館」として開館したとのことです。

今では盛岡のシンボルとして明治当時の姿を残しています。

 

f:id:watarutabi:20231027210938j:image

こちらのアーケード街は肴町商店街

盛岡で唯一のアーケード街だそうです!

 

f:id:watarutabi:20231027211329j:image

こちらは岩手銀行赤レンガ館の近くにある2022年10月にリニューアルオープンした盛岡バスセンター。

飲食店やホテル、サウナ&スパなど色々な設備を備えた豪華な施設となってます。

こちらの施設に入っている福田パン中ノ橋店で朝食を購入していきました。

 

 

f:id:watarutabi:20231027212843j:image

中央通りまで歩いてきました。

ここには警察署や県庁、市役所などの官公署がそろってまして、現在の岩手銀行の本店などもあります。

 

f:id:watarutabi:20231028054611j:image

近くにあった公園のベンチで先程購入した福田パンを頂きたいと思います。

福田パンは盛岡のソウルフードとのことで、コッペパンに様々な具材を挟んで提供しております。

今回私がチョイスしたのは人気のあんバター(170円)と無難なタマゴ(330円)にしました。具材がたっぷり入っておりボリューミー、パンもふわふわで大変美味しいです♪

パン好きの方は盛岡に来た際には是非食べてみて欲しいです、特にあんバターがオススメ。(あんこはこしあんです)

 

 

f:id:watarutabi:20231028195458j:image

朝食もいただいたのでもう少しだけ盛岡を散策しましょう‼︎

こちらは盛岡城跡公園(岩手公園)の内丸で、奥に見えるのは公園内にある櫻山神社

 

f:id:watarutabi:20231028213246j:image

こちらは公園内にある鶴ヶ池

緑豊かでとっても良い雰囲気ですね〜

 

f:id:watarutabi:20231028213509j:image

こちらは公園内にあるもりおか歴史文化館

その名の通り盛岡の歴史や文化を展示した博物館です。

 

f:id:watarutabi:20231029061416j:image

盛岡城南部藩(盛岡藩)南部氏の居城で、1598年に初代盛岡藩主の南部信直によって築城が進められ1633年に完成したとされています。

明治7年に老朽化の為、ほとんどの建物が解体移築され現在では石垣や土塁などが少しだけ残っているだけだそうです。

そんな盛岡城は国の史跡に指定されており、日本100名城にも選定されています!

 

f:id:watarutabi:20231030093250j:image

こちらには日露戦争で戦死した南部家第42代当主、南部利祥を表彰した騎馬像「南部中尉銅像」が1908年に建立されていましたが、太平洋戦争中の1944年に金属回収令で持ち去られてしまい、現在はこの台座のみが残されています。

 

f:id:watarutabi:20231030093941j:image

8:10  気になっていた福田パンも食べる事ができ、赤レンガ館など盛岡観光も少しだけできたのでこの辺りで先に進みましょう‼︎

 

 

 

f:id:watarutabi:20231031065551j:image

こちらは盛岡市の小本街道を走行中、この辺りには報恩寺や龍谷寺などのお寺がいくつか建ち並んでおります。

 

f:id:watarutabi:20231031125804j:image

左手に北上川と岩洞第二発電所の導水管が伸びています。奥には少し雲がかってますが綺麗な岩手山も見えますね!

 

f:id:watarutabi:20231031184444j:image

国道4号線に再び入りました。しばらくこの道を進む感じです。

 

f:id:watarutabi:20231031184748j:image

8:57  盛岡市から岩手町に入りました‼︎

岩手県にも県名の町があったんですね・・

 

f:id:watarutabi:20231031190203j:image

この先に道の駅があるので少し休憩していきましょう‼︎

 

f:id:watarutabi:20231031190632j:image

9:13  『道の駅 石神の丘』に到着!

ここには美術館もあるようで、中々綺麗な道の駅となってます。自動販売機で飲み物だけ購入していきました。

 

 

f:id:watarutabi:20231031191420j:image

国道4号線の最高地点の458mを通過!!

場所は岩手県の一戸町にありました。

国道1号線の最高地点が874mなので、それと比較しても国道4号線はあまり標高が高い場所を走らないんですね。

 

f:id:watarutabi:20231031204043j:image

青森市が道路標識に出てきました!

とは言えこのまま青森市には行かないですけどね・・・

 

 

f:id:watarutabi:20231031204606j:image

10:14  一戸町から二戸市に入ってきました。

ちなみに青森県岩手県に一から九の「戸(へ)」の付く地名があるとのことです。

 

f:id:watarutabi:20231031210412j:image

この先の国道395号線に入り、ここで国道4号線とはお別れとなります。

 

f:id:watarutabi:20231031210807j:image

こちらは国道395号線を逸れて、登り街道と言われる道を進んでおります‼︎

 

f:id:watarutabi:20231031211549j:image

10:35 ついに岩手県から青森県八戸市に入りました。東北地方の旅もこれで4県目になりました!

 

f:id:watarutabi:20231101063846j:image

登り街道は国道340号線に合流。

この先で八戸の市街地に入りますが、とりあえず八戸市はどこにも寄らずに去ります。


f:id:watarutabi:20231101063842j:image

こちら馬淵川を渡ってます。

この先に八戸駅があるのでそれだけ見ていきましょう!


f:id:watarutabi:20231101063850j:image

11:08 JR八戸駅に到着!

東北新幹線も止まる駅ですが八戸の中心市街地から結構離れています。元々あった八戸駅の場所が現在では本八戸駅となってまして、その兼ね合いで本八戸の辺りが中心市街地になってるみたいです。

そんな八戸駅は昔「最もみすぼらしい駅」と呼ばれていたらしいですが、新幹線の開通に伴い改装され現在は立派な駅舎となってます。

ちなみに八戸市は2022年の推計で人口21万人程の青森県では青森市に次ぐ2番目の人口規模となってます。

 

f:id:watarutabi:20231101190941j:image

11:34  八戸市からおいらせ町に入りました。

ここから青森県を更に北上して、下北半島の最北端を目指して行きます。

 

f:id:watarutabi:20231101191252j:image

この辺り周辺は田畑が広がっております、これはこれで良い景色。

 

f:id:watarutabi:20231101191543j:image

こちら三沢空港のある三沢市を走行中。段々雲が広がってきたと思いきや、雲行きがかなりヤバくなってきました!!

 

f:id:watarutabi:20231101192439j:image

やっぱり雨が降ってきましたね!

雷まで鳴り出して身の危険を感じ、何処かに一旦避難することを決断しました。

 

f:id:watarutabi:20231101192901j:image

12:30  六ヶ所村にあった「ローソン六ヶ所平沼店」で一時避難。

レインコートがあるとはいえ、こんな激しい雷雨の中を走る事は流石にやめておきました・・・

 

 

 

f:id:watarutabi:20231101194229j:image

13:30  雷も止み雨も少し弱まった為、レインコートやブーツカバーなどの雨具をフル装備して先に進ことにしました。約1時間も待機してしまいましたが止む無し・・・

 

f:id:watarutabi:20231101205143j:image

こちら左手に見えますのは尾駮沼(おぶちぬま)

この周辺には尾駮沼を含め『小川原湖湖沼郡』と呼ばれております湖や沼がいくつあります。

 

f:id:watarutabi:20231101210239j:image

しばらく国道338号線を走ってます‼︎

どうやら既に下北半島の中には入っているようです。

 

f:id:watarutabi:20231103124147j:image

14:35  青森県むつ市に入ってきました。

標識の右手に書いてある尻矢崎にも行きたかったんですけど時間が遅くなってしまったので今回は諦めました・・・

 

f:id:watarutabi:20231103124940j:image

すっかり雨も止んだので来ていた雨具たちを脱ぎました。

それなりの雨だと雨具を付けてもやっぱり中まで濡れてしまいますね・・・

 

f:id:watarutabi:20231103125359j:image

現在国道279号線を走行中、すっかり天気が良くなりました!

このまま一気に大間崎に向かいましょう。

 

f:id:watarutabi:20231103180502j:image

15:20  国道279号線の海沿いに出てきました!

こちらは下北半島の太平洋側になります。

 

f:id:watarutabi:20231103181600j:image

こちら左手に見えますのは草島と呼ばれる岩では無く一応島みたいですね‼︎

見た感じこの周辺の海岸沿いは、ゴツゴツした岩場みたいな感じになってます。

 

 

 

f:id:watarutabi:20231103210445j:image

15:45  大間町の大間崎に到着!

ここの駐車場はありがたいことに無料で止めることができ、テントサイトも無料で使用できるみたいです。(火気は厳禁とのこと)

目の前に見える黄色いお店で遅めの昼食としました。

 

f:id:watarutabi:20231103211242j:image

大間といえばマグロが有名。

マグロ丼 2500円と割とリーズナブル

ここまで苦労して来た甲斐もあり、大変美味しいです♪

 

f:id:watarutabi:20231103211720j:image

現在地はこんな感じです。

ここが青森県の最北端、つまり本州の最北端ともなります。

 

f:id:watarutabi:20231104065050j:image

f:id:watarutabi:20231104065057j:image

f:id:watarutabi:20231104065053j:image

駐車場から歩いてすぐにモニュメントがいくつかあるちょっとした広場があります。

 

f:id:watarutabi:20231104181546j:image

奥に見えるのは弁天島と大間埼灯台

更に奥には北海道の函館市が薄っすらと見えています。

 

f:id:watarutabi:20231104075739j:image

足元のタイルに日本列島が描かれております。
f:id:watarutabi:20231104075743j:image

こちらの本州最東端の魹ヶ埼(とどがさき)は昨日行った浄土ヶ浜の近くにあったんですが、時間との兼ね合いで行くのはやめておきました。

 

f:id:watarutabi:20231104075747j:image

こう見ると大体の場所は訪れましたね!

本州の最西端もいつか行ってみたいと思います。

 

f:id:watarutabi:20231104173954j:image

こちらは太平洋戦争で戦闘機の空襲により撃沈した旧日本海軍特務艦「豊国丸」の戦没者の慰霊碑となります。

 

f:id:watarutabi:20231104175354j:image

最後にマイバイクと一緒に撮影!!

遅くなってしまいましたが天気も晴れ、ここまで来て良かったです。

 

 

f:id:watarutabi:20231104180256j:image

16:30  大間崎を後に再び国道279号線を戻り、青森市に向かいます。


f:id:watarutabi:20231104180253j:image
f:id:watarutabi:20231104180300j:image

こちらは風間浦村の下風呂温泉(しもふろおんせん)

この周辺には下風呂温泉の他、大間温泉や桑畑温泉などの温泉地があります。


f:id:watarutabi:20231104180249j:image

17:00  風間浦村からむつ市に戻ってきました。

このまましばらくは国道279号線で下北半島を南下して行きます。

 

f:id:watarutabi:20231104185852j:image

奥には綺麗な恐山が見えます。

あの山にはイタコの口寄せで有名な恐山菩提寺というお寺があり、日本三大霊山の一つだそうです。

 

f:id:watarutabi:20231104190517j:image

この標識に私にとって馴染み深い地名があります。勿論こちらの横浜は横浜市ではなく横浜町

 

f:id:watarutabi:20231104192728j:image

18:05  むつ市から横浜町に入ってます。

周辺はすっかり暗くなってしまいましたね〜

視界も大変悪いので気をつけて走りましょう。

 


f:id:watarutabi:20231104192725j:image

国道279号線から国道4号線に再び入ってきました。

青森市まではもう少し‼︎

 

 

f:id:watarutabi:20231104195305j:image

18:55   ようやく青森市に入ってきました。

左手に見えますのは浅虫温泉駅すぐ近くにある『道の駅 浅虫温泉ゆ〜さ浅虫

 

f:id:watarutabi:20231104202026j:image

19:14 青森市の中心街に入ってきた模様。

この道はこの先にある青の森公園前で国道4号線から日本海側を走る国道7号線に変わります。

 

 

f:id:watarutabi:20231104202658j:image

19:45  青森市中心街にある「青森センターホテル」

に宿泊。

まちなか温泉という温泉施設と併設したホテルとなりまして、宿泊費はじゃらんネット予約で一泊7600円 

ちなみに朝食付きで駐車料金は別で600円でした。

 

この時は青森市内は全体的にホテルの料金相場が高かったですね・・・

とりあえず夜の青森市街地を少し散策することにしました。

 

f:id:watarutabi:20231105013830j:image

こちら現在工事中の青森駅、2024年の春頃に完成予定とのこと。青森市の中心駅でJR奥羽本線津軽線と青の森鉄道の起終点となっており、新幹線が止まるのはここではなく少し離れた新青森駅になります。


f:id:watarutabi:20231105013835j:image

青森市の人口は2022年の推計で26万人程、東北地方の政令指定都市の中では上から5番目の人口規模となってます。ですが青森県全体で見ると東北地方の中では岩手県より少し多い人口120万程と上から3番目の人口規模です。

流石に青森県で最大の都市だけはあり、それなりに栄えております。駅周辺は観光地的な港町感があり、とても良い雰囲気を感じます。

 

20:40  軽くホテル周辺を散策して戻ってきまして、こちらのホテルにあったコインランドリーで洗濯をいたしました。(料金は800円)

温泉も入りましたが広くて露天風呂もあり、中々良かったですね。

 

f:id:watarutabi:20231105121314j:image

21:45  入浴後に併設された食堂でこちらの夜食をいただきました。昼食が遅かったのでこれで十分。

青森の郷土料理のいがメンチ、ミンチになったイカゲソ、玉ねぎ、キャベツなどの野菜と一緒に小麦粉と混ぜて揚げられた料理となってます。

外はサクサクでイカや野菜の風味や旨み、食感もあり大変美味しいですね♪

料金はいがメンチが700円、パーフェクトサントリー

ビールが600円となります。

 

 

これで東北の旅の3日目は以上になります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました♪

 

 

 

まとめ

3日目の走行距離 412km
3日目の旅費   約13600円
 

 

※以下の料金や営業時間などは2023年9月のものです

 

 

東北 一人旅 2日目

どうもこんにちは!!

 

9月18日 東北の旅二日目となります。

 

 

本日は石巻市から三陸海岸を経由して盛岡まで走ります!!

 

f:id:watarutabi:20231004131650j:image

朝6時頃にホテルをチェックアウト。

今から松島の方にまた戻り、大高森展望台という所に向かいます。

本当は昨日の日程で行く予定でしたが、時間が遅くなってしまったので今日行くことにしました。

ただ現在こんな感じで大変濃い霧に覆われているのが心配です。

 

f:id:watarutabi:20231004133539j:image

6:46 とりあえず途中にあったミニストップで朝食を摂ります。

この間に霧が少しでも晴れてくれることを期待しますか・・・

 

 

f:id:watarutabi:20231004150455j:image

7:14  先ほどに比べればだいぶマシですが、まだ少し景色がガスッてる感じですね。

ちなみに左手に見えます大きな砂浜は野蒜海岸(のびるかいがん)

 

f:id:watarutabi:20231004180716j:image

7:20  大高森展望台に到着!

大高森展望台は松島四大観の一つになってまして、山の上から松島の綺麗な景色が見れる所です。

 

位置的には東松島市の宮戸島という場所にありまして、東側から西の方角に松島湾を眺める感じですね。

 

f:id:watarutabi:20231005103038j:image

駐車場から展望台まではちょっとした登山をする感じですね!

ちなみに駐車場は無料です。

 

f:id:watarutabi:20231005190739j:image

f:id:watarutabi:20231005191022j:image
f:id:watarutabi:20231005191017j:image

道のり的にはこんな感じです‼︎

舗装されてない所もありますがちゃんと道にはなってます。

 

f:id:watarutabi:20231005201235j:image

結構疲れましたが10分程で展望台まで登る事ができました!

時間が早いこともあって貸切です。

 

f:id:watarutabi:20231006071914j:image

とても景色は良いのですが、やっぱり少しガスッてますね・・・


f:id:watarutabi:20231006071910j:image

こちらは展望台から見た北側の景色!

こっち側から橋を渡って来た感じで、奥には薄っすら野蒜海岸が見えます。

 

f:id:watarutabi:20231006081729j:image

南と東の方面は特に景色は見られません。

 

f:id:watarutabi:20231006081834j:image

最後に写真を加工してみました。

肉眼で見るより美しい景色になったかな⁉︎

 

 

f:id:watarutabi:20231006085120j:image

7:50  下に降りてきました。降りていく最中に何人かすれ違いましたね。

ここには食堂やホテルもあり、遊覧船がここから出航するようです。

 

 

f:id:watarutabi:20231006141732j:image

8:25 石巻市に戻ってきました!

この道の海沿の方には工業地帯が広がってます。

この辺りにあった鹿妻南のコスモスで給油、今回は余裕を持って給油をしていきましょう!

ハイオクリッター187円 2126円分の給油

 

f:id:watarutabi:20231006190629j:image

今から私が向かいますのは牡鹿半島(おしかはんとう)

そこには牡鹿コバルトラインというツーリングルートがありましてそちらに走りに行きます。

 

f:id:watarutabi:20231006205507j:image

県道2号線で牡鹿半島の先端付近まで向かいます。

この道も時折海が見えて結構いい感じですね‼︎

 

f:id:watarutabi:20231007165230j:image

右手には牡鹿半島ビジターセンターという施設があります。

県道2号線はこの辺りから牡鹿コバルトラインに入っていく感じですね。

 

 

f:id:watarutabi:20231007181849j:image

9:20 コバルトライン三陸復興国立公園駐車場に到着!

この駐車場が牡鹿コバルトラインの最南端の辺りになりますが、特にトイレなども無い駐車場です。

三陸復興国立公園東日本大震災により被災した青森県八戸市から宮城県石巻市に至る三陸地方の復興に貢献するため、2013年に創設された国立公園となってます。


f:id:watarutabi:20231007181852j:image

私はこの地図上で左側の海沿いを走って来まして、これからこのコバルトライン(県道220号線)を北上していく感じですね‼︎

 

f:id:watarutabi:20231007183304j:image

この駐車場からの景色も中々良い感じですが、やはり少しガスッてますね・・・

 

 

f:id:watarutabi:20231007200846j:image

ずっと海沿いを走る感じでは無いですが、時折海の景色は見えますね。自然の中を気持ちよく走ることができます。(途中で野生のリスなんかも見かけました!)


f:id:watarutabi:20231007200843j:image

ワインディングはそれなりといった所でしょうか‼︎

どちらかと言うと牡鹿半島の手前側のほうが強めのカーブが多い印象でした。

 

f:id:watarutabi:20231008115645j:image

10:05  この先でT字路にぶつかりそこでコバルトラインは終了となります。

ちなみに磐梯吾妻スカイライン同様に昔は有料の観光道路だったらしいですが現在は無料となってます。

 

 

f:id:watarutabi:20231008191905j:image

これから国道398号線の海沿いを走って南三陸方面に向かいましょう!

ここは女川町(おながわちょう)という町で、右手には大きな女川港があります。

 

f:id:watarutabi:20231008201018j:image

港の近くには『道の駅 おながわ』という良さげな道の駅がありましたが今回はスルーしました。

 

f:id:watarutabi:20231008201208j:image

ひたすら美しい景色が続きます!!

ちなみにこの国道398号線は女川町からもう一度石巻市に入ります。

 

 

f:id:watarutabi:20231009061135j:image

この大きな橋は『新北上大橋』

東日本大震災の際に川を逆流した津波によって壊れてしまったとのことですが現在はこのように復興しております。


f:id:watarutabi:20231009061131j:image

左手に流れる川が北上川でして、一級河川であり河口付近ともあって凄く広い川ですね!

 

 

f:id:watarutabi:20231009123657j:image

11:05  こちらの安い自動販売機でコーヒー休憩。

すでに南三陸町に入ったようです。

 

f:id:watarutabi:20231009124053j:image

自動販売機の向かいにあったこちらの建物は『南三陸・海のビジターセンター』という施設みたいです。霧っぽいのも大分晴れて景色がより映えますね~

 

 

f:id:watarutabi:20231009214935j:image

これから私は国道45号線三陸沿岸自動車道に乗って気仙沼の方まで走ります。

 

f:id:watarutabi:20231010081421j:image

11:32 この南三陸海岸ICから三陸沿岸自動車道に乗り込んでいきましょう!

 

f:id:watarutabi:20231010104956j:image

三陸沿岸自動車道は宮城県仙台市から青森県八戸市までの359kmを繋ぐ自動車専用道路で、東日本大震災後の復興道路として位置付けられてます。

またこの自動車専用道路は鳴瀬奥松島ICから八戸是川ICまでの区間が無料区間となっており、その距離は320kmを超える日本の中で最長の連続無料区間となってます。

 

f:id:watarutabi:20231011061037j:image

道は綺麗に舗装されており比較的真っ直ぐな為とても走りやすいですね‼︎

景色は特別良い訳では無いですが、時折り海が見えます。

 

 

 

f:id:watarutabi:20231011061832j:image

12:00  『道の駅 大谷海岸』に到着。

ここにはJR気仙沼線大谷海岸駅がありましたが東日本大地震の被害により現在は駅校舎はなくBRTの停留所となってます。(気仙沼線自体も廃線となり現在はBRTが運行しています)

道の駅も2021年にリニューアルオープンとのことで凄く綺麗です。


f:id:watarutabi:20231011061839j:image

目の前には綺麗な大谷海岸が広がってます。

夏の時期には海水浴場になるようです‼︎


f:id:watarutabi:20231011061836j:image

ここで軽食をいただくことに、大島ゆず味噌焼きむすび 200円

シンプルですが結構美味しかったですね♪

ちなみにこの道の駅は映画『すずめの戸締り』のモデルにもなったそうです。

 

 

道の駅で20分くらい休憩したのち、次に向かいましたのは大谷海岸から10分弱くらいにあるこちら!

f:id:watarutabi:20231012124711j:image

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館 

震災の被害にあった旧気仙沼向洋高校の校舎を使用した施設で、被災した当時の姿を保存しております。

伝承館の施設で震災の資料や映像、校舎の遺構を見学することができます。拝観料は一般600円

 

f:id:watarutabi:20231013213841j:image
外観も校内も当時の津波の凄まじさを感じさせられました。

こういった遺構や伝承館の学びで災害の恐怖を風化させず、あの震災の教訓を活かせるように出来ればと個人的には強く思います。

 

f:id:watarutabi:20231013214801j:image

東日本大震災津波はこの校舎の4階にまで到達したそうですが、気仙沼向洋高校の教員、生徒、(当時に校舎の改修工事をしていたとのことで工事関係者の方もいたそうです)は無事に避難して全員助かりました。学校の重要書類を守る為に校舎に残り、この屋上で津波の難を逃れた教員や工事関係者の方もいたそうです!

 

 

f:id:watarutabi:20231015202331j:image

13時半頃に伝承館を後にしまして先に進みました。

 

f:id:watarutabi:20231015203007j:image

13:50  ついでにこちらのJR気仙沼駅に来てみました!

宮城県の中で最北端の鉄道駅との事で、市街地からは結構離れている気がします。

 

f:id:watarutabi:20231016055722j:image

気仙沼鹿折ICからまた三陸沿岸自動車道にのりまして次の目的地、宮古市に向かいます。

気仙沼を越えると直ぐに岩手県に入りますが、中々長い道のりですね!

 

 

f:id:watarutabi:20231016115209j:image

15:20  宮古市内には入った模様。

私はこの先の宮古中央ICで三陸沿岸自動車道を降りまして、有名な観光地の浄土ヶ浜に向かいます。


f:id:watarutabi:20231016115205j:image

こちら左手に流れるのは閉伊川(へいがわ)という二級河川浄土ヶ浜三陸沿岸自動車道からも近い所にありましてアクセスも良い感じですね。

 

 

f:id:watarutabi:20231017055708j:image

15:40 浄土ヶ浜ビジターセンターに到着!

こちらの駐車場から歩いて浄土ヶ浜まで向かいます。

他にも駐車場が幾つかあるようですが、ここから歩いて向かう道の景色が良いとの事なのでこちらを選びました。ありがたいことに駐車料金は無料です‼︎

 

f:id:watarutabi:20231017055712j:image
ここから浄土ヶ浜までは歩いて15分ぐらい、とりあえず階段で下まで一気に降りて行きます。ちなみにビジターセンターの中からエレベーターで登り降りもできるようです。

 

f:id:watarutabi:20231017115223j:image

こんな感じで海沿いを歩いて行きます。

道はしっかり整備されており、確かに景色はとても良いですね〜

 

f:id:watarutabi:20231017115620j:image

途中には飲食店とボート乗り場がありました。

ここからボートで青い洞窟に行けるみたいです!

 

f:id:watarutabi:20231017120034j:image

写真だと分かりづらいですけど、うみねこが沢山飛んでいます。うみねこに餌やりができるみたいです。


f:id:watarutabi:20231017115935j:image

浄土ヶ浜が見えてきました!!

人気スポットだけに沢山の人が訪れています。

ちなみにこの周辺にも熊が出没するようですが、結構な人が歩いているのでそこまで怖い感じはしませんでしたね。

 

 

f:id:watarutabi:20231017182006j:image

16:00 浄土ヶ浜に到着しました!!

看板のとおり真っ直ぐ歩いたら15分くらいでしたね。景色が大変綺麗なので苦にはならないと思われます!

 

f:id:watarutabi:20231017183217j:image

この浄土ヶ浜三陸復興国立公園三陸ジオパークの中心に位置し、国の名勝に指定されています。

この岩肌は4400万年にマグマの働きによってできた流紋岩(りゅうもんがん)という火山岩で、二酸化ケイ素を多く含むため白い色をしているとのことです。

三陸ジオパーク青森県八戸市から宮城県気仙沼市までの220kmにも及ぶ日本最大のジオパークで、こちらも三陸復興国立公園と同じく2013年に認定を受けました。

 

f:id:watarutabi:20231019194243j:image

透明度も抜群ですね!!

夏の時期には一ヶ月程ですが海水浴場としても利用できるようです。

 

f:id:watarutabi:20231020213413j:image

人気の観光地として納得のいく景色です!

東北地方に旅行に来た際には是非訪れていただきたいと思います。

 

 

16:25  浄土ヶ浜を後に、本日の宿泊地の盛岡市まで走りましょう!

 

f:id:watarutabi:20231022085424j:image

こちらの国道106号線の自動車専用道路で盛岡市まで横断して行きます。宮古市から盛岡市まで約100kmぐらい‼︎

 

f:id:watarutabi:20231022090037j:image

国道106号線は途中まで綺麗な閉伊川沿いを走ります。それにしても西日が眩しい・・・

 

f:id:watarutabi:20231022090759j:image

こんな感じで自動車専用道路区間が点々とあります。(主にトンネル区間)

ちなみに125cc以下のバイクも旧道を走ればこのルートを横断できるみたいです。

 

f:id:watarutabi:20231022091837j:image

道も走りやすく盛岡市までは一気に到着できそうですね!

景色も所によってはそれなりに良いかな。

 

 

f:id:watarutabi:20231022092345j:image

17:50  盛岡市内に入ってきました。

途中の盛岡市東安庭のエネオスで本日二度目の給油をしました。

ハイオクリッター175円 2370円分の給油

ここはガソリン代が安く、今回の旅の中でも一番安かったですね!

 

 

f:id:watarutabi:20231022094849j:image

今回は盛岡駅西口のバイク置き場に止めて、盛岡駅東側の駅前にあるホテルに宿泊します。

こちらはアイーナという建物の隣の高架下にありまして、Google mapの案内だと高架の上に着いてしまうこともあり中々わかりづらい所にあります。駐車料金は24時間で150円と格安でした。

 

 

f:id:watarutabi:20231024125653j:image

18:35  駐車場から歩いて10分くらいで本日の宿『盛岡ニューシティホテル』に到達しました。

宿泊費はじゃらんネット予約で4500円です。

 

f:id:watarutabi:20231024130653j:image

部屋の中はこんな感じで普通のビジネスホテルです。4500円でこれなら十分コスパは良いでしょう!

 

 

f:id:watarutabi:20231024130848j:image

こちらがJR盛岡駅の東口で、多分こっちが盛岡市街地メインの出口!!

盛岡市岩手県の県庁所在地であり人口は2022年の推計で28万人程、福島市より少し多く東北地方の県庁所在地の中では上から3番目の人口規模のようです。ちなみに岩手県は東北地方の県の中では人口118万程と上から4番目の人口規模になるようです。

また、岩手県は47都道府県の中で北海道に次ぐ2番目の面積を誇ります。(そんな北海道は岩手県の5倍ぐらい広いですけどね・・・)


f:id:watarutabi:20231024130851j:image

19:20  盛岡駅の地下にあるこちらの寿々苑で名物の盛岡冷麺をいただきます。

「冷麺」「じゃじゃ麺」「わんこ蕎麦」が盛岡三大麺として盛岡の名物となってます‼︎

 

f:id:watarutabi:20231024193758j:image

こちらがその盛岡冷麺 お値段1100円と中々

麺はとてもコシが強く、スープは甘味もあり辛味もあり酸味もあるような感じ・・・(表現が下手ですみません)

個人的には結構癖になる美味しさです♪

辛さは何段階か選べまして私は真ん中の辛さを選びましたが私にはちょうどいい辛さだった気がします。

 

 

f:id:watarutabi:20231024195723j:image

最後に盛岡駅前を少し散歩してホテルに帰りました。こちらの川は本日通った石巻市三陸の海に流れ着く北上川。盛岡の町とマッチして綺麗でいい感じですね‼︎

 

 

これで東北の旅の2日目は以上になります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました♪

 

 

 

まとめ

2日目の走行距離 417km
2日目の旅費   約12100円
 

 

※以下の料金や営業時間などは2023年9月のものです

 

 

東北 一人旅 1日目

どうもこんにちは!!

 

今回は東北地方の一人旅となります。

f:id:watarutabi:20230925125742p:image

 

2023年9月17日から一週間、マイバイクを使用して東北を一通り回って参ります!

 

9月17日  3:40 川崎の自宅を出発‼︎

今回は福島の郡山市までの行路のみ高速道路を使用していきます。

 

f:id:watarutabi:20230925132101j:image

4:12  五反田ICから首都高に乗って行きます。

この時の山手トンネルは大変暑く、正にサウナ状態となっております。

 

f:id:watarutabi:20230925193017j:image

4:42 浦和本線料金所より東北縦貫道(通称:東北道)に入ります。

これで郡山まで一気に北上いたしましょう!

 

 

f:id:watarutabi:20230925201227j:image

5:05  埼玉県にある羽生パーキングエリアで少し休憩といたします‼︎

ここはパーキングエリアとしては規模が結構大きいですね。

この先で東北道利根川を渡り群馬県に入ります。

東北道は少しだけ群馬県区間を通過し、栃木県に入るのです。

 

 

f:id:watarutabi:20230925211114j:image

6:40  こちら栃木県にある那須高原サービスエリアでまた休憩いたします。

この先すぐ東北道は栃木県から福島県に入って行きます。

 

f:id:watarutabi:20230925211127j:image

このサービスエリアで朝食を取ることに。

カレーパンとメロンパンで690円

カレーパンはまあ普通です、メロンパンはメロンクリームが中に入っており中々に美味しかったですね。

 

f:id:watarutabi:20230925212234j:image

8:00  郡山ICで東北道を降り国道49号線で猪苗代湖に向かってます。

高速料金は五反田から郡山の区間二輪車休日割引適用で3780円(東北道区間が2710円 首都高区間が1070円)

ちなみに首都高の区間は割引の対象外となります。

 

f:id:watarutabi:20230925215114j:image

8:20 上戸浜(じょうこはま)に到着!

ここは猪苗代湖の東側にあり、無料の駐車場があります。

駐車場から浜までは少し歩いた所にあるようですが、私はこの時それを知らなかったので浜には行ってません・・・

 

f:id:watarutabi:20230926092421j:image

駐車場の前は石積みのようになってますが、ここからでも綺麗な猪苗代湖が見られます。

透明度も高くて水質も良さそうですね!

ちなみに猪苗代湖は日本で4番目に大きな湖だそう。

 

f:id:watarutabi:20230926134833j:image

猪苗代湖を見てまた移動。

こちらは隣にある志田浜と呼ばれる浜ですが、この時期は中に入れないようです。

 

f:id:watarutabi:20230926171625j:image

奥に見えるのが福島県のシンボルの一つ磐梯山(ばんだいさん)

標高は1816mで日本百名山に選定されているそうです。今から私はあの山に登って行きます!

 

f:id:watarutabi:20230926190216j:image

猪苗代湖の北側には野口秀雄記念館もあります。

野口秀雄の出身地がこの周辺にあった三ッ和村という所だったそうです。

このあたりにあった猪苗代市白鳥ヶ浜のエネオス で給油、リッター198円 2126円分の給油。

 

f:id:watarutabi:20230926194958j:image

9:04 これから人気のツーリングルート『磐梯山ゴールドライン』を走りしょう!

磐梯山の裏側まで登っていく感じになります。

 

f:id:watarutabi:20230927060740j:image

景色は思ったより開けていませんがワインディングはそれなりに楽しめそうですね!

このゴールドラインは紅葉の名所とのことで、10月中旬〜10月下旬には美しい紅葉の景色が見られるそうです。(冬季は通行止めとのこと)

 

f:id:watarutabi:20230927061941j:image

ゴールドラインを走り終えて裏磐梯山の方に登ってきました!

この辺はちょっとした行楽地っぽくなってます。

 

f:id:watarutabi:20230927120251j:image

こちらは桧原湖(ひばらこ)という湖です。

磐梯山の噴火によってできた湖とのことで、こちらも中々に綺麗です。

 

桧原湖をまた少し移動して次は毘沙門沼を少し見てきます。

この近くに磐梯吾妻レークラインというこれまた人気のツーリングスポットがありますが、当面の間一部通行止めとなっていた為、今回は見送りとさせていただきました。

 

f:id:watarutabi:20230927121752j:image

9:50  五色沼湖沼群の一つ、毘沙門沼に到着!

広い駐車場も完備してあり、売店なんかもあります。

 

f:id:watarutabi:20230927122221j:image

見たところ普通の沼に見えますが、手漕ぎボートなんかもあって結構賑わってますね!

湖沼群という名前のとおりいくつかの沼がありますが、私はこの駐車場から一番近い毘沙門沼だけ見て先に進みました。

 

f:id:watarutabi:20230927183647j:image
f:id:watarutabi:20230927183651j:image

これから向かいますのは磐梯吾妻スカイライン‼︎

とても有名なツーリングルートとなってます。

 

 

f:id:watarutabi:20230927185022j:image

10:35 磐梯吾妻スカイラインの前に到着!

日本の道100選にも選定されているようです。

それでは先に進んでいきましょう♪

 

f:id:watarutabi:20230927213133j:image

ゴールドラインより景色が開けて爽快な感じです。

もちろんワインディングも楽しめます!

f:id:watarutabi:20230927213206j:image

段々と高い所に登って行きます。

標高が高いのでとても涼しいですね!
f:id:watarutabi:20230927213138j:image

ここが磐梯吾妻スカイラインの最高地点らしく、もう少し進むとスカイラインの中間地点にある浄土平になります。

 

f:id:watarutabi:20230928191232j:image

f:id:watarutabi:20230928133651j:image

10:55  浄土平に到着!

こちらの駐車場は有料でバイクは200円になりました。

ここにはビジターセンターやレストハウスなんかもあります。

 

f:id:watarutabi:20230928133726j:image

駐車場の隣には湿原が広がり、奥には高さ1949mの一切経山(いっさいきょうざん)が噴煙をあげています!!

 

f:id:watarutabi:20230928202155j:image

本日は三連休の中日とあって沢山の人が訪れています。バイクや車も満杯ですね!

 

f:id:watarutabi:20230928191255j:image

浄土平駐車場の向かいにあるこちらの山は高さ1707mの吾妻小富士

階段で登れるので私も登ってみました!

 

f:id:watarutabi:20230928212138j:image

f:id:watarutabi:20230928212413j:image

山を登るとそこには大変美しい絶景が広がっております!!

 

f:id:watarutabi:20230929045327j:image
f:id:watarutabi:20230929045322j:image

頂上には巨大な火口が開いております。

写真では伝わり難いですね・・

下の写真右側の歩いている人を見ればその大きさが多少わかりますかね。

 

f:id:watarutabi:20230929053824j:image

11:35  浄土平を後に再び磐梯吾妻スカイラインを進みます。それにしても絶景の道です!

 


f:id:watarutabi:20230929053828j:image

雲なのか霧なのかわかりませんが目の前が真っ白になってしまいました・・

この先磐梯吾妻スカイライン福島市方面に降りて行きます。

 

 


f:id:watarutabi:20230929053820j:image

12:20  スカイラインを終えて市街地っぽい所に降りてきました。( 下界に降りるとやっぱり暑いです・・・)

磐梯吾妻スカイラインは都心からも比較的近く、とても良い所だったので是非また走りに行きたいですね!

 

 

f:id:watarutabi:20230929120922j:image

12:25  福島駅に到着!

スカイラインを降りて割と直ぐに着きます。

ここ福島市福島県の県庁所在地で、人口は2022年の推計で27万人程。

県庁所在地ではありますが県の中では3番目の人口規模になりまして、いわき市郡山市が人口が32万人程。福島県は東北地方の中では宮城県についで2番目の178万人程となってます。

 

f:id:watarutabi:20230929122227j:image

3番目とは言っても駅周辺は中々に栄えていますね!

福島市に関しては何処も寄らずに早々と去ることにしました。

 

f:id:watarutabi:20230930062104j:image

国道4号線に出てきました!

国道4号線は東京の日本橋から青森市まで続く日本一長い国道。しばらくこの道を宮城県方面に進みます。

 

 

f:id:watarutabi:20230930114529j:image

13:10  こちら福島県国見町にある『道の駅 国見 あつかしの郷』に寄り道。

国道4号線沿いにある道の駅で中々に混んでますね!


f:id:watarutabi:20230930114532j:image

この道の駅で軽食を頂きました。国見バーガーというご当地バーガー お値段540円

中身はサバの味噌煮にレタス、トマト、タマネギを挟んでましてこれが意外にも合います。

個人的な感想としてはテリヤキ系のハンバーガーみたいな感じで美味しいですね♪

 

道の駅を30分程休憩し、再び国道4号線を北上していきます!

 

f:id:watarutabi:20231001173649j:image

13:55  どうやら宮城県に入ったようで、ここは宮城県白石市のようです。

 

 

f:id:watarutabi:20231001175344j:image

14:18 ここは宮城県蔵王町の辺り、Googleマップの案内で国道4号線から県道25号線に入りました。

 

 

f:id:watarutabi:20231001181612j:image

14:45  県道31号線(仙台村田線)を走行中、ここで仙台市に入ったようです。

仙台と言ってもまだ山の中ですけどね・・

 

f:id:watarutabi:20231001182109j:image

それから20分程走り仙台市都心部であろう所まで入ってきました。それにしてもやっぱり仙台は都会ですね〜

 

 

f:id:watarutabi:20231001192143j:image

15:15 仙台駅に到着!

駅目の前のバイク置き場及び駐輪場に停めて少しだけ散策。2時間無料の大変ありがたい駐輪場となっています。

 

f:id:watarutabi:20231001192643j:image

宮城県仙台市は2022年の推計で人口109万人程の言わずもがな東北地方最大の都市。

東北地方で唯一の政令指定都市になりまして5つの区に分けられています。

東北最大都市の駅だけあって沢山の人がいますね‼︎

県全体的に見ても東北地方の中で宮城県は人口220万人程と東北地方で一番の人口規模です。

 

f:id:watarutabi:20231001193432j:image

これが有名な仙台市の青葉通り!

この並木はケヤキの木だそうですね。

 

f:id:watarutabi:20231001193810j:image

宮城県ずんだ餅が有名ですが、こちらはそのずんだを使ったその名も『ずんだシェイク』

仙台では結構人気らしく色んなお店がありまして、私は駅構内にあったずんだスタンドと言うお店のずんだもちシェイクを購入しました。お値段580円

ずんだの風味と粒々の食感、小さなモチモチした食感の何かが入ってまして、結構甘いですがさっぱりもしていて大変美しいですね♪

 

 

f:id:watarutabi:20231002065056j:image

 1時間ぐらい仙台駅周辺を散策してました。

これからまた向かいますのは宮城県の有名観光地の一つ松島に行きます。


f:id:watarutabi:20231002065059j:image

16:57  県道144号線(赤沼松島線)を走行中、宮城県の松島町に入りました。

 

 

f:id:watarutabi:20231002121314j:image

17:05  松島公園第五駐車場に到着!

この駐車場はバイクを無料で停めることができる駐車場となってます。

 

ここからは松島の中心部からは結構離れてます。もう時間も遅いので近くの雄島(おしま)だけ行ってみました。

 

f:id:watarutabi:20231002122926j:image

こちらがその雄島です!

とても小さな島ですが、中にはお堂や石碑などがありまして中々雰囲気がありますね。


f:id:watarutabi:20231002122922j:image

この島からもとても良い景色を見ることができます。(曇っていなければもっと良い景色なのでしょう)

そして私が意外に思ったのは松島の海は結構濁ってるんですね・・・

 

 

f:id:watarutabi:20231003070345j:image

20分程で松島公園第五駐車場を後にしました。

この松島は天橋立、宮島と同じく日本三景とされています。

f:id:watarutabi:20231003071342j:image

この辺がおそらく松島の中心部的な所でしょう!

人と車が大変混雑しております。

 

本日の観光はこの辺りで終了としました。

宮城県石巻市に宿を取ったのでそこに向かいます!

 

 

f:id:watarutabi:20231003084417j:image

18時30分 石巻サンプラザホテルにチェックイン

じゃらんネット予約で6050円、三連休の中日としては格安だと思われます。(仙台駅周辺は何処も一万円以上だったので・・・)

年期は感じられますがコスパは十分なビジネスホテルだと思われます。バイクも目の前の駐車場に無料で停められましたね。

 

とりあえず食料調達も兼ねて石巻を少し散策してみました。

 

 

f:id:watarutabi:20231003120940j:image

こちらがJR石巻駅

石巻市仮面ライダーサイボーグ009などの作者 石ノ森章太郎さんの出身地だそうで、そのことにちなんだ装飾が町に施されているようです。

 

f:id:watarutabi:20231003211833j:image

石巻市の人口は2022年の推計で13万人程らしく、宮城県の中ではそれでも2番目の人口規模みたいです。(仙台市との差が凄いですね・・)

こちらは石巻市役所とイオンが複合する建物、市役所にイオンが併設しているとはなんだか珍しい気がします!

 

f:id:watarutabi:20231003213240j:image

こんな感じで石ノ森章太郎さんの漫画のキャラクターの置物が至る所に置かれています。

 

 

f:id:watarutabi:20231003213942j:image

19:45   ホテルに戻ってきました。

せっかく宮城県に来たので牛タンでも食べようかと思い、石巻市の利久というお店で牛タン弁当をテイクアウトしました。( 利久はチェーン店で東京にもあるみたいですね・・・)

お値段は1927円 値段は張りますがやはり牛タンは美味しいです♪

 

朝2時半ぐらいに起きてここまで来たので大変疲れましたね‼︎

明日も早いので直ぐに就寝しました。

 

 

これで東北の旅の1日目は以上になります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました♪

 

 

 

まとめ

1日目の走行距離 540km
1日目の旅費   約12600円
 

 

※以下の料金や営業時間などは2023年9月のものです